ショップ

ブランド

アーカイブ

2019.07.17
踊りだしたくなる雨のワンピース
Hola!
秋冬コレクションの立ち上がりまであと2日。
本日のブログは、先走って19日から店頭に揃う新作をご紹介いたします!
メインルックを飾っていたチェックのドレスです。

D-due RAIN SOUL

Dress 72,000yen+tax
Shoes 48,000yen+tax

雨をテーマにした秋冬コレクション。
コレクションライン第1弾は”Sowing time -種まく季節-”。
このチェックのテキスタイルを基調としたお洋服が揃います。



大西洋に面しているガリシアでは漁業が盛んだというお話は度々D-dueを語る中で登場しておりましたが、海だけでなく緑豊かなガリシアでは農業も街を支える大切な職業。
そんなガリシアで幼い頃から大人たちが種まきの準備を始める姿を見て冬の始まりを感じていたデザイナーの2人のノスタルジーをこのシリーズのデザインに込めています。
雨のガリシアで農作業をしている女性をイメージしたこのシリーズでは、ほとんどの素材に弱撥水加工が施されています。
こちらも襟と裾の光沢のある素材はもちろん、チェックの素材も水を弾くので雨の日に楽しめるワンピースなのです。



ティアードのディテールでギャザーをたっぷりと施したボリュームのあるシルエットは”蓑笠”から着想を得たそう。



カーキの素材は形状記憶のように形が残り、張りのあるまるで紙のようなユニークな素材。
この素材を裾に施すことで、ベースのチェックの部分は軽く柔らかく、それでいて立体的なシルエットの完成です。




雨が暮らしの一部となり、そして雨を味方にして暮らしてきたガリシアの人々、もちろんデザイナーの2人も。
雨が降っても洋服だけでも楽しく、踊りだしたくなるようなイメージでデザインしたんだとデザイナーのチャロさんが語ってくれました。



19日に店頭に並ぶのを楽しみにしていて下さいね!!!

By Miki



D-due FALL-WINTER2019 RAIN SOUL
"SOWING TIME"
7.19 fri. START !!


D-due Rain Soul






Instagram、Facebookも更新中。
是非フォロー下さい。


装苑OnlineにてBlog連載中です。
http://soen.tokyo/blog/imai/


メールマガジン配信ご希望の方はお名前をご記入の上、こちらよりご連絡くださいませ。