ショップ

ブランド

アーカイブ

2020.02.12
-暮らす- わたしのすきなもの
こんばんは、pepeです。

今日はびっくり小春日和な1日。
気付けば鼻歌なんて歌いながらのんびり歩いて
気持ちの良い1日でした。


そんな少し早い春の風に乗って、
アッシュペーブチックに素敵なイベントが。




「わたしのすきなもの」

ファッション、インテリアやアートにブック。
アッシュペーブチックのスタッフ一人ひとりが
人生を楽しむために欠かせない、
「わたしのすきなもの」を集めました。

日時:2020年2月14日(金)~3月8日(日)
場所:アッシュペーブチック

* JAMIN PUECHのバッグ Momoyo
* Juana de Arco  Momotsu
* Edi dubienのアート Nishide
* 心地よいファブリック Iwasaki
* 思いを馳せるヴィンテージブック Kishida





それぞれがしたためた、
私たちの「すきなもの」についての小さなお話し、
ぜひアッシュペーブチックにて読んでみてください。




わたしからはEdi dubienのアートを!!





とてつもなく繊細で、それでいて優しく、時には攻撃的。
フランスのアーティスト、Edi dubien(エディ デュビアン)。
彼の作品の前に立つと、私はまるで数秒毎に表情が変わる
子供のような、無垢な感情に包まれるのです。





毎朝目を覚ますと視界に入る彼の原画は、
私の大切な思い出が詰まった宝物。
ずっと同じ場所にいて何も変わらないはずなのに
目が合うたびに表情が違って見えるのは何故でしょう。


心の深い深いところへ語りかけてくる、
美しく儚い時間。
現在アッシュペーブチックでは10作品ほど
彼の原画をご覧いただけます。


これからのブログでスタッフそれぞれのすきなもの
をご紹介していきたいな...と思っています。
ぜひお楽しみに。


--------------------


そしていまこの日々。
冬と春のあいだにしたい装いを見つけました。














気怠く羽織ったジャケットのシルエットがもう!
今この時だけの北風と春の香りを静かに包む...。
日本独特の季節と季節の間。
年々短くなっている気がする寂しくも美しいこの時期に
静かに寄り添うohtaの洋服。
届きました。


今日の散歩が嘘のように、しとしとと雨が降る夜...
雨音を聴きながら眠りにつきましょう。

それでは。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アッシュペーブチックのメールマガジンでは
「神戸にいるということ」をテーマにスタッフの思いを
不定期で綴ります。(※無料)
メールマガジンはこちらから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログに掲載している商品は全て通信販売ができますのでお気軽にご連絡ください。

アッシュペーブチック
〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通3-1-5
海岸ビルヂング1F
PHONE: 078-332-2327
E-MAIL: boutique_kaigan@hpgrp.com