BLOG

USHIO's next big "hit"

Unknown-1.pngUnknown.png 

It was an honor for me to take these shots of our friend and artist USHIO SHINOHARA. We all know that he and his wife NORIKO are just back from Los Angeles as their documentary   " Cutie and the Boxer" was nominated for Best Documentary of the year. Though they have not won, Ushio is without a doubt on top of his shape, regardless of his 84 years old... so be sure to drop by Hankyu ( OSAKA) next month for one of his performance that i am sure will blow us all.
You can expect more than a Art representation but something along the line of a Lesson on Life. I can only wish him and Noriko many more years ahead and many more colorful pushes!!!

Respect the ART.

#初めまして

今ね、この曲を聴いています。What you won't do for love (愛のためにしないこと):

始めてのブログのエントリーについて、悩んでおりました。
なにしろやったことがないので、何について書けばいいのか分かりませんで、
友達に相談とかもしました。


カジュアルマンシップに乗っ取ろうかな。。。

カジュアルって、色んな要素が含まれた言葉です。伝統的であり、進歩的でもあります。

これは、年代別の「カジュアル」発言の頻繁度:
Use over time for: casual

だからなんだ、って思った?

ついでにこれも
tumblr_mb9bplpbiA1qbqxvdo1_500.jpg
あとこれも

tumblr_mfb5t4CZGW1qc0vl1o1_500.jpg
おまけにこれ
baby-owl-with-broken-wing.jpg

話すっていいことですね。前に見た黒沢映画で、(タイトル忘れた)二人の侍がたき火を前にして座っているシーンです。戦いの前の一息だったと思います。"お前悩み事あるんじゃない?"みたいなことを侍が言い始めました。もうひとりの侍は黙ったままです。なので、"話す事ってのは、いーんだぞ。。"って、その侍はもじもじずっと言い続けました。私はその映画は好きだったのだけれど(でも忘れた)、話すことのどこがいいんだろ?って思ってました。ですが最近分かりました。自分のことを話すのは、体の機能のうち、口だけじゃ足らないような。耳も使わないと、自分の言ってる事、聞こえてこないのかな。結局、自分は他人の体に住んでいるように考えて、いたわって、聞いてあげなきゃ、只の無視になる。他人にしゃべるというのは、自分としゃべる練習のようなものなのかな、と、今日思いました。

p.s. I will write more about NY///

うらら

Wildflowering L.A.






Wildflowering L.A.はアーティストのFritz Haeg氏によってロサンゼルス郡の至る所に、アメリカ原産のワイルドフラワーを植え付けるという素敵なプロジェクトです。

一般家庭、教会、学校、植物園、公園、空き地や郵便局など50箇所の様々な場所にて植え付けられた植物はこの3月から6月にかけて楽しむことができます。




01-WFLA-37_MG_6593-1100x600.jpg
02-WFLA-42_MG_7289-1100x600.jpg
07-WFLA-28b_MG_6725-1100x600.jpg
04-WFLA-17b_DSC06815-1100x600.jpg


今までのLAは、空き地を利用しコミュニティーガーデンとして家庭菜園などを地域ごとに行っていましたが、このWildflowering L.A.もまた自然との共存を愛するロサンゼルスらしいユニークなプロジェクトだと思います。


by Nonaka-Hill





[お知らせ]

H.P.FRANCE NY INC. のフェイスブックページ、最新情報をどんどん更新中です☆

こちらからご覧いただけます。 ---->   H.P.FRANCE NY INC. 







Are you a feminist?

feminist

あなたは自分をフェミニストだと考えたことありますか?世の中では男女別の社会的なルールにはじめて気づいたとき覚えてますか? 自分が住んでいる世界は、女性とってに公平であると思いますか?私が住んでいるアメリカでは毎日普通のようにニュースで、学校の教室で、友達の会話の中で社会での平等の権利、あるか、ないか、いろいろな例で話あったり、もめたりします。振り返って考えると、初めて自分は女の子だからちがう扱いをされた覚えは中学の時でした。おじいちゃんに"なんであんたはいつもズボンをはいて、ドレスとかスカートを着ないんだよ?女らしくない。"と言われた。彼にとってはとても単純な質問だったと思う。彼に言い返しました。"ズボンのほうが今は気に入ってるんだよ。何でそれだけで女じゃなくなるの?"彼の言葉を聴いてもっと普通の女の子の格好をしたくなくなりました。その時の反抗は私の初めてのフェミニストの行為だったかも知れません。法律では日本でもアメリカでも男女平等だけど社会からのプレッシャー、周りからの期待によって私たちは本当に平等なのか?フェミニズムに興味がありましたら、カードキャリイングフェミニストと言うアートプロジェクトについてのインタビューを読んでください。 http://www.walkingintothewind.com/archive/573 Hanna

チャイニーズニューイヤー

こんにちは、MJです。
ニューヨークのチャイナタウンに足を踏み入れると、まさに中国。
先日、チャイナタウンは、チャイニーズニューイヤー(旧暦のお正月)
で盛り上がっていました。

中国人の方のみではなく、白人の方も参加しているのが印象的。
IMG_0565.JPG

獅子舞
IMG_0566.JPG

お店の前で首を振ってパフォーマンスをして回ります。
IMG_0567.JPG

IMG_0562.JPG

爆竹の後
IMG_0564.JPG

ニューヨークでは年間を通して、様々なイベントが行われています。

緑色の服を着るアイリッシュのお祭り「セント・パトリックス・デー」

「ゲイパレード」「ブラジリアン・デイ・パレード」など。

人種の坩堝と表現されるニューヨークならではの、様々な文化に触れる

興味深いイベントが盛りだくさんです。


オマケ
IMG_0572.JPG

アロエが満開の季節です



といってもNYではなくてロサンゼルスの話になりますが...。

ぼくの住んでいるロサンゼルスでは、我家の庭も含め街のいたるところでアロエの開花がすごいことになっています。そしてその大きさ、種類も日本とは比べ物にならないほどのバリエーションがあります。

そういうわけでロサンゼルスより車で25分ほど東に走らせたところに位置するハンティントンライブラリーの植物園に行ってきました。そして圧倒されました。




DSCF9506.jpg

DSCF9481.jpg


植物たちはどうやって開花時期を見極め、そのサイクルを知ったんだろう。
毎年ちゃんと花を咲かせることを知っているし、樹木に至っては寿命がないのもあるとかないとか。。ものすごい生命力だなと感心します。


ロサンゼルスへお越しの際はハンティントンライブラリーはオススメです!
まだまだアロエは満開です!

by Nonaka-Hill




[お知らせ]

H.P.FRANCE NY INC. がフェイスブックを始めました。
最新情報をどんどん更新中です☆

こちらからご覧いただけます。 ---->   H.P.FRANCE NY INC. 






Street Art in New York

photo.JPGxNew York once again under snow storm but who said that snow could not be used as a mean for creation. 
Well someone for sure decided to not only clear up the side walk but taking the opportunity to leave a sculpture of snow; interesting way to clean up wouldn't you say?

Enjoy....

America

こんにちは、NY INCの山谷です。
NYは先週マイナス13℃位まで気温が下がりました。
本当に寒かったです。

12年振りにワシントンD.C.へ行きました。アメリカを象徴している町だとつくづく思いました。

shuhei_blog04.JPG

ワシントンD.C.の地下鉄に始めて乗りましたが、これは防空壕です。


shuhei_blog02.JPG
shuhei_blog03.JPG

駅の構内にあるH&Mは珍しいです。
shuhei_blog01.JPG




どうしてI love New York?

Hanna - The Learning Community
こんにちは、Hannaです。私はニューヨークで育ちました。この写真は一年生ぐらいの時に撮られたクラスフォト。New York City と言うところはアメリカでもとても特別な町です。ニューヨークにはいろいろな国から来た人が多いのでどこに行っても自分とちがう顔をした人、自分とちがう言葉をしゃべる人に出会います。たぶん地下鉄の一列車の中に座って、立ってる人たちのちがいを全部見てみたら、世界中の国を代表がいるだろう。アメリカにあるほかの都会でもいろんな人種,いろんな国から来た人はいるが、New York Cityではみんなとても小さい範囲ですんで、暮らしている。これを毎日のことにすると、自分のアパートのビルの中にはいろんな人が住んでいる。ビルの廊下を歩いていると自分がわからない言葉がほかの人のドアの向こうから聞こえる。わからないけどおいしいスパイスした料理のにおいもどこかから来てる。コンビニで働いている人、バスの運転手、オフィスの同僚、子供の同級生、どこ見ても自分とちがう顔、言葉、宗教、考え方の人たちがいます。それが普通です。こんなところで育って、住むと自分の経験とちがう物・人・考えが怖くないし、反対にもっと知りたい。New York Cityの魅力はみんなのちがい・ユニークなところをみとめてくれると言うことです。I love New York.

The artist Adela Leibowitz to have art featured in Abraxas Journal issue #5

As Adela Leibowitz represented by HPGRP Gallery in New York will be featured on the edition 5 of the FULGUR publication which we are very excited for her. For that occasion HPNY has done a photo shot to get her portrait; that photo will be uploaded on their website soon ( see their website link following: http://fulgur.co.uk ).
But for now you can enjoy a quick look at the photo ;)
Adela5.jpg
_Z3D0134.jpg

ファッションウィーク

こんにちは。MJです。
ニューヨークは今ファッションウィーク。街にはモデルさんが沢山。華やかな雰囲気です。
ブラジルのブランド、「OSKLEN」のランウェイショーに行ってきました。
fashionweek001.jpg


待合室。来ている人たちのファッションを見ているだけでも楽しいです。
fashionweek002.jpg

春夏なので、カラフル。
fashionweek003.jpg



何とも言えない、華やかな雰囲気でした。
OSKLENは表参道ヒルズと玉川高島屋にお店があります。
ぜひチェックしてみてください〜♪
http://osklen.com/

Fire Island

こんにちは、MJです。
今日はマンハッタンから電車とフェリーで行く島、ファイヤーアイランドを紹介します。
マンハッタンのPenn Stationから電車を乗り継ぎ、Sayvilleの船乗り場へ。
8.5ny077001.jpg

行き先が2カ所ありましたが、今回は、Pinesへ行ってみました。
フェリーにて約20分くらいでしょうか。船着き場には素敵な建物。
中には、ジムがありました。
8.5ny4021.jpg

あいにくの雨にも関わらず、沢山の人。
8.5ny004.jpg

ランチの場所はあまりチョイスがありません。
8.5ny005.jpg

雨が止んで来たので、ビーチへ向かうことに。
ウッドデッキが続き、両脇には別荘がたくさん。
8.5ny012.jpg

ビーチが見えてきました!
8.5ny011.jpg

素敵な階段を降りると、そこは美しい砂浜!
8.5ny028.jpg

人も少なくて、落ち着いた大人の為の海、という感じ。
レストランなどの施設が少ないからかも!
8.5ny0609.jpg

横たわる女の人を作ったら、通りがかったお兄さん達が、
胸に貝をのせてくれました 笑
8.5ny007.jpg

ビーチの脇には別荘がたくさん。夏の間に別荘を借りて、週末に滞在する
のがこの島の楽しみ方とのこと。
R1030134.jpg

大満足のFire Island。次は別のビーチに行ってみたいと思う素敵な島です。
8.5ny016.jpg
8.5ny09733.jpg

マンハッタンからパッケージチケットで32ドルの小旅行。
とってもオススメです!


スタテンアイランドとサウス・ストリート・シーポート

こんにちは。MJです。
先日スタテンアイランドに行ってみました。
スタテンアイランドには、マンハッタンからフェリーでアクセスします。所要時間30分。
7.8066.jpg

料金はなんと無料。
スタテンアイランドから、マンハッタンに通勤している人も多いそう。
フェリー通勤なんて、素敵すぎる。

ニューヨークといえば自由の女神なのに、来て7ヶ月、近くで見た事がなかったのですが、ついに見れました!
7.8088.jpg
ちょっと遠い。
けれど、観光名所にあまり興味が無いので、十分満足。思ったより小さかった。

R102999602.jpg
気球が飛んでいる。

7.8099.jpg
ボートが沢山いました。気持ち良さそう。天気も抜群です。

ついでなので、フェリー乗り場から歩いて、サウス・ストリート・シーポートに行ってみました。
サンディの影響でしばらく閉鎖していたとのことですが、お店が沢山オープンして賑やかでした。
7.811400.jpg

ショッピングモール。
7.813.jpg

フードコート。
7.89912.jpg

ショッピングモールの2階から見えた、大好きなブルックリンブリッジ。
7.81001.jpg

川沿いにビアガーデンも。
seaport.JPG

晴れた日にオススメのツアーコースです。
ぜひニューヨークにお越しの際は行ってみてください♪




ニューヨーク郊外の街

ニューヨークよりMJです。

ニューヨークといえば高層ビルの立ち並ぶ大都会を想像しますが、
そんなマンハッタンの郊外にも、素敵な場所があります〜。
今回は、そんな場所のひとつ、New Hope(ニューホープ)と
Lambertville(ランバートビル)いう街についてお伝えします。
マンハッタンから約120km、ペンシルバニア州とニュージャージー州の境目にあります。
1.jpg

















なんといっても、雄大なデラウエア川が見所。
この川を挟んで、ペンシルバニア州のNew Hopeとニュージャージー州の
Lambertvilleに分かれています。なので、どちらの街にも橋を渡って行けます。

なにやら、人が沢山集まっている。。
2.jpg

















偶然にも、この日は同性愛者の方のお祭りが開催されていました〜
5.jpg

















パレードにはワンちゃんも参加。同性愛のシンボルカラー、レインボーを身につけています。
10.jpg
















かき氷屋台発見。
すごい数のシロップ、、自由にかけ放題。
NH1.JPG


街を散策。
NY4.JPG


アンテークショップがたくさん!
NY3.JPG

廃線になった線路の跡地も。
NH7.JPG

こんな素敵な川も!レンタサイクルで散策もできます〜
街で貰ったマップに「アルパカ牧場」なる場所を発見。
向かっった先には、、
NY8.JPG


ワラワラ。毛が刈りたての、スリムアルパカたち。
NY10.JPG


ブログに載せると伝えたら、ポーズも決めてくれました。
NY9.JPG


アルパカの毛がフサフサになった頃、ぜひまた行きたい。
36.jpg


















New Hope、Lambertville行き方。
マンハッタン、ポートオーソリティバスターミナルより、NJトランジットバスに乗り、
Lambertville駅で下車。約2時間で到着。ニューヨークにお越しの際にオススメの日帰り旅行です。

Dr. Martin Luther King Jr. Day

Hello, it's Ionut!

ハロー。ヤヌートです!


Dr. King.png

Today the New York office was on holiday. Marking a national civil rights hero, today is Dr. Martin Luther King Jr. Day. It was also the inauguration ceremony of President Obama's second term as president. As an American citizen, this is an historic day!


"Freedom Ride" at Brooklyn Academy of Music (BAM)

Freedom Ride, Artwork.JPG

Although I only became an American citizen 10 years ago or soー for me, Dr. Martin Luther King Jr. Day is a day to fee incredibly indebted to the radical work of Dr. King and all those people involved in the civil rights movement of the 1950-60s. 


But also, it is a day to reflect upon all the contradictions corresponding with United States citizenry. It is a day to understand two contradicting realities: an African American has been elected to his second term as president, but African Americans as a minority class are still one of the poorest and one of the most discriminated against in this Union. 


Inauguration.jpg


The United Statesー and especially New York Cityー is one of the most diverse and multicultural places in the entire world. As citizenry, this is our greatest attribute, our greatest strength. Accepting the multitude of each other's difference is what makes us Americans most.


Capitol.jpg


Happy MLK Day!


ヤヌート

Ionut

Chairlift at Glasslands, Hurricane Sandy Benefit

ハーロ。ヤヌートです。

Hello, it's Ionut.


月曜日にブルックリンのウィルアムズバーグで「Chairlift」というインディーズのバンドがハリケーン・サンデイベネフィットの為にライブを行いました。今月にこのようなベネフィットのイベントが多くて、すべてのニューヨーカは救援物資の為に手伝っています。


On Monday night, I made my way to Williamsburg for a Hurricane Sandy benefit show at Glasslands by Chairlift. This month, these sort of benefit shows are abundant across the city as everyone tries to assist the hurricane relief effort in whatever small way they can.


Chairlift at Glasslands.jpg

ChairliftはIPOPな感じでとても好きなニューヨークのバンドです。彼らは2012年に「Something」という新作をリリースし、秋に初めて来日もしました。その時、僕も偶然に日本にいて、渋谷にライブを観に行って、面白かったです。アメリカで5回以上もう観たことがありまが、日本でライブを、何となく違う感じでした。


Chairlift is one of my favorite New York based indie pop bands. Upon their new release of Something this year, the band toured Japan for the first time during fall. I was actually coincidentally in Tokyo at that time for roomsLINK, so I was about to catch a show of theirs one night in Shibuya. Despite seeing the them more than five times or so in the States, seeing them perform abroad felt for whatever reason quite different. 


Chairlift Something Album.jpg


来日する前に、新曲「I Belong In Your Arms」の日本語バージョンを作って、YouTubeでリリースしましました。外国人はこんな自然に日本語で歌ったら、凄いです!オリジナルより日本語バージョンの方が好きかもしれません!渋谷で観た時に日本語バージョンを歌って、やばかったです!下記のリンクでビデオを是非聞いてぐださい。


Leading up to their Japan tour, Chairlift actually recorded and released a Japanese version of their single I Belong In Your Arms. For a Westerner to sing so naturally (or at all!) in Japanese is kind of amazing. I actually even prefer than Japanese version over the English. Check out the link to the YouTube video below!


Chairlift - "I Belong In Your Arms" 

http://www.youtube.com/watch?v=6RRc0T3l1Co


Chairlift Video Still.png


ウィルアムズバーグという地区はアメリカのインディーズロックが生まれた場所なので、ヒップスターカルチャーとして、やっはり一番大事なことをいつも感じています。ブルックリンカルチャーを発達する為に本当に大事だったと思います。Chairliftと同じように、音楽のベースで新しいファッションとアート、クリエーティブライフスタイルが生まれると思います。


大きい自然災害があった時に音楽、ファッション、アート、カルチャーから事態を正常に戻します。


It may be because I like music a lot, but I always feel that the music is the strongest initiator for new creative cultures scenesー especially concerning Williamsburg. And especially after  natural disasters, music/fashion/art/culture might be the best way to return things back to whatever new normal. 


ヤヌート

Ionut


Last Week

こんにちは!ニューヨーク事務所のヤヌートです。久しぶりにブルグを書きます!


Greetings! It's Ionut from New York, Inc. 

I haven't actually updated the blog in a long time, so here it goes!


先週は結構面白かったです。ます、場と間のヤマジさんがニューヨークインクに入りました。一年間にニューヨークにいる予定で、凄いです!ニューヨークで色々な場所を紹介するのを楽しみにしています。次、色々なことを手伝ってくれる為に上野さんもニューヨークに来ました。こちらにいる時は本当に元気が出る時間です。


Last week was quite exciting for our office. Yamaji-san of BAtoMA finally joined our New York crew. Her  residency will actually be for an entire year, so everyone is looking forward to showing her all the great things around the city.


Ueno-san also arrived in town to help out for a couple weeks. Everything is always so much animated when he's around town. When the Japan staff visits New York, it's my absolute favorite time. 


Art Medley.JPG


面白いイベントがありました。ブルックリンのダンボ地区に行って、ウシオ・シノハラというアーティストのボクシングパフォーマンスを観ました。パフォーマンスのビデオを何回でも観ましたが、スタジオで目の前は、全然違いました。本当に凄かったです。


On Thursday, the office visited Dumbo to see the artist Ushio Shinohara. His works are currently on exhibition at MoMA, so it was an extra pleasure to see his boxing performance. I've seen it many times online, but the experience in person was entirely different. I was amazed. 


End of the Year Party.png


それで、金曜日にうちのスタフの皆さんで忘年会をお祝いしました。ベジタリアンのお寿司を沢山食べて、幸せでした。パーティーの最後にスプライズで村松社長の誕生日もお祝いしました。楽しかったです!


On Friday, we also celebrated our office end of the year party-- as well as an early birthday for Muramatsu-shacho. I ate my body weight in sushi, so it was pretty much the best way to end such a crazy week!


Ionut

ヤヌート




STERN TEMPTATIONS: COMIC-CON 2012

Role reversal is customary at any comic book convention, The regular guests of comic-con use familiar characteristics drawn from popular culture in an attempt at both exhibitionism and escapism.  Theatricality is sublime to the socially deprived and entertainment dictates the desires of such malleable personalities. For one weekend these individuals take a long walk indoors, together, enlivened by narrative responses to aesthetic.

fury and isolation

genuine lifestyle choices



















541162_4004669239385_519012999_n.jpeg




POST SCRIPTUM TO ALL HPF EMPLOYEE

photo.JPG
So here it is....Did not want to leave without saying a little something to all of you who have been part of my life throughout the years; or as we say in french: "tirer sa révérence".
I always believed and still do in a quote from Don Julio Madera and i wanted to share it with you; 

"LO DIFICIL CUESTA UM POCO E LO IMPOSIBLE UM POCO MAS" [ the difficult takes some work, the impossible takes a little more ].

i hate goodbyes so i will say.... See you later :)

Sincerely yours.

João.

SILENT by Damir Doma pop up store

The second line of Damir Doma is blooming in New York with a spectacular Pop up store on Howard Street, near the famous Opening Ceremony store. 
The store will be displaying the new collection of SILENT with hand painted stripes on the clothes, textured cottons and linens to complete the well-known layered silhouette of Damir.
If you are in town or near by go check it out; it is well worth your time (and will end on May 5th).

Located at 22D HOWARD STREET.

Doma2.jpg

NEW CITY GUIDE MAP


Meat_Market_cover1.jpg
Chelsea_cover.jpg
The new area map covering Meat Market and Chelsea has arrived, so if you are planning a trip to New York in the near future don't forget to grab a couple of them to help you stroll around the "hood".

ABSOLUT RIO by Oskar Metsavaht


absolut_rio1.jpg
You probably have already seen the beautiful bottles of ABSOLUT SAN FRANCISCO, ABSOLUT LOS ANGELES, BROOKLYN etc... Well RIO DE JANEIRO has not been forgotten. Oskar designer of the brand OSKLEN was honored to be the one to design and be part of the conception of the ABSOLUT RIO. The liquor is composed of a mix of three fruits ( Orange, Mango and Passion Fruits). Quite sweet to my taste but nevertheless a beautiful bottle with the vision of the two brothers mountains on a sunset that one can only see in the city "Maravilhosa" ( wonderful). HP staff as well as SAFARI staff were lucky enough to be invited to the launch party and it is with great pleasure that we share this video with all of you ( Video that Oskar made for the occasion and was projected to a shower of water droplets above the Lagoa). Hope you will enjoy!!!
[Click on the link below to view the vidéo]

Holidays in New York

 

イルミネーションやディスプレイが日本よりも更にゴージャスなここNYで

一際人目をひいていたのがBergdorf Goodmanのウィンドウ。

 

ハイブランドのお洋服・ジュエリーと(本物!?)剥製という大胆な取り合わせで

道行く人の注目を集めていました。

 

IMGP6018.jpg

 

IMGP6020.jpg

 

IMGP6022.jpg

 

IMGP6024.jpg

 

IMGP6026.jpg

 

 

続いて色々なクリスマスツリー。

日本とは違い、クリスマスを過ぎても街中にはいたるところにクリスマスツリーが

いまだに飾られて飾られていて年内はホリデー気分が続いていました。

 

@ブライアントパーク

DSC_0781.jpg

 @ブルックリンのビール工場、BLOOKLYN BREWERY

DSCN6068.jpg

 

@DEAN&DELUCA

DSCN5992.jpg

 

よく見ると可愛くないサンタクロースのケーキ 笑

DSC_0372.jpg

 

そして、教会。

DSC_0990.jpg

 

そんなこんなで初めてのクリスマスをNYで過ごしたわけですが、

この日のディナーは連日の洋食&外食に疲れてしまい、

おうちでコリアンというなんともおかしなクリスマスディナーでした 笑

 

 

☺☺i

 

Getting ready for X'mas in NY !!

 

それは先日11/30のこと。

朝からニュースを騒がせていたのは日本でもこの時期になると見かける

ロックフェラーセンターのクリスマスツリー点灯式。

 

今年はオバマ大統領が来るとかでとにかくTVでも大騒ぎ。

オフィスの皆さんに若干笑われながら、でもせっかくなので、仕事を終えていってきました。

The おのぼりさん★

 

 

まだまだ遠いはずなのに道路は既にこんな状態・・・

まるで隅田川の花火大会じゃないかと思ってしまう私はやっぱり日本人だなと変なところで再認識。

 

1130.jpg 1130 (3).jpg

警察もかなりの人数が配置されていて、

「とにかく歩いてー!そこ止まらない!」と怒鳴りっぱなし。

でも誰も言うことなんて聞きません。

 

 

そしてようやくたどり着いたと思ったのが、

というよりここより先には進めませんでした・・・@サックスフィフスアベニュー前

 

 

 

えっと。。。

もしや、点灯してない??

1130 (4).jpg

 

 

もうちょっとアップで見てみましょう。

隣の人に思わず「これがみんなが見たがってるツリーで合ってる?」なんて聞いちゃいました。

 

1130 (5).jpg

 

 

 

やっぱりーーーー! がーん・・・未点灯。

後で聞いたところによるとどうやらオバマ大統領のみならず、

ジャスティン・ビーバーがマライア・キャリーと歌う『恋人たちのクリスマス』ビデオが

初公開されるなどイベントが盛りだくさんだったそう。

そして点灯式のクライマックスにようやく点灯するというシステム(?)らしい。

 

 

 

すっかり人混みに圧倒され、しかも点灯していないツリーしか見れずこの日は退散。

後日、日曜日に無事拝むことができました↓

rockfellar.jpg

 

rockfellar (3).jpg

 

rockfellar (4).jpg

 

街がだんだんとクリスマスムードになってきました。

次回はファッションPRに携わるものらしく(?)

クリスマスのウィンドウをご紹介したいと思います。

 

 

☺☺i

NY的週末の過ごし方


NYに来る前に「あっちは相当寒いから覚悟してね」とみんなから言われ、
そのつもりでゆたんぽやら、カイロやら大量に日本から持ってきたのですが
実際そんなに寒くもなく...なんて言ってたらNYスタッフのJoaoさんや周平さんに
「本当の冬(-20℃)がきたらきっと泣くよ」と言われてびびっております。


そんなこと聞いたら残り少ない晴れの日を楽しむっきゃない!!
というわけで先週末ようやく憧れの(笑)セントラルパークに行ってきました。

お天気はPerfectなぽかぽかの秋晴れ。
そう、まさにAutumn in New York☆

IMGP5856.jpg

IMGP5857.jpg


 



映画の中のようなワンシーン。
写真が下手なのが悔やまれますが...


みんな思い思いの休日を過ごしています。
本当に思い思い...


キャッチボールをしたり。

IMGP5860.jpg


結婚の撮影をしたり(これ結構多いみたいで他に何組も)

IMGP5861.jpg


ジョークを売ったり(若干迷惑)

IMGP5862.jpg



ラグビーをしたり(こういうの好き♡)

IMGP5866.jpg



大人ピクニック。

IMGP5868.jpg


寂しいんじゃなくてあえての!!
一人で優雅に読書をしたり。

IMGP5871.jpg



馬車に乗ったり。

IMGP5874.jpg


しまいにはスケートリンクも登場。

IMGP5876.jpg


もともと「趣味はキャンプ」なアウトドア派の私にとって
セントラルパークはまさに理想そのもの。

ワインとランチバスケットを持ってピクニックしたい...♡
こんな感じ↓

画像 220.jpg


日本のように四季があるNY。
極寒の冬もきっと楽しい週末の過ごし方があるに違いないと信じて
今日もSurviveしていこうと思います。

ではまた!


☺☺i

Thanksgiving Day & Black Friday


11/24(木)は、Thanksgiving Day (感謝祭)

日本ではなじみがありませんが、多様社会のアメリカでは数少ない全米祝祭日
(National Holiday)で、家族や友人が集まる大切な家族行事の一つです。


私も初めてNYでこの日をむかえたので友人たちとホームパーティー。
残念ながらターキーは手に入らなかったのでロティサリーチキンで代用。
私なりのアメリカンな家庭料理...笑


IMGP5840.jpgのサムネール画像

この日は世界一の商業都市NYも、ほとんどのお店がお休みもしくは早々と閉め
町中がしーんと静まり返っていました...


が、ここはアメリカだなぁと感じたのが翌日11/25(金)のBlack Friday
それまでこの単語を聞いたことすらなかったのですが、
Thanksgivingが近づくにつれてCMなどでも耳にすることが多くなったきたこの単語。

感謝祭翌日の金曜日に行う大規模なセールで小売店の収支が黒字になることから
感謝祭の翌日を「Black Friday」と呼ぶのだそう。
中には25日AM 0時からセールを開始したり、年々そのサバイバルがヒートアップし、
24日の夜中にNYを出て郊外のアウトレットへ行くかなりのアクティブ派も。

というわけでせっかくなので私も初参戦。

わかりづらいのですが、AM 8:00前というのに町中に人・人・人!!

DSCN5862.jpg


こんな風に行列が出来る店も少なくありません。

DSCN5870.jpg

去年に比べ10%増の買い物客の増加が予想された2011年のBlack Friday

実際はどうだったのでしょうか??


そして、感謝祭が終わると一気にクリスマスモードへ。

クリスマスソングを耳にすることが増えました。

年間の2/3の売り上げをこの年末商戦で稼ぐというアメリカ。

うーん、ますます買物熱がヒートアップしそうな予感...☆

DSCN5863.jpg

では、また!

☺☺i

Hello!! New York


ニューヨークからこんにちは。


はじめまして、PR01.の大井です。

いま私は11/15よりNYのオフィスに勤務しています。


ほぼ初めて(というのも前に来たのは高校生の時でしかも三日間のみ...)なので、
「見たこと」「聞いたこと」「食べたもの」「感じたこと」などを中心に
私の感じた 「New York Now」 お伝えしていきたいと思っています。


NYオフィスのあるのチェルシー周辺は話題のハイライン(後ほどレポートします!!)
の真下に位置するファッション的にも、アート的にもとても贅沢なエリアです。
辺りはおしゃれなギャラリーや、少しいくとミートパッキングエリアなど見所満載なので
方向音痴な私にはまだまだ探索が必要なようです・・・


316659_165436180219271_100002586699244_285963_555307073_n.jpg


よろしくお願いします♡♡♡


☺☺i

群衆

こんにちは、NY INCの山谷です。
NYは寒くなって来ました。

日本でもNewsになっていると思いますが、NY Wall Streetでプロテスタントが集まっています。

IMG_2091.JPG


アメリカ経済は深刻です。


IMG_2094.JPG

プロテスタントによる経営者と雇用者の各国平均収入比

銀行にはお金が集まるシステムはできていますが、、、。

IMG_2079.JPG


ただ物価は高すぎます。

IMG_2071.jpg

今回の群衆の集まり方は発作的ではなく、ジワジワと人が集まるところが今のアメリカ経済の失望を感じさせます。

システムを作った人は優秀ですが下まで届いていません。


レゲエの世界へようこそ


こんにちは、NY事務所のKenです。

NYには様々な音楽の歴史と文化ががある中、今日は幼いころから聞いているレゲエについて。NYはアメリカで一番ジャマイカ人の人口が昔から多いことから、レゲエは世界でもトップランキングに入るほどのクオリティーです。そんなレゲエ・シーンが熱いNYに世界中のサウンドクルー(DJグループ)が「ダブ」(Dubplate)を作りにやってきます。Dubplateを作り、自分達のお客さんへ向けて発信するのが生きがいの人達が大勢いるものです。


ダブとは↓↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88


多くのレゲエ・アーティストやサウンドクルーを知る中、誰よりもレゲエを愛し、生きがいにしているサウンドマンに出会い、彼と出会ってから僕の人生観も変わった気がします。「Deadly Dragon Sound System」ことDeadly Dragonを紹介します。

メンバー:Scratch FamousJDMr.KQueen Majesty4名。各それぞれパフォーマンスが違い、独自のキャラクターを持ち、Deadlyを知れば知るほど癖になります。

基本的に僕は「レゲエのプロフェッサー達」と呼んでいます。知らない曲を次から次へと・・・、レゲエの奥深さを彼らを通じて本当に知りました。皆さんのレゲエのイメージは何でしょう?レゲエは60年代から始まりますが、特に60年代~70年代が一番好きで、お勧めの時代です。

 

 

DeadlyDragonGroupPhoto.jpg

 

2005年にChinatownにレコード屋をオープン。設立者のScratch FamousことJeremyはジャマイカへ頻繁にレコードの買い付けに行き、現在では約150,000枚以上のレコードが店につまっています。アメリカのレゲエ店の中でもNO.1。オンラインショップでも世界中のコレクターへ販売しています。($5~数百ドルのビンテージ物まで)要チェック!


お店 ↓↓

DeadlyDragonSound.jpg



Scratch Famous ↓↓

DSC3486.jpg


  

JD ↓↓

DSC3487.jpg

 

Queen Majesty ↓↓

Queen Majesty.jpg

 

 

MR.K ↓↓

Mr.K.jpg

 

 

 

現在Jeremyのお勧めレコードを一枚紹介!

アーティスト:DANNY COXSON

曲名:MASS OUT

値段:$6.00

ウェブ:http://www.deadlydragonsound.com/v3_records_info.php?id=24754


24754a.jpg

Youtube: http://youtu.be/LeM1x58IBkI

 


 

チャイナタウンにて毎週木曜日に彼らのパフォーマンスが見れます!

毎回スペシャルゲストが参加するこのイベントは、

彼らのFacebookのページにてイベント前にお知らせがあります。

 

場所:Happy Ending

住所:302 Broome Street (New York, NY)

時間:10PM~4AM

入場料:FREE


DDSDTR.jpeg

 

 

昨夜(8/25/11)にて、i-phoneで取った動画↓↓

http://youtu.be/ztXQCSmdjlw

 

 

 

 

 

 



ウェブ:http://deadlydragonsound.com/

ブログ:http://deadlydragonsounds.blogspot.com/

Facebookhttps://www.facebook.com/pages/Deadly-Dragon-Sound-System/80795465390




Ken 

続きを読む »

写真が面白い


こんにちは、NYオフィスの山谷です。

NYからサクッと生活に必要な「アート」を発信します。

 

一回目なので身近なものを紹介します

 

Robert Frank

 "The Lines of My Hand"

 

image1.JPG

 

写真に興味を持つきっかけとなった一冊です

これを片手に90'sの初めにNYへやってきました

 

 

image2.JPG 

 

「こうやって人は物語を創るんだ」と感じた作品です

 

 

image3.JPG

 

今でも古さは感じさせないし、自分にとって必要な「アート」です

 

 

あともう一冊

 

Donald Lokuta

"In Plato's Cave"

 

image4.JPG

 

うちで制作した写真集ですが良くできています

 

image5.JPG

 

シリーズのコンセプトはプラトンの洞窟の比喩からきていますが

世の中違った視点で見えてくるかもしれません

この作品も生きるためのヒントを与えてくれる様な作品です

 

image6.JPG

 

今年の4月に出版とあわせてオリジナルの作品展示も行いましたが、いまだに本や作品に関する問い合わせが来ています。

 

興味がある方は気軽にお問い合わせ下さい shuhei_yamatani@hpgrp.com 

ニューヨークよりブログデビュー!

みなさん、はじめまして!

H.P.F,ニューヨークの情報をNYスタッフよりどんどんお届けして行きたいと思います。
これから、よろしくお願いいたします!

 第一回目はニューヨークスタッフの中でも一番若くて元気のある、バイイング及び輸出を主に担当しているKenからスタート。
H.P.F,ニューヨークでは、米国のコンテンポラリー・ファッション・ブランドを中心にリサーチ、ブランド発掘や買い付け(バイヤーのアテンド)を行い、日本のクライアントへお届けしています。
言わば、バイイング・コーディネーターとしてリエゾン業務を担当しています。

まずはファッションの事よりも、自己紹介として僕のライフスタイルについて。NYは今年で6年目になり、ハワイで生まれ育ち、幼いころからサーフィンに熱中し、ニューヨークでも夏の間に毎週末サーフィンにいっています。一番のお気に入りスポットはマンハッタンからさらに東の方へ向かった場所にある、「Montauk」(モントーク)。ここではハワイとは違った綺麗な景色が広がっています。 海には殆ど誰もいなくてビーチと波を独り占め!


Montauk_1.JPG


海の水も透き通っていて、綺麗だが、ビーチの後を振り向くと↓↓

Montauk_2.JPG


モントークからマンハッタンへの帰り道(ドライブ3時間程)。絶景↓↓

Montauk_3.JPG

はじめはニューヨークでサーフィンが出来ると思っていませんでしたが、実際にニューヨークにもサーファーが多く、ハワイ、カリフォルニア、メキシコとはまた 違ったなんともいえない良さがあります!(服装、人種、雰囲気)個性的な人達に出会ういいきっかけにもなり、ニューヨークの魅力にますますハマっていま す。

次回はニューヨークのサーフシーン以外にも僕が好むお勧めの音楽、ファッションやアートに関してお届けしたいと思います。

Ken
PROFILE

【写真:NYSTAFF】
H.P.FRANCE NY STAFF

HP FRANCE NY Inc (HPF) was established in the year 2000 in New York. Our office is culturally linked with Tokyo and Paris through Fashion, Interior and Art businesses. Operating an Art Gallery in Chelsea, we also focus on other fields such as PR Consulting, Buying Agent, Research, and more…