Loading...

ショップ

ブランド

アーカイブ

2021.03.12
【オンラインショップ】愛なんだ、からのWOUTERS&HENDRIX(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)
こんにちは。
H.P.FRANCEのWEBを担当しています、グリコです。


V6が解散という衝撃のニュースが飛び込んできましたね・・・

森田さんが退所されてしまうとか。
私の中では、映画『ヒメアノ~ル』の怪演が凄まじかったのが印象的で、俳優業は続けられるご意向なのは映画好きとして有難いなぁと思いつつも、中高生の頃から6人で活躍されているのを拝見しているグループなので、何だかしんみりと「人生の節目」的なものを感じてしまいました。


10年来のお付き合いをさせていただいている友人たちとのグループLINEも一時騒然。
V6ファンの友人と、その旦那さんとのやり取りが以下。

「晴天の霹靂・・・活きる活力が・・・今日有休取っていたけど更にV6休暇が欲しい」
「ワークフロー出してください」
「今から起案します」
「かしこまりました、後程承認しておきます」
「持っていないBlu-ray代も購入申請して、経費精算してよいですか?」
「そちらは購買稟議(社外)でお願いします。別途格納場所のご検討もお願いいたします」
「格納場所はリビングの本棚真ん中を検討中です。毎月の生活費から相殺願います」

秀逸なテンポ。
社内連絡さながらなのに、V6への想いがきっちり伝わって脳内を『愛なんだ』がぐるぐる廻っております。
きっとそのうちリモート飲みでBlu-rayボックスがチラ見えするんだろなぁ。(楽しみ)


そこで、愛なんだ、で連想しました。

「LOVE(愛なんだ)!!」
(この「LOVE」の文字、また友人たちと写真を撮りに行くときに真似したいなと密かに思っています)


2月の新作登場以降、スマイリーやハートマークなど、ピースフルでキャッチーなモチーフがとても人気のWOUTERS&HENDRIX(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)。
「もう既にチェック済みよ!」な方も、そうでない方も、実は小まめに掲載商品が増えているので定期的にチェックしていただきたいイチオシのブランドです。

>>WOUTERS&HENDRIXのジュエリー一覧はこちらから<<



コロナ禍でファッションの力を試されているかの様に、明るいムードやハッピーなモチーフ、クリーンな色味がトレンドの中心となっている中で、オトナが日常に取り入れたくなるハートモチーフの使い方や、ちょっぴりシュルレアリスムを感じるデザインがクセになる、2人の女性が紡ぐベルギーからのジュエリー達。



ピアスも、ハートが並んでいてもどこかスタイリッシュ。シェイプも然り、フープ状に軽くカーブしていて耳に沿うようになっているのも小ワザが効いています。流石。
ガーネットの色味ひとつ取っても、洗練されたオトナのハートモチーフに感じます。


ピアスは本日、シルバーver.が登場しました!ゴールドも絶賛発売中。
この他にもガーネットのネックレスなども増えていますよ。



「いかにも、拙者ハート型を身に着けておりまする」が苦手な貴女にもそう、愛なんだ。

シグネチャーリング的デザインが何とも新鮮なシルバーバングル。


ハート部分は型抜きされていて、在りそうで無いデザインです。引っ掛かりも気にならないので、シアーな色や素材のお洋服にさらっと着けてみたいですね。

今ならリングもご用意しております!

昔からシグネチャーリングは紳士の証と言われるそうですが、そこを敢えて女性的な恰好で着けたりするのも時代感があって楽しいかもしれません。


ちょっとしたことですが、時代の変化や環境の変遷を感じたり、立ち止まって考えてみたり。

大きく何かを変えようとしないでも変化し続ける、自分自身や周りの環境を、(出来る限り楽しんで)受け容れることも、きっと「愛なんだ」と。
今日はそんな感じで着地してみようと思います。



それではよい週末を☆

>>WOUTERS&HENDRIXのジュエリー一覧はこちらから(本日2回目)<<


******************************************************************

【オンラインショップ担当】グリコ



メイクアップアドバイザーを養成する学校を卒業したものの紆余曲折ありまして、皆様ご存知夢の国→写真現像会社→通信業界を経てH.P.FRANCEに辿り着いた、異業種からの転職組。
宝石商だった伯母の影響により幼い頃からジュエリー好き。H.P.FRANCE BIJOUXで過ごした7年でヨーロッパのクリエイションにどっぷりハマり、立派なジュエリージャンキーに育つ。昨年より「好きなものを伝える」角度を変えてWEB担当に。
今回の写真は、最初のくだりのご夫婦と出会った頃撮ったもの、こんなところで活用する事になるとは・・・

>【オンラインショップ】過去のブログはこちらから<