ショップ

ブランド

アーカイブ

2019.03.24
どうしても探してしまう2つのポイント
Hola!
D-due WHO、まだまだ紹介したいお洋服がたくさんありまる。
どれも素敵でどの子にしようか悩みましたが、決まりました。


One piece 38,000yen+tax

D-due WHOでは、2つどうしても探し出したくなるものがあります。
一つは、リボンテープです!
洋服のどこかに隠れているリボンテープ。
「この子の何処に隠れているのかな?」っと探し始めた3秒後に「あ、あった!」となりました。
正面のど真ん中にドンと存在をアピールしておりました。


テープを境目にブルーとホワイトに色が分かれています。
形だけではなく色の入れ方でもワクワクしてきます。

そしてホワイト側に手を近づけるとすっと中に入っていきました。
まるで無いかのような隠しポケットを発見です。


もう一つ無条件で探してしまうのが、たぶん皆さんも気になっているナンバリングです。
こんなところにありました。
肩の部分ですね。
囲まれたイラストは...


工具です。
これは、彫刻までもを自分たちで作ってしまうD-dueの工具なのか、あるいは建築家であるチャロの弟、ホセの道具を描いているのか、どちらなのでしょう?

ナンバリングと一緒にお袖も写っていましたね。
左袖がブルーに対して右袖は、ホワイト!


後姿にも反映してホワイトのキャンバスの左側にブルーの絵の具を加えたかのようです。


そういえば、このワンピース見覚えのある形ではないでしょうか?
今までのコレクションに何度か登場しておりますよね。
リボンを前で結ぶか後ろで結ぶかでがらりと印象が変わり、1着で2着分持っているように感じます。
とっても得した気分になります。

リボンを後ろに回すととてもスッキリとしました。
こちらもまたGoodです!


さて、恒例になり始めた柄ご紹介コーナーからは、
私はココをお見せします。
最近の中ではお気に入りです。


魚を釣った見せてくれる満面の笑みの漁師さん。
ここでも2017春夏コレクション"LIZARD"のトップスを着ています。
私も持っているトップスだからより愛おしさが増しました。

Hasta Pronto!
By Saya









D-due LAB SPRING SUMMER 2019







Instagram、Facebookも更新中。
是非フォロー下さい。


装苑OnlineにてBlog連載中です。
http://soen.tokyo/blog/imai/


メールマガジン配信ご希望の方はお名前をご記入の上、こちらよりご連絡くださいませ。