ショップ

ブランド

アーカイブ

2019.09.25
庭を想像しながら
Hola!

デザイナーのチャロさんが幼い頃に窓越しに見ていたお庭はどんな様子だったのでしょうか。
気になります。
我が家には母が嫁入り道具(?)に持ってきたツツジが庭全面に庭師をしてた祖父によって植われていました。
嫁ぐ時に花木を持っていくなんて、なんて粋な時代でしょうか。
話が飛びましたが、秋冬コレクションから雨のふる庭のストーリーには赤いバラの花が咲く風景です。


Top 43,000yen+tax
Pants 45,000yen+tax

くるりと折り曲げられたスタンドカラーからデコルテが見え、花柄にぴったりの女性らしさが演出されます。



もちろん伸ばして高さを出すことも。


襟が高いブラウスやジャケットを着ると少し"出来る"感が演出される気がします。
説得力が増すというか、凛として見えるというか、上手く説明できないのですが、ハンサムさが増します。
これは共通認識でしょうか?

そしてちょっとお茶目な部分は後姿に隠されています。


腰の両側にポケットが。

In Blueコレクションでご紹介していたスタンドカラーブラウスと同じパターンが使用されています。
全く異なるものに見えるので不思議。

華やかな柄ではありますが、落ち着いたトーンの色で描かれているので冬のコートの中に仕込むにはちょうど良い季節感と華やかさが演出できます。

バラの花柄を店頭で見ていると、D-dueH.P.FRANCEのお店で度々ワークショップを開催していただくお花屋さん"fleuriste petit a petit"でいただいたバラのブーケを思い出しました。



By Nanae









Instagram、Facebookも更新中。
是非フォロー下さい。



装苑OnlineにてBlog連載中です。
http://soen.tokyo/blog/imai/


メールマガジン配信ご希望の方はお名前をご記入の上、こちらよりご連絡くださいませ。