Loading...

ショップ

ブランド

アーカイブ

2020.12.22
【オンラインショップ】My favorite Things(私のお気に入り)
こんにちは。
H.P.FRANCEのWEBを担当しています、グリコです。

今年のクリスマスはどのように過ごそうか・・・平日なので直前なのにこれといった予定も無く、
恐らくファミリー(猫2匹)にちょっと豪華なご飯をあげてしっぽり過ごすかと思われますが、
クリスマスソングくらいはちょっと家で流してみようかな。

突然ですが、好きなクリスマスソングってありますか?

私は、映画『サウンド・オブ・ミュージック』の「My favorite Things(私のお気に入り)」が今の気分です。


Raindrops on roses
And whiskers on kittens
Bright copper kettles
And warm woolen mittens
Brown paper packages tied up with strings
These are a few of my favorite things

バラにつたう雨粒
子猫のひげ
ピカピカの銅のケトル
そして暖かい毛糸のミトンと
紐で結ばれた茶色い小包
それがわたしのお気に入り


映画を観たのは学生の頃だったので、もう20年以上前の記憶になりますが・・・
個性的な沢山の子供たちと、家の中で起こる色々なシーンを何となく思い出し、
この曲を口ずさみながら、身の周りにあるささやかな「お気に入り」を発見して楽しもうと思います。
(ちなみにこの曲、実は全然クリスマス全開な歌詞じゃないんですよね。笑)


さて、そんな私のお気に入りとして真っ先に浮かぶのはジュエリー。

今日は私が愛用しているお気に入りジュエリーの一部を紹介します。

まずはこちらの手元から。
自撮りが下手すぎてプレスのべっぴんさんに着用してもらいました。今後もきっと登場の予感。


BIJOUX仕込みのブレスレット重ね付けは通年必須。

CAROLINA BUCCI(キャロリーナ・ブッチ)のフロレンティーヌフィニッシュが、気分をさらに上げてくれるバングルは、ここぞって時には必ず着けています。

実は反対側の表面は鏡面加工となっている為、2WAYで使える有能バングルです。

アップにしてみました。バングルのキラキラ、伝わりますでしょうか?


BIJOUX各店でこれまで例年1月と7月に受注会を行なっており、数年前に意を決してオーダーしました。

「これは買っておいてよかった・・・」と思う、一生ものジュエリーのひとつです。

程よい厚みやエッジの利かせ方といった、デザインの美しさだけじゃなく、軽量かつ開閉がバネ式&留め金がワンタッチなところも、ずっと着けていたくなる理由です。

同じタイミングでこのバングルを手にされたお客様と「本当にこの子有能すぎるわ~」とキャッキャした思い出も含め、とっても大切なアイテムです。

今回モデルになってくれたプレスのAIRIちゃんも、どうやらロックオン。
しめしめ(笑)、いつかお揃いになるかもしれません。

実はひっそり先週から、オンラインショップにも再登場。

コンスタントに入荷があるものでは無いので、是非この機会にチェックしてみてくださいね。
ホワイトゴールドもございますよ♪

REDLINE(レッドライン)は月とスマイリーのモチーフで楽しい夜を思わせつつ、ポップになり過ぎないようカラーリングは敢えて抑えめに。

腕にぴったりとタイトに着けるのがマスト。
長めのブレスレットだと気になりがちな着用感がほぼ無いのもあって、ものぐさな私はつい着けっぱなしで生活してしまいます・・・
(ダイヤの輝きを保つには、きちんと毎日着け外しされることをおススメしています。本当は良くないんだよなぁと思いながらの着けっぱなし・・・)

この他にも赤やグレーのコードを使ったブレスレットを幾つか持っているのですが、まだまだ欲しい色やモチーフが尽きません。
恐るべし私の物欲。きっと仲間は沢山いると信じています。

リングはIOSSELLIANI(イオッセリアーニ)でほんのりマニッシュな要素を取り入れて、ちょっとハズすのが最近の個人的トレンド。
スタックリング ALBAは地金だけで構成されているので、高さは少しありますが、意外とこのまま手袋をしても引っ掛からず気になりにくいんですよ。本数を絞るのがポイントです。

もちろん手袋の素材やタイトさにもよるかと思いますが、思っていた以上に気にならずストレスにならないので、ついこの時期はそういった視点でもIOSSELLIANIやSERGE THORAVAL(セルジュ・トラヴァル)は外せません。

ジュエリーに対しても「ストレスフリーだわぁ~、自分に優しいわぁ~」と考える瞬間、結構大事。
もちろん気合を入れるのにビシッと着けこなしたいタイミングやジュエリーもありますが、気張らずにいられるときはなるべくストレスフリーを意識しています。


続いてはこちら。


REDLINEのネックレスは長さが約36~38cmと、ブレスレット同様タイトに着ける長さ。
真冬のニットコーデなど、服の上にネックレスを乗せるのではなく、襟元からちょっと覗かせるくらいの長さは、アウター等との相性を気にせずラフに使えます。

トレンドのひとつでもあるチョーカー丈も、コード素材でモードに寄り過ぎないところがお気に入り。

写真では見えやすい様にシャツスタイルに合わせてみましたが、真冬はもっぱらグレーやネイビーのクルーネックニットに合わせる予定です。

手元と首元にさり気なく結構な量のダイヤモンドをちりばめたので、耳元にはWOUTERS&HENDRIX(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)パールを使ったピアスで冬の温かみをプラス。
パールジュエリーって雪玉みたいで、冬になるとコロンとしたパールを着けたくなっちゃうんですよね。
店頭でも1月はパールを使ったジュエリーがよく売れていました。

ちなみに顔周りにパールジュエリーを持ってくるのは、真冬の刺すような寒さを視覚的に和らげてくれる効果と、お肌の血色を良く見せ透明感をプラスしてくれる効果が。

寒い日の血色の無さに定評がある私。
この冬はマスクで隠せる&ほんのり温かいのはちょっとラッキーかもと思いつつ・・・
ジュエリーコーディネートに意図を持たせて着けることが好きなので、
日々色んなお気に入りの組み合わせを模索して、来年に向かっていこうと思います。

次回は年末か年明けか・・・

それでは、皆様お気に入りのクリスマスソングで素敵なクリスマスをお過ごしください☆


>>CAROLINA BUCCI(キャロリーナ・ブッチ)特集はこちら

>>REDLINE(レッドライン)特集はこちら

>>IOSSELLIANI(イオッセリアーニ)特集はこちら

>>WOUTERS&HENDRIX(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)特集はこちら



******************************************************************

【オンラインショップ担当】グリコ


メイクアップアドバイザーを養成する学校を卒業したものの紆余曲折ありまして、皆様ご存知夢の国→写真現像会社→通信業界を経てH.P.FRANCEに辿り着いた、異業種からの転職組。
宝石商だった伯母の影響により幼い頃からジュエリー好き。H.P.FRANCE BIJOUXで過ごした7年でヨーロッパのクリエイションにどっぷりハマり、立派なジュエリージャンキーに育つ。昨年より「好きなものを伝える」角度を変えてWEB担当に。
ちなみに"子猫のひげ"だけじゃなく「猫の前歯」も大のお気に入りです。(なかなか理解して貰えませんが小さくて可愛いんですよ)