ショップ

ブランド

アーカイブ

2020.04.16
PLACE FOR CONTINUOUS EYE CONTACT -永続する目線の場所-
カオスが目立つ世の中だからなのか、
最近私は自分自身と向き合うことにとても集中している。

ロス発祥、クラフトやデザインなどが多い、
スプリングブレークアートショーに行ってきた時の出来事。

窓が広い部屋で、あるクラゲの様なA.I.の様な
大きい機械に頭を突っ込んで寝ている男の人がいた。



「3分音楽が流れます、一つの目は隠し、
もう一つの目で天井からぶら下がっている鏡の中を見つめて下さい。
自分の目と目線を外さないで下さい。目線が外れると、作品は正常に働きません。」

説明を受け、私も中に横たわってみた。

作品の天井に自分の目よりほんのちょっと大きいくらいの鏡があり、
そこに片目で集中し始めると、不思議な感覚に包み込まれた。

私の目は優しく私を見つめ、何か他の生物の様に覗き込んでいた。

機械にはLEDライトが常に変色する仕掛けがあり、
それが私の黒目の中に反射されて、光彩を放っていた。

すでに周りの景色は溶け出して、とても可笑しい感覚に有った。
こんな風に愛を込めて、いつも誰かに見つめて欲しかった様な感覚。

自分の目を見つめながら、
ある意味サステイナブルの根元の様な物を感じた。

自分の行動を見ている者は常に自分であり、
それ以上でも以下でも決してない。

自分がこの世界を作っているなら、
愛のある行動は何なのか、いつもわかっている。

そしてボーナスとして、
自分の目線が愛に満ちている様子を、初めて見た。



PLACE FOR CONTINUOUS EYE CONTACT by Bobby Anspach
IG:@anspach.bobby

SPRING BREAK ART SHOW
springbreakartshow.com


CREATIVE STRATEGIST 村松うらら