ショップ

ブランド

アーカイブ

2019.02.23
装飾美術館勤務を終えて
今晩は。気づけば土曜日、週末です。いかがお過ごしですか?
わたくしはしばらく記憶を留守にしておりました。






2/20~22は、あの装飾美術館に出向していたのです。
えぇ、弊社の合同展示会rooms EXPERIENCE38内に突如現われた3日間だけの美術館です。






「装飾美術館」とは聞き覚えのある方もいらっしゃるかも知れません。 そうです、昨年のクリスマスに向けて発行されたH.P.FRANCEの冊子です。

それを今回は紙面ではなく実際にroomsの会場内で再現したのです。















装飾美術館のメインビジュアルを手掛けるフランスの画家、Edi Dubien(エディ・ドゥビアン)。
入ってすぐを貴重な原画が多数展示されました。




そして、次に目に飛び込んできたのは





迫力あるCHRISTOPHE COPPENSのアート作品。














やまちさんと共に。
われわれもこの時のアート作品を所持しておりますので誇らしげですよ。
記念に撮っていただきましたが、最終日の為か目があらぬ方向にいってしまっています。えぇ、それはなんて言ったってrooms。来場者数は3日間で2万人と聞いたことがあります。それって記憶の100倍以上でしょうか... この日は自分、立っていただけで奇跡でした。えぇ。





なんと言ってもここも見なければ!!






JACQUES LE CORREのLISBON20周年を記念してのアーカイブコレクション。100以上の、過去のコレクションが並びました。懐かしのものはありませんか?
ちなみにこれは4面のうちの1面です。




美術館を進むと、H.P.DECOの部屋に入ります。




ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)の「コレクション バンシャク」はスペシャルムービーが流れており、それは映画さながらの趣きのあるものでした。









4月の来日が待たれるマルトさんのコーナー。私の大好きなBazar et Garde-Mangerがそのままやって来たような、素敵な、魅力溢れる空間でした。






あの”北濱の壁(きたはまのかべ)”の北濱氏も装飾美術館に3日間在廊しておりました。



その先に現れるのが装飾美術館のミュージアムショップ。H.P.FRANCEの〝永遠の名作〟などの貴重なコレクションが購入できるSHOPです。





JACQUES LE CORREやStefano Poletti。




ナタリーレテの愛らしい商品や、H.P.DECOのものもさまざま揃う、魅惑のミュージアムショップ。



ここにわたくし勤めておりました。カリスマGODをはじめ、濃いい(濃すぎて頭から離れない、最終日に念願の初対面を果たせたK氏に至っては幻だったのかと思うほど )メンバーとお店を切り盛りできた、それは愉しい日々でした。
そして記憶に来てくださっているお客様やご来場くださったお客様にたくさんお声をかけて頂きました。ありがとうございます。 
皆様にお会いできてとても嬉しかったです。




私が写真すら撮る余裕の無いなか(なにせ記憶の100倍以上。)、記憶のIKKUさんが装飾美術館に来場しいろいろ撮影してくれ、助かりました。
記憶のインスタグラム(ストーリーにも掲載中です)で更にさまざまな画像や動画が見れますのでぜひご覧くださいませ!

✑✑記憶のInstagram: @kioque_hpfrance




Movin' Studio-移動写真館-さんに撮って頂きました。
My LISBON!

それでは
またどこかに現れる装飾美術館でお会いしましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

記憶H.P.FRANCE


100-6501 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 1F
Tel : 03-3211-3370 / Open: 11:00-21:00 (日、祝-20:00、年中無休、年末年始を除く)
Mail: kioku@hpgrp.com
Instagram: @kioque_hpfrance