ショップ

ブランド

アーカイブ

2019.04.04
高橋恭司"炎画"
こんにちは。
WALL原宿店です。

本日は明日より展開する陶器についてご紹介致します。

高橋恭司 炎画(HIBI)』

 





1990年代、写真家として独特の視点とその静謐な作品で一時代を築いた、髙橋恭司。
そのキャリアにも関わらず、つねに真摯な眼差しで表現をアップデートし続ける姿勢は若いクリエイターたちに影響を与えつづけています。

写真、絵画、映像作品など多元的な活動を意欲的に展開している髙橋と、髙橋の出身地の栃木県・益子の益子焼の名陶・成井窯との出会いから始まった 陶芸作品『炎画(HIBI)』シリーズ。成井窯の自由で野性味溢れるフォルムに、髙橋が心の向くままに絵付けしたユニークなほほえみかけるような器たち。





年号が変わるこの春に、“これからの時代に、自由と軽やかさが持つリズムを感じてほしい”と語る 髙橋と成井窯とのAncient Modern な『炎画(HIBI)』シリーズ、是非手に取って触れてみて下さい。


今回は、WALL用に髙橋恭司の写真を使ったアートピース『ひかりのキューブ』も販売します。ステンドグラスのように光をかざして淡い夢のようなイメージを楽しんで下さいね。



ぜひ、新しい季節にぴったりな自由な陶器、アートピースをご覧くださいませ。
ご来店お待ち致しております。