ショップ

ブランド

アーカイブ

2018.12.17
横浜タカシマヤ ポイントアップ19日(水)から!
ごきげんよう。

横浜店のKaidaです。
師走も中盤に入りましたね。街中では何十年も変わらない鉄板アーティストのクリスマス・ソングが溢れてきました。

こんな寒い時期は独り部屋で、お気に入りのフォッションの苺ジャムにホットウイスキーを飲みます。

そしてクリスマス恒例の若き日のマコーレ・カルキン主演の『ホーム・アローン』を鑑賞したいもの。


今回は同窓生のお誘いもあり、重い重い腰を上げてコンサート(無料)に行って参りました。



冬の夜の大学の正門。


なぜかますます寒さがこみ上げてきます。




イベントも「フランス詩と歌曲の夕べ」
楽曲と詩の解説とともに名高いフランス歌曲の世界を楽しむひとときです。




年末年始はとかく忙しい世の中ですが、こうして普段の時間をいったん止める時間も必要だな、と感じます。

高名なソプラノ歌手の歌曲に耳を傾ける機会。

これからライブやクラッシックのシーズン到来です。
ぜひ予定を入れてみてはいかがでしょうか。





詩の言葉とはとても日常会話と異なり技巧的なものです。

たとえば「あなたのことがだんだん飽きてきて新鮮味を感じない」
という言葉をポール・ヴァレリーが表現するとどうなるでしょう。


「一輪の枯れゆくバラの
気怠さが僕らに寄り添っている。
君は全く同じだね
君がやさしく黙っているとき
この枯れゆくバラと。
バラは僕らのかわりに枯れていく・・・」


と、洗練された技巧により愛の倦怠感が表現されます。 


詩という言葉は普段の我々の日常言葉に対して「負荷」をかけます。


技巧的で負荷のかかるもの。何世紀に渡って残ることばの芸術とはこの「負荷」ともいわれています。
それを研究するのが仏文学者の仕事ではありますが・・・。


もちろんシンプルで親しみやすい詩で名を残しているスランシス・ポンジュのよいな詩人も多数います。



さてgoldieで今回あつかっているノエルのネックレスの詩は「届かない空にある星をきみのために探す」というもの。






素朴で飾り気のないことば。

技巧的なものでなくても心に響くことば。

そのようなことばの力がSERGE THORAVALの限られたアクセサリーのスペースに刻印されています。

ぜひ大切な方へのプレゼントにいかがでしょうか?










ブレスレットもシンプルなことば、詩で空間で演出しています。







SERGE THORAVAL チャーム 各¥15,000+TAX


シンプルなブレスレットにちょっとしたチャームでバージョンアップをしてみるのはいかがでしょうか。
視覚的にも注目度も上昇しますね。


横浜店のアトリエコーナーはクリスマス仕様に様変わり致しました。
ぜひご覧になってみてくださいね!






さて横浜タカシマヤでは19日(水)から25日(火)の7日間ポイントアップとなります。
通常のポイントに2%アップとなるお得な機会となっております。

期間中は20時30分までの営業となります。

ぜひこの機会にお越しくださいませ。

ご来店をスタッフ一同お待ち申し上げております。


次回の横浜店からのブログは大晦日となります。
ぜひ素敵な年末をお過ごしくださいませ!