ショップ

ブランド

アーカイブ

2018.11.17
4 FACES

Hola!
実は、2年前の秋冬コレクションにも同じくデニム素材でこの形が出ていたのを覚えていますでしょうか?
その時は、フリル部分がカウレザーで全体デニム素材でした。
とても人気で気がついたら既になかった(完売していた)気がします。
2年ぶりにデニムで再登場いたしました、待っていた方もひそかにいるのではないでしょうか?



Top 36,000yen+tax
Skirt 36,000yen+tax



今年は、レザーとのコンビではなくブラックキャンバスとタックを組んでいます。
遠くから見ると一見同色にも見えそうな色の組み合わせ。
しっかり近づいて観察してください素材の組み合わせや配色がとても絶妙なのが伝わってきます。



もっと近づいてみていただきたいのがこのパイピング部分。
高度なテクニックがこんなところにもさりげなく大胆に組み込まれています。
フリル部分もよーく見ると...
お気づきでしょうか?
デニムに近い色で一本の線をシルクスクリーンを使って引いています。
本当に一見気づかないので自分だけの楽しみです。



フリルやリボンが付きながらもどこか落ち着いていて可愛くなりすぎないところも計算高いパターンメイキングとデザイン力のおかげです。



装飾満載の前身ごろに比べ、後ろはシンプルにブラックキャンバス一色のみ。
こちらもD-dueが大好きな二面性を狙ってのことでしょうか?
切り替えが中央ではなく左にずれているところにもD-dueらしいいらずら心を感じます。



袖も両側それぞれ与える印象が全然違います。
片方はスパッと前後の切り替えで色違いになっておりメンズライクに。



もう片方がフリルがついていてレディーライクに。



前後左右の4面で4種類の印象を与えられるなんて、なんと言う贅沢でしょう。
デニムってイメージからしてカジュアルな印象の方が強めですが、D-dueと相性のいいJAMIN PUECHの綺麗めなバッグと合わせても相性が抜群に良いのです!




JAMIN PUECH 95,000yen+tax

是非合わせてコーディネートを組んでみてくださいませ!
Hasta pronto!
By Saya



[caption id="attachment_754" align="aligncenter" width="300"] Bauhaus In Blue by D-due[/caption]


メールマガジン配信ご希望の方はこちらよりどうぞ。






Instagram、Facebookも更新中。
是非フォロー下さい。


装苑OnlineにてBlog連載中です。
http://soen.tokyo/blog/imai/


D-due H.P.FRANCE
107-0061 東京都港区北青山3-7-10
TEL:03-3409-0627
MAIL:ddue_hpf@hpgrp.com