ショップ

ブランド

アーカイブ

2020.07.29
どどん、と新作入荷のお知らせ。
皆さま、こんにちは。
デスティネーショントーキョースタッフのkuroです。

・・・梅雨がなかなか去ってくれません。

なかなかピカッと晴れる日も少なく、
そろそろわたしにもカビが生えてしまいそうではありますが、
早くも秋冬の新作コレクションたちが届きましたので、
気を取り直して皆さまにご紹介してまいります。




D-due FALL WINTER 2020-2021
"THE WAY" Collection Chapter 1

-THE WOLF SETS OUT ON THE WAY-



スペイン/ガリシア地方の老舗ドレスメーカーを拠点とするブランドD-due(デ・ドゥエ)。
2020-2021年秋冬コレクションはデザイナーの一人、ロサリオ・フロハンが住む
キリスト教三大聖地であるサンティアゴ・デ・コンポステーラに続く、
カミノ・デ・サンティアゴと呼ばれる巡礼道をテーマに「THE WAY」をタイトルに制作。

コレクションの第一弾を飾るのは「あるオオカミの旅立ち」と名づけられたシリーズ。
巡礼道の随所に描かれた最終地点へ導く黄色い矢印をモチーフに、
オープニングに相応しい華やかなラインナップが揃う。





D-dueはこのコレクションの一連のクリエーション過程において、
一匹のオオカミを主人公に選びました。
このオオカミはアルフレドの手により洋服のあらゆる場所に描かれています。





巡礼者のオオカミは行き先を示す矢印に向かって歩きます。
その矢印が交錯し、できた線は方眼状となって
コレクションの中でチェックのテキスタイルとして表現されました。

今期もD-dueらしい、世界観たっぷりのコレクションとなっております。
これからの展開もどうぞお楽しみに。







VLADMIR KARALEEV
Pre-Fall 2020 Collection



Vladimir Karaleevはブルガリア生まれのデザイナー。
ベルリンのthe University of Applied Sciences (HTW)に通った後、
2006年にブランドをスタートした。

コンテンポラリーアートや幾何学的な構造物から強い影響を受け、
新しい形や実験的なカットなどを用い、
伝統的な洋服の形に対抗するようにコンセプチュアルな
デザインを創造、新しいシルエットを洋服に与えている。





まるで2つの洋服を組み合わせたかのようなデザインや、
異素材をミックスした遊び心もブランドの特徴です。

今期はベロアのような素材感の、
チェック柄の生地が特に印象的です。





なかなか出会えないような、独特のテキスタイルも。
わたしも一押しの国旗柄、、、アメージングです。

大人が楽しめる、変形のシルエットやアシンメトリーのデザインが、
毎シーズンご好評を頂いております。
気になる方は、ぜひお早めにご覧ください。

近日WUT ONLINEでも公開予定です。








MAISON MIHARA YASUHIRO
2020-2021 Autumn Winter Collection



1997年にシューズブランドとしてスタート。
既存の枠にとらわれない発想や、深く踏込んだデザインワークをシューズはもちろんの事、
遊び心のある服をテーマに国内外問わずそのデザインは注目を浴び続けている。

2020-21年秋冬メンズコレクションでは、『#Untitled』というタイトルのもと、
2つの洋服が合体して1つになる様を表現したパターンのアイテムや、
ミハラヤスヒロの真骨頂、再構築のアイデアを取り入れたアイテムなどがお目見えします。





すでにH.P.F MALLでも展開スタートとなりました。

国内外で特にお問い合わせも多く人気の高いミハラヤスヒロですが、
destination Tokyoのスタッフ所持率も大変高いブランドです。

ラフに着られて、でもお洒落の上級者みたい・・・
そんな夢のようなブランドです。

皆さまもぜひ、お試しにいらしてくださいね。



ファッションフリークなわたしたちの、
鬱々としたこの気持ちを吹き飛ばすのは、
やっぱり新しいお洋服や小物たち・・・。

気になる商品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
Instagramでも日々ご紹介中です。

それでは、また。
ご覧頂きありがとうございました。

kuro