ショップ

ブランド

2020.05.03
どちらが、お好き?レモン柄ラフィア
こんにちは、A藤です。


ゴールデンウィーク後半になりました。今日も、朝から良いお天気。皆様のお家時間のお供に、新作ラフィアをご覧下さい。

本日ご紹介するのは、レモン柄ラフィアのバッグです。それぞれに、新作デザインの素敵な雰囲気をお届けします。





(左)カラー:NATURAL ¥55,000+税

(右)カラー:NATURAL ¥65,000+税

ベースはどちらも、レモン柄をラフィアの刺繍で表現しています。何てグラフィカルなレモン!
左はバケットバッグ、右はハンドバッグになります。さぁ、皆様はどちらが、お好き?





まずは、バケットバッグから。
こちらは、取り外し可能なストラップ付。ハンドルだけでなく、肩掛け出来るのが便利。両手がフリーになるのは、お買い物の時など、助かりますよね。





ハンドル部分は、水牛の角のリング持ち手。一つ一つ微妙に表情が違うのも、特別感があります。





立体的な、お花のモチーフがぐるりと一周。両サイドに、レモン柄刺繍が施され、絶妙なデザインバランスになっています。どの角度から見ても、洗練された印象。





内側のファブリックは、カーキ色ベースでヒマワリ柄。このヒマワリが、何とも可愛い!大人になっても(大人だからこそ?)可愛いものには、弱い。。。





次に、ハンドバッグです。
前後のレモン柄刺繍は勿論ですが、特筆すべきは、両サイドのスライスレモン刺繍でしょう。円形のサイドいっぱいに、スライスレモン!心憎い手業に、ノックアウト必須。





持ち手も、素敵。。カウレザーに刺繍され、とても装飾的で高級感があります。長さも考えられていて、肩にも掛けられ便利。夏に浴衣を着られた時に持たれても、とても素敵です。


さて。
皆様、どちらがお好きでしたか?
バケットバッグを斜め掛けに、白のコットンワンピースを着て、素足に生成り色のトングサンダル。
ハンドバッグは、ちょっとシックに黒のシルクブラウスに、カーキのカーゴパンツを合わせて、足元はヒール高めのミュールで。
どちらのバッグも、コーディネートが広がりそう。夏のスタイリングは、ラフィアで完成ですね。




>>JAMIN PUECH新作ラフィアバッグを見る<<


【青参道路面店の営業ついてのお知らせ】
いつもアッシュ・ペー・フランスをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
この度、新型コロナウィルス感染症に基づく政府による「緊急事態宣言」の方針を受け、4月8日(水)より当面の間は臨時休業とさせていただきます。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

H.P.FRANCE

ー青参道路面店ー
Bazar et Garde-Manger、D-due H.P.FRANCE、H.P.DECO、JAMIN PUECH、Juana de Arco 表参道、Lamp harajuku、Le monde de Nathalie、SERGE THORAVAL、水金地火木土天冥海



--- SHOP INFORMATION ---

【表参道店】

東京都渋谷区神宮前 5-2-11
OPEN: 11:00-19:30(水曜定休)
TEL: 03-5464-2780
MAIL: jamin_puech@hpgrp.com

※通信販売も承っておりますのでお気軽にお問合せください。