Loading...

ショップ

ブランド

アーカイブ

2021.02.16
マルトとわたし とびきりのレシピ
こんにちは。
春の訪れを感じる日々、今日は3月後半くらいの気候だそうです。
ときどき更新第4弾、もも世です。
先日は冬のテーブルをご紹介しましたが、今回はマルトに教わった春を感じる特製レシピをひとつ。

そら豆のレシピです。
そら豆と言えば4月のイメージですが暖かな鹿児島あたりでは1月から収穫が始まるようです。

マルトのいる南フランスは暖かな場所、そろそろ そら豆、出てきたかしら。


ソラマメサラダのスモークフレーバー

・材料・
皮をむいたソラマメ(生もしくは冷凍)500g
チョリソー 100g
白ワイン 10cl
スモーク豆腐(無ければ水分を飛ばした木綿豆腐)50g
フェタチーズ 50g
フレッシュミント 6本
リンゴ(あればグラミースミス)1個
砂糖漬けミニトマト(無ければミニトマト)12個
粒入りマスタード、バルサミコ酢、オリーブオイル それぞれスープスプーン2杯ずつ
塩コショウ

1.フライパンにソラマメ、白ワイン、塩コショウを入れひたひたになるまで水を入れ5分間弱火で煮ます。
2.ソラマメは固ゆで(アルデンテ)で十分です。 5分たったらソラマメをフライパンから出し置いておきます。水分は捨ててください。
3.チョリソーを細かく切り、フライパンで5分炒め油分を飛ばしたらクッキングペーパーに乗せ、さらに油分を吸い取ります。
4.スモーク豆腐とリンゴをサイコロ状に切り、フェダーチーズ、ミントと混ぜます。
5.砂糖漬けミニトマトを半分に切ります。
6.マスタード、オリーブオイル、バルサミコ酢、塩コショウを混ぜます。
7.2・4・5・6を入れて混ぜ合わせます。

フレッシュなうちにお皿に乗せて召し上がれ!

Cette salade vous fera faire un petit tour du monde et annonce l'arrivée du Printemps…
このサラダには世界が詰まっています。
(南フランス、スペイン、イギリス、ギリシャ、イタリアそして日本の食材を使っています)
春の訪れを感じて・・・

マルトのレシピ本POPOTTEには口の中に物語が生まれるアイデア料理がたくさん。




春が近い・・・でも夜はまだ寒いではないか!冷え性です
もしくは
まだ冬を楽しもうではないか! という方にはこちらのレシピがお勧めです。

もう少しで冬のお野菜がなくなってしまう前に暖かなタジンを。


冬のタジン 

鶏むね肉 4枚 、 オレンジ 2つ、 レンコン 1本、 カブ 4個、 たまねぎ 2玉、
オリーブオイル 大さじ4、 ニンニク 1かけ、 レモン汁 大さじ1、
クミンの実 小さじ1、 コリアンダー 1束、 シナモンスティック 1本、 水 15ml、
ブラウンシュガー 小さじ2、 プルーン 10粒、 塩・コショウ 適量

1、コリアンダー(半分)とニンニク、クミンの実、レモン、シナモン、オリーブオイル(大さじ2)を砕きながら混ぜ合わせます。
2、鶏むね肉にフォークでプツプツ穴を開け、1をもみ込んでマリネにします。
3、レンコンを歯ごたえが残る程度に切り、カブはサイコロ型に切ります。
4、オレンジを半分に切り、半分は皮付きのままスライスし、半分は果汁を絞っておきます。
5、タジン鍋の中にみじん切りしたたまねぎとオリーブオイル大さじ2を入れて蓋をし、弱火で10分ほど火にかけます。
  たまねぎがとろっとしたらレンコンとカブを入れて蓋をし、さらに10分弱火にかけます。
6、野菜に火が通ったら4のオレンジスライスと果汁、水、ブラウンシュガー、塩コショウを鍋に入れます。
7、鍋の中央にスペースを作り、マリネした鶏むね肉とをおきます。その時、1の素材もそのまま全て鍋に入れてください。
  15分間、蓋をしてさらに弱火で煮込みます。
8、プルーンを入れてさらに5分間蓋をして煮込みます。
9、お皿に盛り、コリアンダーの残りの葉を飾ります。
  特別なときには金粉をちょっとふりかけるととても素敵ですよ。クスクスを一緒に食べるとさらに美味しいです。

" J'espère que cela plaira à vos invités et ce qui est incroyable dans la Tagine c'est que l'on peut
en créer de toutes sortes en sucré-salé."
(タジンが作り出す、素材を活かした素晴しい味を、スパイシーで甘いソースでお楽しみください。)

わくわくの食卓へようこそ!


今夜は、南フランスの香りがするおいしいごはんと良い夢を。