ショップ

ブランド

アーカイブ

2019.08.26
ガリシアの風をお家に
Hola!
本日はお洋服の紹介をお休みして、アンバサダーKiyoセレクトのガリシア工芸品をご紹介を。
まずはご存知の方も多いのではないでしょうか。
日本でも見かけることが多い、ガリシアの陶器ブランド「Sargadelos(サルガデロス)」の鳥のオブジェです。


Object 4,500yen+tax

つるん、まるん…とした表面感とフォルムがたまりません。
玄関などの生活スペースや仕事中のデスクなど毎日のように目にする場所においておくことで癒し効果が絶大です。
Kiyoは1羽だと寂しいと思うから2羽以上一緒にして飾ってあげたいなと言っておりました。

そして、小さめの花器が2種類。




flower vase 3,200yen+tax

ブラックの方はD-due H.P.FRANCEオープン当時にレジカウンターに大きな子がいたのを覚えてくださっている方もいるかもしれません。


内側を松の油でコーティングし、古くはワインの保存に使用されていたという陶器のミニチュア版。
"ミニチュア"と言う言葉だけでもうすでに愛らしい。
もちろんドラえもんは大好きですが、ミニドラの可愛さたるや…それと同じ感覚でしょうか。

イエローの花器は手作りが伝わるこの焼きの工程での焦げをご覧いただけます。


私は個人的にはイエローをお洋服やメイクなどで取り入れることはないのですが、インテリア雑貨やお花では良く選ぶ色です。
自然と選んでしまう色ですが、なんとなく色が持つポジティブなイメージがお家にあることが空気を明るくする気がするのです。

そんな元気印の黄色い花器はもう少し大きなものもご用意しております。


pitcher 6,200yen+tax

もちろんピッチャーとしてもご利用いただけます!
ホームパーティーの時にはワインやお水を入れてテーブルに置いておくのも素敵です。
こちらはクリーミーなイエローで、キッチュなインテリアに良く合いそうです。
"キッチュ"の捕らえ方が正しいか分からないのですが、このピッチャーを見た時に思い出したのは実家の台所の床でした。

そして、バッグも。


bag 4,500yen+tax

実際に漁業で使う網を作る職人さんが編んでいるそうです。
大漁に耐えられる網なのですから、耐久性が強いと信じています。
お家ではたまねぎや根菜など常備しておくためにかけておいても良いですし、もちろんファッションとしても楽しんでいただくのもおすすめです。
かばんの中が散らかってしまうという方、こんなに見えていたら整理整頓するしかありません。
自分の持ち歩きの荷物を見直すきっかけにいかがでしょうか?

季節が変わるとインテリアも変えたくなるタイミングです。

By Nanae









Instagram、Facebookも更新中。
是非フォロー下さい。



装苑OnlineにてBlog連載中です。
http://soen.tokyo/blog/imai/


メールマガジン配信ご希望の方はお名前をご記入の上、こちらよりご連絡くださいませ。