Loading...

ショップ

ブランド

アーカイブ

2021.01.14
【オンラインショップ】MAYUの、まんまるピアス
こんにちは。
H.P.FRANCEのWEBを担当しています、グリコです。

朝晩の寒さが一層と強まっていますね。
各所の非常事態宣言もあり、夜の街も一層静かに感じます。

しんしんとした夜を過ごす日が多くなっているので、オンラインでお買い物の品定めをする機会もさらに増えたのでは。
私もついついケータイを見ていると「何か面白い商品ないかな~」と探してしまいがちの昨今。

「これは見落としてたー!」という商品も、ブログから発掘していただけたら幸いです。


さて、
今回ご紹介しますのは、今週特集を掲載しましたdrama H.P.FRANCEで取扱っているブランド「MAYU(マユ)」から。
特集には載せきれなかった、ちょっと目を惹くピアスをご紹介します。




ころりん、とした球体。

不思議な雰囲気です。

こちらは「Perspective(展望)」という名前のついた、360°どこからみてもまるっとしたピアス。

無駄をそぎ落としたオブジェのようなピアスで日常がアートに。
風景が変わる、日常に溶け込む。


コンセプト通り、これ以上ないくらい無駄を削がれた見事な球体は、耳に添えて歩くと訪れる風景を映して「今まで当たり前に見えていたもの」を、ちょっと違う角度で見せてくれる。


・・・・・・残念ながら、着けているときに反射した風景が見えるのは自分自身ではないのですが・・・。笑
そこは「私がちょっと違う景色を見せてあげる!」くらいの気概でいきましょう。

アート好きの彼女にプレゼントとして、というのもアリだと思います。


オンラインショップでは3つのサイズで展開中です。


こちらがSサイズ。

ぱかっと開いたポスト部分はこのようになっています。



続いてMサイズ。

中はこんな感じ


そしてインパクトもビッグサイズなLサイズ




どちらも片耳用での販売ですが、Sサイズはペアで持っておきたいサイズ感ですね。
チェーンピアスや縦のラインが強調されるデザインのピアスとも相性◎。イヤーカフとのコーディネートも愉しみやすい大きさになっています。


MとLは、よく見るとポストが球のど真ん中を通っておらず、前後でちょっとずらして着けてみても、コンテンポラリーな感じが出て表情が変わりますよ。


着用したところを後ろから見ると、このようになっています。




後ろ姿も、ぬかりない!


さらに、
「マスクを着け外しするときに、ピアスキャッチが引っ掛かって落っことしちゃった・・・小さくて見つけられず無くしちゃったのよ・・・」という経験のある、私のような慌てがち&うっかりな方に嬉しい、キャッチが無くなる心配がほぼゼロになる安心なデザイン。


丸いものには風水的にも「円満」や「丸くおさまる」という解釈があるようなので、そんな意識を込めてみても良いかもしれませんね。


「丸いピアス」はMAYUと言えばこの形、のパールキャッチピアスもお忘れなく。



左右でコーディネートはもちろん、上下に重ねても楽しめるので、お好きな色の組み合わせを探してみてくださいね。


書いているそばから、私もこの球体ピアスがじんわり気になっています。。
はっきりとしたサイズで格好良く着けたいけど、背が低めなのでMサイズに落ち着きそうな予感。う~ん悩ましい。

背丈が165cm以上ある方には、迷わずLサイズをおススメしたいと思います。

キリッとした濃いめのルージュと合わせたら絶対格好いい!と思うのですが、今は目尻にちょんとオレンジなどハッキリした発色のシャドウをポイントで乗せて合わせるのもきっと素敵ですよ。是非お試しください♪


>MAYUの特集はこちらから<

>MAYUのジュエリーはこちらから<



******************************************************************

【オンラインショップ担当】グリコ


メイクアップアドバイザーを養成する学校を卒業したものの紆余曲折ありまして、皆様ご存知夢の国→写真現像会社→通信業界を経てH.P.FRANCEに辿り着いた、異業種からの転職組。
宝石商だった伯母の影響により幼い頃からジュエリー好き。H.P.FRANCE BIJOUXで過ごした7年でヨーロッパのクリエイションにどっぷりハマり、立派なジュエリージャンキーに育つ。昨年より「好きなものを伝える」角度を変えてWEB担当に。
我が家には常にまるい生き物が鎮座しています。仲良し兄妹すぎて、ニンゲン若干疎外感・・・

>過去のブログはこちらから<