BLOG

from Paris!!!

0530.jpg

今朝、パリに住む親友の1人からこんなメールが届きました。彼女は子供服のデザイナーをしています。

 

「ハロー、ヤン! どうしていますか? 私は元気です! 今朝、"Promostyl"がオーガナイズしたトレンド・セミナーに行ってきました。そのフィルムの中で、色々なホットな場所がお薦めされていたのですが・・・、なんとそこに、あなたの素敵な店"WUT BERLIN"も紹介されていたの! 私はあなたのことがとても誇らしかったわ!」

 

Promostlyとは:

Promostylは世界のファッションの首都であるパリをベースに活動する、インターナショナルなスタイル、デザイン、トレンドのリサーチオフィスです。彼らが出版している『Trend Books』は、大手のファッション企業がインスピレーションやマーケティングの発展のために購入しています。

 

私も、非常に誇らしかったです!

 

www.promostyl.com

 

 

This morning, I received this e-mail from one of my best friend living in Paris. She is a fashion designer for children clothes:

"Hello, my Yann! How have you been? Me, I'm fine! This morning, I went to a fashion trend seminar, organized by "Promostyl", and in their films, where they recommend hot places, etc... there was your very nice boutique!!! WUT BERLIN! I was very proud of you!!!".

 

About Promostyl: 

Promostyl is an international style, design and trends research office based in the world's fashion capital - Paris. They publish "Trend Books", which big fashion companies buy for inspiration and marketing development.



I am very proud too!!!



www.promostyl.com

 

Dream of Wibke

0528.jpg

「ウィブケの夢」
 
今朝、こんなメールがADDのデザイナー、ウィブケから届いていました。
 
「ヤン。昨夜、あなたが出てくるおかしな夢を見ました! あなたの髪型がボブになっていて、ほとんど、ミレイユ・マチュー(フランス人歌手)の男の子版みたいな感じになっていたの! そして、あなたは竹で編んだカードで遊ぶ、日本語版ドミノゲームについて解説していました。とても面白かったわ。それに、あなたはいつもと全然違う感じだったのよ! ははは」
 
ノーコメント!!!
 
 

This morning, I received this e-mail from Wibke (ADD designer): 

 

"Yann, i had such a funny dream about you last night!! you had a bob haircut, almost like mireille mathieu cut in boys version!! and you we re explaining a japanese version of domino game that they do with bamboo woven cards, it was very interesting and you looked really different!! 

haha." 

 

NO COMMENT!!! 

 

BLU

0527.jpg

BLUというあまり知られていないアーティストをご紹介したいと思います。BLUはイタリア人の壁画と都市デザインを専門にしているアーティストです。私はベルリンのあるギャラリーで彼の作品を1回観たことがあります。彼の作品はネクスト・レベルとしか言いようがありません! 上の作品(クロイツベルクで撮った写真)は『Planet Prozess』という、今ベルリンで行われている大規模なアートイベントの参加作品です。BLUのショートフィルム(下)も、公共の壁に描かれた絵がつらなってアニメーション作品となっており、本当に面白いです。

I would like to introduce an artist- BLU to those who may not know his work. Blu is an Italian Artist Specializing in Murals and Urban Design. I saw his work once inside a gallery in Berlin. His work is next level!!! The piece above (picture took in KREUZBERG) is part of "Planet Prozess", a massive urban art event now taking place in Berlin. Also, this new short film by Blu, is really amazing, as each step of the ambiguous animation has been painted on the public walls!!!
http://www.blublu.org/


KONK Renewal Open!

0522.jpg

エティナのことを覚えていますか? (Featureページのベルリン特集と3月18日の私のブログを読んでください。)彼女は、ベルリンのとても素晴らしいセレクトショップ「KONK」のバイヤーです。彼女はKONKのインテリアを一新し、5月27日にリニューアルするそうです。こんなメッセージが届きました。
 
「とてもワクワクし、そしてもちろん、少々ナーバスになっています。今夜、店をクローズし、来週の火曜日にオープンします。新しい店のために今、ルイスとモビールを作っています。そちらへインビテーションを郵送しましたが、届くのはきっとオープン後ではないかと思います。写真を撮って送りますね。オープニングにあなた達がいないなんてとても残念です!」
 
KONKのリニューアルオープン・イベント
2008年5月27日(火) 18:00-22:00
 
Kleine Hamburger Straße 15, 10117 Berlin Mitte
TEL (49) 30 28 09 78 39


Do you remember Ettina? (See our special Berlin feature and post comment on 03/18). She's the buyer of the very nice select shop in Berlin, KONK. She is going to remake her shop with a new interior and re-open on 05/27. She sent me this message:
"I'm very excited and a bit nervous of course. Tonight i will close the store untill the opening next tuesday. I'm making a mobile with Luis for the new shop. I send you an invite via post, but i m afraid it will only get to you after the opening. I will make some pictures for you. We will miss you all so much!!!"

The new Konk wants to invite you for an evening of drinks and fashion!
Tuesday May 27th 2008
from 18.00h to 22.00h

Kleine Hamburger Straße 15, 10117 Berlin Mitte
t+               49 30 28 09 78 39       

『ミクロの決死圏』

Fantastic_Voyage_01.jpg

最近、私は人体の内部に非常に関心があります。そういうこともあり、昨日、子供の頃に見た記憶がある、ある映画のDVDを買いに行きました。

リチャード・フライシャー監督による1966年制作のSF映画『ミクロの決死圏』です。ストーリーは、通常の方法では治癒することのできない傷を治すため、ある科学者たちのチームが身体を小型化され、人体の内部に注入される・・・という内容です!

映画の冒頭で、タイトルや俳優名が流れる画面は見事です! ものすごくモダン! 映画のほかの部分は少々サイケデリックでキッチュすぎる部分もありますが・・・、でも科学者たちと一緒に、人体の内部へ、喉を通り、心臓を通り、そして心臓の内部へ・・・と旅してゆくのは非常に面白いです。最後には、彼らは目の一角から人体の外へ脱出するのです、なんと、涙に乗って! 素晴らしい! ポスターに描かれているのはそのシーンです。心臓の鼓動の音などが入った、サウンドトラックもまた素晴らしいです。

この予告編を見て、ビデオ屋さんへ直行してください!



Recently, I am very interested in the inside of the Human body. That's why, yesterday, I went to buy the dvd of a movie, which I remember I saw when I was a child...
"Fantastic Voyage" is a 1966 science-fiction movie, directed by Richard Fleischer. The story is about a team of scientists that are miniaturized and injected into a human body in an effort to repair a wound that can't be fixed through the usual means!!!
The beginning of the movie, with the title and actors names, is awesome!!! Sooo modern! Then, the rest of the movie is a little bit too psychedelic and kitsch... But it is still very interesting to travel with those scientists inside of the throat, the heart, the inner hear... And then, finally, they will come out from the body through the corner of the eye, where they escape via a teardrop!!! Great!!! That is what you can see on the poster of the movie!!! The soundtrack is also really great, with heartbeating sounds, etc... Watch the trailer here and run to the video store to see again that very inspiring movie!

Graffiti in Kreuzberg!

0516.jpg

今朝、ADDというブランドのデザイナー、ウィブケからこんなメールが届きました。

 
「Hi ヤン。クロイツベルクにあるこのグラフィティを見たことありますか? 少し前からここにあったのですが、こんなにすごい絵に出合ったのは初めて・・・。H.P.FRANCEウェブのベルリン特集であなたからインタビューを受ける前に、これを見つけていたらよかったのに!」
 
クロイツベルクはベルリンでもっともよく知られたエリアの一つです。私はベルリンに行くたびに、グラフィティの完成度の高さに感動させられますが、もうここまで行くと、レベルの高いイラストレーションを伴った、アート・インスタレーションの域に達しています! それに、ベルリンのグラフィティ・アーティストたちは、いつもビルの最上階にまで描こうとしているところが凄い!

This morning, I received this e-mail from Wibke, the designer of the label ADD:

" hi yann, have you ever seen that Graffiti in kreuzberg? it s been there for a while but i just came across this great picture...wish i had seen it before your interview for the special Berlin feature on the H.P. FRANCE website!!!!
best,wibke"

Kreuzberg is one of the best-known areas of Berlin. I am always very impressed by the quality of the graffiti in Berlin. It looks more like Art installation, with high quality of illustration! And those artists always try to reach the top of the buildings!


 

WALL - Special "Wut berlin" Display

 

0512store.jpg

 

0513store2.jpg

先週金曜日の夜、ラフォーレ原宿1階のWALLという店のWut berlinコーナーのために、スペシャル・ディスプレイを作りました。

 

私のイメージしたのは"デジタル・イコライザ"です! 知っていますか? CDプレイヤーなどで音楽を聴くときに、サウンドのリズムが見える、アレです。

 

Jim Lambieというコンテンポラリー・ヴィジュアル・アーティストの作品に非常にインスパイアされました。彼の作品のトレードマークはギャラリーのフロア一帯にめぐらせたビニールテープを使ったパターンです。私たちも同じテクニックを使って、白黒のストライプをテープで作りました!

 

Last Friday night, we have made a special decoration for the Wut berlin corner at WALL at LaForet Harajuku!


My image was about "digital equalizer"! You know, when you listen music on your CD player and that you can see the rythm of the sound...?!

 

I was also inspired by the work of Jim Lambie, a contemporary visual artist. His trademark theme in his artistic practice is using vinyl tape arranged into patterns around the floor of the gallery space. So, we used the same technique and all the black&white stripes are made with tape!

0513 art.jpg

DISSTEADY OWN PHILOSOPHY

 

dissteady.jpg

DISSTEADY OWN PHILOSOPHY のデザイナーは既に3シーズン一緒に仕事をしている、 若くて才能ある男性です。初めはベルリンで展示会をしているところで知り合いました。

5月10日より、Wut berlin(渋谷PARCO3F)とWALL(ラフォーレ原宿1F)にて、彼の限定Tシャツを販売します。
一枚一枚がオリジナルのプリントとカラー。何といっても、初めにテープを貼り付けてプリントをしているところが面白いのです。そのテープがまだ残っているので、着る前に自分でテープをはぐのです!テープを取れば、Tシャツにはストパイプが表れます!
このようなコンセプトは大好きです。つまり、商品を買うだけではなく、そのクリエイションに自分が参加できるということ!とても"アーティ"な方法で、この2008年春夏の傾向でもあります!

The designer of "DISSTEADY OWN PHILOSOPHY" is a young and talented Japanese man, who I am collaborating with since three seasons already! The first time we met was in Berlin, where he was presenting his collection.
From May 10th, you can find a limited series of his T-Shirts at Wut berlin - Shibuya PARCO and WALL - LAFORET Harajuku. 
Each T-Shirt is a unique piece with original print and color. Moreover, he has first fix together bands of tape on the T-shirts, before printing them. The bands of tape are still on the T-shirt and you have to withdraw them by yourself! By withdrawing the bands of tape, you will create yourself the stripes on your T-shirt! 
I really like this type of concept: You not only buy a product, but also You participate in the process of its creation! A very "Arty" way, tendency of this spring-summer 2008!

Portishead - Machine Gun: Video

0502.jpg

昨晩、『ポーティスヘッド』がMTVチャンネルに出演しているのを見ました。ポーティスヘッドはブリストル出身のトリップ・ホップのバンドです。ここ10年間まったくアルバムを出していなかったのですが、やっと『Thrid』というアルバムを引っさげて戻ってきました。これがサードアルバムってことなんでしょうか!?

 
新シングルの『Machine Gun』という曲には非常にショックを受けました! とてもモダンで、ドラマティックで、魅力的であると同時に、どこか抽象絵画のようでした。優雅でメロディックな空気と、エレクトロニックな射撃のミックスが気に入ってしまいました。
Youtubeの映像を見てみてください!
 

 
Last night, I was watching a special "PORTISHEAD" program on MTV channel. Portishead are an English trip-hop band from Bristol. The band didn't release any album since ten years. But they are coming back with "Third", their third album!?
 
I have been emotionally shocked with their new single "Machine Gun"!!! It is so modern, dramatic and attractive at the same time, almost like an abstractive painting. I like the mix between a graceful melodic air and an electronic artillery fire!?
Watch the video here!