Staff Blog

アッシュ・ペー・フランスを代表するエクスクルーシヴ・ブランドのご紹介です。

SEASON THEME

Collection Automne-Hiver 2017
renaissance garden

今シーズンのJAMIN PUECH は、あなたとルネサンスの時代にタイムトリップするような
華やかなコレクションです。

ベニス好きの誰かは、このコレクションの中にサン・ザニポロの不統一な柄の大理石の柱、
重厚に茂ったグリーンの葉、
ティティアンの絵画に出てくる紫色のベロアのコートを見出すでしょう。
フィレンツェを懐かしく思う者は、ハーモニーを奏でる格子柄のモチーフを見て
トスカーナ地方の宮殿や邸宅の窓を飾る、重い鉄格子を彷彿とするかもしれません。
もしあなたがローマから戻ってきたところなら、
バルベリーニの紋章である黄金の羽の蜂たちがそこかしこでブンブンと飛び回る姿や、
熟した果実や花々で満ち溢れたヴィラ・ファルネジーナのフリーズ(柱や壁や家具に見る帯状の装飾)を見出すことでしょう。
それともスカッチャーティのブーケ、
あるいは一風変わったアルチンボルドの描く顔を彷彿とするでしょうか?

最終的に何を彷彿とするかは重要でないとしても、
このバッグたちを見てイマジネーションが快活に軽快に膨らんでいきますように。
あなたとその想像が同調して振動し、彷彿とするオブジェがかつて存在していた
その時代、その場所に、あるいはまた別のどこか。
ボボリ庭園やヴィラ・ボルゲーゼ?
あるいは別の素敵な庭園にあなたを連れて行ってくれますように。
あっ、庭園の鍵をお忘れなく!

BRAND NAME

【ロゴ】JAMIN PUECHJAMIN PUECH
ジャマン・ピュエッシュ

ITEMS

バッグ

DESIGNER PROFILE

1991年パリのバッグブランドとして設立。
毎シーズン60~70型ものオリジナリティー溢れるコレクションを発表している。

数千を超えるスパンコールやビーズ、半貴石などを用い、手作業のオートクチュール刺繍により生産されるビーズバッグ。 布地とパーツの複雑なカラーコンビネーション、職人技による刺繍の繊細な仕上がりは他に類を見ない魅力を放つ。

レザーバッグはまるで衣服を仕立てるかのようにデザインされ、手にした人に馴染むような親しみを感じさせる。
それぞれの独創的なバッグの生産には、巧みなテクニックに加えて驚くほどたくさんの工程を要し1つを仕上げるのに3週間を要することもある。

  • BACK
  • SHOP INFO