ショップ

ブランド

アーカイブ

2020.07.15
環境や社会に優しい選択
ブログをご覧のみなさま、こんにちは!
ainaです。

現在destination Tokyoでは、
エシカルのPOP UPイベントを開催しておりますが、
新型コロナウィルスの感染拡大や、
プラスチック袋の有料化などによって、
今までにも増して、「環境や社会に優しい選択をしたい」と
考えるようになった方も少なくないのではないでしょうか。

私も、エコバックを持ち歩いたり、
自分の身体に取り入れるもの(食べ物、スキンケア)に気を付けたりと、
せめて、自分に出来ることは・・・とストレスのない程度に取り組んでいます。

でも、何から始めれば良いのか分からない方も、
中にはいらっしゃると思います。
情報量の多い世の中ですし。

今回のエシカルのPOP UPイベントは、
destination Tokyoからのご提案であり、
少しでもお客様の参考になればという思いで、開催に至りました。


9ブランドにご協力を頂きましたが、
その中で、各ブランドのことを、
順番にご紹介させて頂きます。

____________________________________________


【Basara silk】





今では私達の生活に、欠かせないものとなったマスク。
夏の暑さもあいまって、より心地よい着用感のものが欲しいですよね。

ジメジメした季節でも、気持ちよく汗を吸ってくれるシルク素材のマスク。
特に柄のマスクは、汗染みも目立ちにくいのでオススメです。

シルク発祥の地、リヨンで最も歴史のあるPERRINs社の最高級シルク生地が採用され、
95%シルク、5%ポリウレタンの、程よく伸縮性のあるマスクです。
中性洗剤を使用して繰り返しお洗濯をして頂けます。
(押し洗いを推奨しております!)

シルクは保湿力もあり、肌への負担を軽減してくれます。

上質な素材で、心地よく、お洒落の一つとして楽しめるマスクです。


________________________


【kangarui】



打って変わって、こちらはアニマル柄のカラフルなマスク。

kangaruiは、日本生まれケニア育ちのアーティストRuiが
ケニアでのアメージングな人生経験をプリントに反映したLifestyleブランドです。




世界がコロナ禍で目に見えない危険にさらされ始め、
2020年3月から、ケニア政府は国民に対して外出時にはマスクの着用を義務付けました。
十分な食べ物や教育、安全な生活もない難民達にはマスクを買う余裕などありません。

そこで、kangaruiの商品を1点ご購入して頂くことで、
パワフルな色彩の布で縫製したマスクが1枚、
ケニアの難民キャンプに寄付されます。

お客様の購入数に比例して、難民へのマスク数が増えていきます。



______________________________


【BOTCHAN】




ジェンダーの枠を超えたシェアドコスメとして2018年に誕生したメンズコスメブランド。
天然植物由来成分を贅沢に配合し、
パラペンフリー、ノンアルコール、無着色など
肌の負担となりやすい成分は不使用。

さっぱり仕上げながら、きちんと保湿、
もっちりしながらべたつかない、こだわりのテクスチャー。
従来のメンズコスメよりもはるかに繊細な仕上がりは、
シェアドコスメとしても人気の理由。
女性にも満足して使用いただけます。

________________________________________________________

【nemohamo】



植物まるごとのちからを肌へ。
植物には、根があり、葉があり、茎があり、花が咲き、実もなります。
それは、どんな環境下でも生きぬく自然の偉大なる力。
その力を、あますところなく引き出し、植物をまるごと低温真空抽出法でエキス化。
良質な植物が持つ酵素・ビタミン・ミネラルなどを活かしながら
フレッシュなまま、あなたへ。


基礎化粧品から、シャンプー、トリートメント、ハンドソープまで揃います。



こちらも私達の生活に必需品の、ハンドソープ。
詰め替え用もご用意ございます。
そして、ボトルのデザインもシンプルでおしゃれなのが嬉しいです。




イチオシは、ブースターオイル。
ツバキやコメヌカ、オタネニンジンなど、
植物の美容効果を活かす非加熱圧搾で精製したオイルが、
お肌をなめらかにしてくれます。




私はスターターセットを購入してみました。
可愛い巾着付きでした。

引き続き効果を試してみようと思います!

______________________________


残りのブランドは、また改めてご紹介しますね。

aina