ショップ

ブランド

アーカイブ

2020.01.23
ものは人が居ないと生きていけない。
こんにちは。お久しぶりです。
Usagi pour toi 福岡店よりモトムーです。

私からのお知らせがあり、今回限りのバトンタッチです。

それは文末に置いといて...



eb.a.gosアーカイブ展
福岡店での開催が間もなく終了します。

福岡店 2020年1月10日(金)~1月26日(日)
大阪店 2020年2月1日(土)~2月29日(土)





左右ともに
¥33,000+tax




¥50,000+tax




¥89,000+tax




¥160,000+tax


アーカイブ(archive)とは、
重要記録を保存・活用し、未来に伝達することをいう。
(wikipediaより引用)


難しい横文字をやたらと使うのはアパレルあるあるですが、
ここでのアーカイブ=今は作ってない貴重な過去のコレクション
というものです。


私にとって素晴らしいものとは、変化と普遍の共存です。
eb.a.gosはまさにその体言。

eb.a.gosの変化
・バッグとしての使いやすさの追求
・時代に沿ったデザインの変化
・常に未来に向かう姿勢

eb.a.gosの普遍
・「100年後に存在するバッグ」でありたい。という信念
・アナログな物づくり
・物づくりに喜びを感じているという事


話を掘り下げるの大好きなのですが、あまり長すぎると怒られそうなのでこの辺りで...

そんな素晴らしいeb.a.gosの貴重な過去から今、そして未来への軌道
ぜひ体験しにいらしてくださいね。




最後に、私事ですが、2月10日をもちましてH.P.FRANCEを退社する事となりました。

WALLからH.P.DECOを経て、ここUsagiまで約9年間...
人見知りで打ち解けるのが得意でない私は、
告白をすると、接客が好き!と心から思える事がありませんでした。
そして飽き性で雑食。学生時代のアルバイトは数知れず。しかも3ヶ月で辞める。倦怠期か。
私にあるのは、ただH.P.FRANCEの考え方や、取り扱うものが、心から好き!それだけでした。

そんな私が9年間もここに居ることが出来た理由、それはひとえに
H.P.FRANCEのオルタナティブなものに共感して、
それが良い!と思ってくださるお客様のおかげです。

H.P.FRANCEは素晴らしいクリエイションを、ものを取り扱っていますが、
ものは人が居ないと生きていけません。

ものは、作る人がいなければ、形にすらならない。
作る人が居ても、それを手にとってくれる人がいなければ、作り続けることは出来ません。
いつか忘れられてしまう。そんなものがどれだけ多いことか。

eb.a.gosのデザイナーである曽我部さんが、
20周年を迎えた際に仰っていた言葉を何度も思い出します。
「こんなに長い間、作り続けることが出来るって、幸せな事ですね。」

私の好きなものを、好きだと言ってくださって、
手にとってくださった全ての方に、心からの感謝を申し上げます。



Usagi pour toi 福岡店 モトムー