ショップ

ブランド

アーカイブ

2020.02.28
peroとDORETTEの春待ちスタイル
こんにちは。
H.P.DECOのスズです。

ここ最近、ニュースを見るたびコロナウイルスの話題ばかりで、
不安な気持ちでいっぱいになってしまいますね。。
早くピークが過ぎて、みんなが明るくなれるニュースが聞きたいなぁ!

DECOの店内に飾られた、健気に咲いた春のお花たちを見ると
「マスクで笑顔が見えないぞ〜元気出せ〜!」と声をかけられたような気分。



なんて可愛いアネモネちゃんたち。

そうね!こういう時こそ、楽しいことを見つけて不安を吹き飛ばなさきゃ。
最近、お店でもマスク付けさせてもらってますが、ちゃんと笑顔です〜^^

先日、パリからLa Soufflerie(ラ・スフルリー)のグラスが約200点ほど届きました。



吹きグラスの表情と歪なシルエット。
光を通してキラキラと輝く気泡も美しい!
数ある中からお好みのグラスやフラワーベースをお選びくださいね。


さて。
今日は待ちに待ったブランドのご紹介を!

先日のベーちゃんブログ「ツェツェと共に過ごす春」でもチラッとご紹介した、
ジュエリーブランドのDORETTE(ドレット)の展開がスタートしました。



パリのブランドTse&Tse associees(ツェツェ・アソシエ)のデザイナーである、
カトリーヌ・レヴィが手掛けるこの「DORETTE」は、遊び心と実用性を兼ね揃えた大人の為のジュエリーです。

「DORETTE」の物語はカトリーヌの幼少期まで遡ります。
靴デザイナーの父親とジュエリー好きの母親のもと、カトリーヌは身近なもので自分だけのジュエリーを作ることを楽しんでいました。
その素材はなんと・・・さやいんげん、小石、時にはウサギのフンなどを使って(驚!)

パリの国立工芸学院で出会ったシゴレーヌ・プレボワと共に「ツェツェ・アソシエ」を立ち上げ、
暮らしの中にあるアイテムをデザインするようになっても、ジュエリーへの情熱はずっとカトリーヌの中であたためられていたのです。



ある時インドを旅行した際、道行く人が身に着けている、ありとあらゆるジュエリーの美しさに魅了され、
インドの技術とフランスの伝統を融合させたジュエリーのデザインを夢見るようになったのです。

インドに出向き、自分の感覚で石を探して制作した初めてのジュエリーは、
幼少のときのように自分自身を楽しませるものであるだけでなく、すぐに周りの人々を惹きつけました。



幼い頃からの情熱は、この時「DORETTE」というブランドとして誕生しました。




今年の1月にH.P.DECOのバイヤーがカトリーヌのアトリエを尋ねた際の、
彼女のコーディネートがこちら。



ジャラリと贅沢な重ね付け〜〜さすがです!!

色と形に重きをおき、カトリーヌがセレクトした色とりどりの貴石は、
ゴールドのリングの上に不規則に並べられ、ひとつのハーモニーを醸し出します。
1つとして同じものがない全てが1点だけのもの。
日常的に身に着けていても重くなく、引っ掻いたり、ポケットなどに引っかかることのないようデザインされています。

世界にたった1つの輝きを放つリングがずらりと並びました。





う〜〜ん、悩ましい!!
カラフルな石たちがリズミカルにセットされたリングは、
何時間でも見ていられるくらい、どれもこれも本当に素敵。



今回はリングの他、とっておきのアイテムが届いています!
一度見たら忘れられないような、全宇宙の乙女心を鷲掴みにするネックレスがこちら。





ふっふっふ。
実際に付けて見るとこんな感じ♩

チョーカーほどピタッとせず、お洋服とのバランスが取りやすい絶妙な長さです。
写真のように襟の開いたトップスにはもちろん、タートルネックのアクセントにも◎
気になった方は、ぜひ実物を見にいらしてくださいね!


ちなみに、上の写真のトップスでお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが・・・
ジュエリーだけではなくお洋服も届いたのですよ〜。

お待ちかね、pero(ペロ)の春夏コレクション!





インド出身のデザイナー、アニース・アロラによるブランド"pero(ペロ)"。
ブランド名はインドのラジャスターン州の言語であるマールワール語で[to wear = 着用]を意味します。

母国インドの伝統技術や、ローカルな文化に身をおく人々のドレススタイルや、
日常着に惹きつけられ"pero"というブランドをスタートさせました。





今季のコレクションは、春風のように柔らかな色彩。
水彩画のような花柄やストライプ、チェックの生地は、着れば思わずスキップしたくなります。

上質なシルクやコットンを組み合わせた細やかなディテールは、まさに職人技。
ボタンの一つ一つにデザイナーの愛を感じます。



まだまだ寒さが続くけど、上着を脱いで軽やかに出かけられる季節にならないかな〜。

グリーン×ピンク×イエローのストライプに釘付けになった私は、
思わずセットアップで着てみました。
マルト・デムランがセレクトした革と木を組み合わせた鞄を合わせるならどっちかな?などと妄想をくり広げている図。



こだわりのファッションを身に纏って、
あたたかい季節にどこに行こう?誰に会おう?と考えているだけで幸せな気分。

裏地の花柄をチラ見せするのもGOOD!



H.P.DECOでは、ジュエリーもお洋服もお気軽に試着できますので、
気になるアイテムをチェックしにお店に遊びにいらしてください。
お電話やメールでのお問合せもお待ちしております!

とっておきの宝物に出会えますように!
それでは。


スズ




H.P.DECO
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-2-11
TEL:03-3406-0313
MAIL:hpdeco_contact@hpgrp.com 
OPEN:11:00-19:30 毎週水曜定休


 


【通信販売について】
※当ブログに掲載している商品は通信販売を承ります。
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。

【公式オンラインストア】