ショップ

ブランド

アーカイブ

2018.11.27
日本の伝統工芸【水金の文庫革】 
こんにちは!
H.P.DECO丸の内店のシロです。

先日、仕事終わりに新幹線で大阪まで行って来ました。
翌日夜帰宅の弾丸です(笑)

道頓堀に通天閣。大阪城は残念ながら都合により断念。なぜか競艇場(笑)



シロ一番の目的は岡本太郎の「太陽の塔」

急な予定だったので、内覧は予約が取れませんでしたが、大満足♪
来年予約取って今度こそ内覧行きます!

大阪万博2025開催決定しましたね!!

様々な国の文化の交流。
今から楽しみです♪
日本の技術力も今以上に知って貰えるチャンスですね。

最新のテクノロジーも素晴らしいですが、日本の伝統工芸もご紹介したいところ。

はい!
【水金の文庫革】ですよ♪

浅草の「文庫屋大関」の職人にデザインは別注で作っていただいてます。

もとは姫路の伝統工芸を浅草の職人が継承した「文庫革」

白く鞣した牛革に銅版で型押しし、筆で色付け、漆と真菰の錆びいれで、独特の風合いが施されてます。


様々な雰囲気の柄がある【水金の文庫革】
今日は和風柄を少しご紹介。






「相撲」

先日、小結の貴景勝が初優勝しましたね!
日本の国技「相撲」を盛り上げてくれると期待しています。





「日本橋」

歌川広重の東海道五十三次の浮世絵をモチーフにされています。
粋ですね!








「鶏頭柄」

鮮やかに染まったトサカ,鋭い眼光とくちばし。
伊藤若冲に代表されるように,日本美術のモチーフとしてもその美しさを讃えられてます。






「国吉猫」

浮世絵氏歌川国芳の「猫飼好五十三疋」がモチーフの、なんとも気ままな猫たち。
東海道五十三次のパロディです。





「雁」

雁は昔から武門の吉兆の鳥としてもてはやされた柄。
集団で列を成して遠方から戻り帰る様子から何処へ行っても無事戻ってくる,という意味を成す縁起のよい柄です。



他にも様々な柄がございます。

日本の伝統工芸、素敵ですよ♪
是非、お待ちしております。



シロ


***********************************************


【RECRUIT】


H.P.DECO丸の内店では、一緒に働いてくださるスタッフを募集しております。
海外のさまざまなクリエイションに囲まれながら、
独自のインテリアスタイルをお客様に提案するお仕事です。


※週5日フルタイムで勤務してくださる方募集しております。
インテリアが好きな方、発信力のある方、体力に自信がある方、

自身の可能性を存分に活かし、一緒にお仕事しませんか?

ご興味のある方は、下記までお気軽にお問合せください。

H.P.FRANCE 人事部

tel:03-6427-4481

採用担当者宛




★H.P.DECO丸の内 インスタグラムにてアイテムご紹介中!
http://instagram.com/hpdeco_marunouchi

◆通信販売ができます◆
本ブログ記事掲載の商品は通信販売が可能です。

電話、メールでお気軽にお問い合わせ下さい。

*******************************************