Staff Blog

アッシュ・ペー・フランスを代表するエクスクルーシヴ・ブランドのご紹介です。

SEASON THEME

COLLECTION PRINTEMPS-ETE 2018
PRIMITIVE ELEGANCE

プリミティブアート、とりわけアフリカンアートがアールデコに影響を及ぼした1920-30年代。
アーティスティックなエレガンスからインスパイアされたコレクションを通して
過去の別な場所への旅へと私たちを誘うJamin Puechの2018年夏。

ブラック、ゴールド、パウダーピンクのタッチや
ホーン、ウッド、マザーオブパールなどの素材、
そして3D効果を強調する手刺繍の技術により美しく引き立てられた
ナチュラルなトーンオントーンのアールデコデザインを追求。
PRIMITIVE ELEGANCEコレクションは、マン・レイの写真の世界、
ジャン・デュナンのラッカーを使用したハンドクラフトからインスパイア。

ユーモラスに陽気さ、賑やかさを運んでくるジョセフィン・ベーカーは
刺繍のTOTE BAGの上で身体を使いアルファベットを描く。

いたずら好きの小さなサルや、堂々とした象など
2018年夏のマスコットアニマルが、シンプルでグラフィカルなラインにアクセントをつける。

アフリカ、Les Années Folles(狂乱の時代)の美学、
そして近代のはじまりを告げたアールデコへの空想の旅を物語る。
このコレクションでJamin Puechはアートとイマジネーション、
クラフトマンシップの新しいクリエイティブなストーリーを描く。

BRAND NAME

【ロゴ】JAMIN PUECHJAMIN PUECH
ジャマン・ピュエッシュ

ITEMS

バッグ

DESIGNER PROFILE

1991年パリのバッグブランドとして設立。
毎シーズン60~70型ものオリジナリティー溢れるコレクションを発表している。

数千を超えるスパンコールやビーズ、半貴石などを用い、手作業のオートクチュール刺繍により生産されるビーズバッグ。 布地とパーツの複雑なカラーコンビネーション、職人技による刺繍の繊細な仕上がりは他に類を見ない魅力を放つ。

レザーバッグはまるで衣服を仕立てるかのようにデザインされ、手にした人に馴染むような親しみを感じさせる。
それぞれの独創的なバッグの生産には、巧みなテクニックに加えて驚くほどたくさんの工程を要し1つを仕上げるのに3週間を要することもある。

  • BACK
  • SHOP INFO