BLOG

ぶち木工


こんにちは手嶌です。

今回はLOVE LETTER H.P.FRANCEで大人気のペンの作り手
BUCHI MOKKOUの西村さんのアトリエにお邪魔してきました。

西村さんのアトリエのある横浜の黄金町という街は、
元売買春の地域として知られていて、
「アートによるまちの再生」を目指し、
アーティスト・イン・レジデンスが小規模の空き店舗や高架下などに街の至る所に存在し、
アーティスト・建築家など様々なクリエイターが制作活動に取組んでいる場所です。

ハツネウィングという名の2畳半程度の空き店舗を利用したアトリエの前で西村さんがにっこりと迎えてくれました。
何とも人の良さそうな方。
奥の壁に貼られた『ぶち木工』の張り紙がこれまた哀愁深い。

IMG_1361.jpg

アトリエ内には所狭しと木工道具がおかれてあり一つ一つ丁寧に教えてくれました。

IMG_1348.jpg
IMG_1350.jpg
これはトレーを作る機械。

IMG_1352.jpg
これはコップの作り方を説明してくれてます。

IMG_1356.jpg
家具の足を制作してくれとのご依頼でのサンプル。

IMG_1357.jpg
コチラは制作で余った廃材で作った棚。
余った素材は何でもモノにしてしまうとの事。
素晴らしい。

IMG_1358.jpg
西村さんは子供たちとワークショップなども開いており、コチラは子供たちと廃材で作った顔オブジェ。
西村さんのワークショップ情報はコチラで Gift your time

西村さん木の事が本当に大好きなんだなと感じました。
そんな西村さんが一本一本大切に制作したぶち木工のペン
自分用にもギフトにもいかがでしょうか?
握りやすさ、書きやすさも抜群です!

写真 2013-02-11 12 54 40.jpg
¥3360

2月中旬新作入荷予定

--------------------------------------------------------------
LOVE LETTER H.P.FRANCE
120-0026 東京都足立区千住旭町42-2 ルミネ北千住店1F
TEL: 03-3870-2811
OPEN: 10:00~20:30
--------------------------------------------------------------

暮らすひと暮らすところ


こんにちはTです。

コチラではLOVE LETTER H.P.FRANCEで取り扱いの、日本の作家さんの作品についてお届けします。
他にはない珍しい商品を取り揃え、人と人とのつながりを大切に考えて、モノとその先にある作り手の想いがお客様に出会うきっかけを提供しているLOVE LETTER  H.P.FRANCE。

今回はデザイナー戸田祐希利さん(暮らすひと暮らすところ)が作るブローチ「one to one」をご紹介します。

fぎうえrgふぃうぇふい.jpegのサムネール画像


形がひとつひとつ違う石のそれぞれの輪郭をトレースしたこのブローチは自然が作りだした「世界でひとつだけ」の形。
美しくてひとつひとつ違う着色の模様は真鍮着色という伝統工芸、この技術は伝統的なお寺の道具を作る工程の一つで、真鍮着色は 「同じ模様は二度と出ない」特別な色。

ひとつひとつ違う石の形と、ひとつひとつ違う着色 の模様がひとつの形になったブローチ「one to one」。

dsちゅいQFG.jpeg


『プロダクトを発表して販売店で取り扱ってもらうだけではなく、販売する人や場所を訪れたいと思っています。そこで感じた使ってもらう人からのメッセージを作 り手へしっかりと伝えていくことで、職人と使ってもらう人との距離を縮めて行きたいです。人や場所を訪れること は、僕にとって大切な事のひとつです』

と語っている戸田さんが先日、はるばる職人さんとLOVE LETTER H.P.FRANCEにお越しくださいました。

写真s 3.jpg


『オ リジナルプロダクトの製作は、僕自身が手を動かして作るというわけではありません。そのかわり、活動を通じて知った様々な職人の技術をどう伝えようかとい うことを日々考えています。専門の職人の仕上げられるものの中には、 素晴らしい技術が、世間にあまりに知られないまま、受け継がれているものがたくさんあることを知りました。きっと、まだ世間に知られていない素晴らしい技 術があるのかもしれない。美しくて興味深い真鍮着色の技術、これをもっといろんな人に知ってもらうことで、喜びや感動を、みんなの財産として共有できたら 楽しいなと。それがこの「one to one」ブローチです。』

写真 z2.jpg


なぜモチーフが石なのですか?とお聞きすると、
「真鍮着色の価値にこだわっていたので色をそのまま届けたかったのです。石の形をモチーフにしたのは、石が好きだということもあるのですが、ひとつには形そのものに自分の意図や思惑などを入れたくなかったからです。」

『僕 にとっては、自分の意図を伝えること同様に、お客さんからの声を職人さんへどう伝えるのか、職人さんが作ったものをどうお客さんに伝えるかが重要です。商 品づくりには、伝えることが大切だと思っています。それぞれの感じていることや考えている事を知り、それを伝える。これからもいろんなことを試しながら、 商品を通してたくさんの人に「伝える」ということをしていきたいです。』


あcぶいおB.jpeg

作り手と使い手の想いを丁寧に汲み取りながら「使ってもらうモノ」を形にしていく、作る人と使う人との間で活動をしている戸田さん。

大切な人へ贈るギフト商材を扱うLOVE LETTER H.P.FRANCEも、戸田さんの様に作り手の思いを丁寧にお客様へ伝えていかなければなりません。

そしてプレゼントする人から人へしっかり想いが伝達されるようにサポートしていきたいと思います。

ひとつひとつ表情の違う世界にひとつだけのカタチ、色のブローチ「one to one」いかがでしょうか。







暮らすひと暮らすところ

戸田祐希利(とだゆきとし) HP http://www.yukitoda.com/menu.html


LOVE LETTER H.P.FRANCE








PROFILE

【写真:LOVE LETTER】
LOVE LETTER

プレゼントをテーマに、世界から集めたギフト雑貨やラッピング雑貨を取り揃えたショップです。