BLOG

Ek Thongprasert

去年の10月、パリのthe FLANDERS FASHION INSTITUTE SHOWROOMにて、ek thongprasertというデザイナーの素晴らしいネックレスのコレクションを発見しました。
彼のネックレスを見たとき、1780年代のフランスでルイ16世の妻のマリー・アントワネット妃が巻き込まれたミステリアスな詐欺事件、「首飾り事件」が思い出されました。ゴシップに汚された彼女ですから、巷ではマリー・アントワネット自身がこのとてつもなく高価なダイヤモンドのネックレスを騙し取る計画を立てたのだと噂されました。
幸運なことに、Ek Thongprasertのネックレスはラバーで出来ています。でも、すごくエレガントですから、これは「マスト・ハブ」ですよ!もちろん、Wut berlinにて紹介しています!
 
ek1.JPG

ek2.JPG

ek3.JPG

ek4.JPG

 
Last October, I discovered at the FLANDERS FASHION INSTITUTE SHOWROOM, in Paris, the wonderful necklace collection of the designer, ek thongprasert. When I saw his necklaces, I automatically remembered "the Affair of the Diamond Necklace", which was a mysterious incident in the 1780s at the court of Louis XVI of France involving his wife, Queen Marie Antoinette. The reputation of the Queen, which was already tarnished by gossip, was ruined by the implication that she had participated in a crime to defraud the crown jewellers of the cost of a very expensive diamond necklace. 
Fortunately, Ek Thongprasert necklaces are made of plastic, but still look very elegant! A MUST TO HAVE!!! Available at Wut berlin, of course!!!
PROFILE

【写真:Yann】
Yann Le Goec(ヤン・ル・ゴエック)

1976年、パリ生まれ。国立美術学校卒業後、ファッション・デザイナーとしてキャリアを積む。ジバンシィでの日本向けライセンス業務をきっかけに日本への移住を決意。エスモード大阪講師などを経て、2002年、H.P.FRANCEへ。「Wut berlin」のバイヤーとして、ベルリンの若手デザイナーを探し出し、日本に紹介するのが現在の仕事。