ショップ

ブランド

アーカイブ

2020.08.12
大人気のデニムシリーズ!!
Hola!

今週もやってまいりました。水曜日だよ!全員集合!Kiyoです。



デニムの特集は皆さんご覧頂いたでしょうか?
D-dueの中でも大人気のこのシリーズが明後日から発売になります!(ぱちぱち!!)
実はデニムは2016年、コレクションラインの中でいち素材として登場してから、
日本のお客様に愛され過ぎて、おねだりして毎回出てくるようになりました。
今ではスタメンの顔ですね。
D-dueのデニムはなんといっても大人の女性がエレガントに着れる魔法のような面構えが魅力。
下手するとカジュアル過ぎて中々レディーには着こなすのが難しい素材ですが、
ドレスメーカーとしてのノウハウをふんだんに盛り込み、美しく品があるコーディネートに仕上げてくれます!

そんなデニムのシリーズから今日ご紹介するのはこちら!



Dress 43,000yen+tax
Blouse 34,000yen+tax
Shoes 37,000yen+tax

これも滅多に登場しないですが、人気のジャンパースカートタイプ!
ダブルパンチですよ、奥さん。
裾のラインと襟はアシンメトリーになっていて、D-dueらしいデザイン。
中をスケッチにすれば今からがんばって着れますね!



後ろはちょっぴり長めのシルエット。やっぱり背中が綺麗に見えるのが流石のD-dueちゃん。



ポケットもダブルでついているので、ちょっとそこまでならバッグ要らず!
大きいポケットがとってもキュート。

全体的にボックス型のシルエットでちょっぴりウエストマークしているので、
デニムのジャンパースカートでも綺麗目に見えるのがおチャロマジック。


今日は珍しく小話を最後に持って来ました。
サンティアゴほど滅多に行かないので、なかなかストックがなくてご紹介できてない街、
ポンテベドラをちょっぴりレポート。



ポンテベドラはサンティアゴから南に車で小1時間(ちなみにアトリエは同じく南に30分くらい)
よりポルトガルに近い場所に位置します。
実はこの街はアルフレドが生まれ育ち、今でも住んでいる場所。(アルフレドのアトリエもここにあります)



海が近いからかヤシの木もところどころに生えていてはんとなく海の香りがします。



D-dueの二人が先生をやっている美術大学もこのポンテベドラにあります。
そのためか、学生も多く、活気もあるので、アルフレド曰くイタリアンな街。笑



古都サンティアゴと比べて道も綺麗に舗装されていて、近代的な建物も多く、
シティー感とはまた違う整った印象があります。観光地でも無いので、
本当に住みやすい街!という感じ。個人的にも住むならポンテベドラも良いなと思ってしまうくらい。
さらに南下してビーゴまで行くとちょっと都会的な感じが強くなるので、
ちょうどいい塩梅です。



まぁ、あの、なんで住みたいかってこの異常に美味しいトルティージャ(スペイン風オムレツ)が
あるからなんですけどね・・・。これが食べたくてポンテベドラに行きたいといつか言ってしまいそうなくらい。
卵50個分とかいう嘘か誠かみたいな心臓止まりそうな食べ物なわけですが。
恐らく白身をほとんど使っていないのかとっても濃厚。
(そういえば白身だけ瓶詰めにされたものもスーパーで見かけてびっくらこいた記憶も・・・。)

結局南極シーメーの話かい!(締めだけに)


ちゃんちゃん、

ちゃお!!




By Kiyo



【8月の営業時間・定休日のお知らせ】

営業時間:12:00-19:30
定休日:毎週水曜日

引き続き、新型コロナウィルスの感染拡大防止に充分配慮し、お客様とスタッフの安心安全を守るため、下記の衛生管理体制を徹底した上での営業に尽力して参ります。
ご来店の際はこちらをご確認の上、ご来店いただきますようお願い申し上げます。
お客様とスタッフの安心安全を守るための取り組み

今後もD-due H.P.FRANCEをどうぞよろしくお願いいたします。


D-due FALL WINTER 2020-2021 DENIM Collection
2020.8.14.fri START!












Instagram、Facebookも更新中。
是非フォロー下さい。



装苑OnlineにてBlog連載中です。
http://soen.tokyo/blog/imai/


メールマガジン配信ご希望の方はお名前をご記入の上、こちらよりご連絡くださいませ。