BLOG

New Year - New Dog

IMG_7732.JPGのサムネール画像のサムネール画像新しい年になりました!
Derekという犬が、新しく私たちの家族になりました。彼の名前は、ヤンキースの選手、Derek Jeterから。ピット・ブルという犬種です。
ピット・ブルは怖くて乱暴な犬だと思われていたりしますが、ほんとうは他の犬たちとまったく変わりません。 ただ単に、悪い評判ばかりが出回っているだけなのです。

IMG_7891.JPGのサムネール画像のサムネール画像
Derekはとてもフレンドリーで、2つの訓練としつけのテストに合格し、"Canine Dog Citizen"と"Therapy Dog"という肩書きを与えられています。セラピードッグとは、学校や病院、老人ホームへの慰問を許されている犬です。私たちはすでに一度老人ホームを訪問しましたが、今度は今月の終わりに小学校に行く予定です。そこで子供たちにDerekの芸を見せたり、正しい動物の扱い方や、知らない人のペットの犬を撫でたいときの尋ねかた、よく知らない犬への近づき方などを教えるのです。

そしてDerekはフレンドリーなだけでなく、とても運動が好きです。私はいつも、Derekを飽きさせないような新しい運動方法を考えなくてはならず、あるときは公園に行ってアジリティーのトレーニングをしました。
そのビデオをご紹介します。

Guerrilla Agility with Derek the Dog from Hanna Fushihara on Vimeo.

Happy New Year! Our family has a new dog named Derek. He is named after the Yankee's baseball player Derek Jeter. He is a Pit Bull. Some people think Pit Bulls are scary and mean but they are just like any other dog. They just have a bad reputation. Derek is very friendly and has passed two training and behavior tests and was awarded the titles "Canine Dog Citizen" and "Therapy Dog". Therapy Dogs are allowed to go to schools, hospitals, and nursing homes to cheer people up. We have been to a nursing home once already and at the end of the month we will be going to an elementary school to show kids some of his tricks and also to teach them about proper animal care and how to ask someone if they can pet their dog and how to approach a dog they don't know properly. Other than being very friendly, he is also very athletic. I always have to think of new ways to keep him exercised so he doesn't get bored so the other day we went to the park and did some agility training.




Salad Days

今はサラダの時期ですよ。サラダいっぱい食べてますか?うちのガーデンからはレタス、ハーブ、ルッコラが今とれます。チャイブの花がさいてるので今日のランチタイムにはサラダに乗っけました。きれいでしょ?大きいサラダ食べると体の中が気持ちいいですよ。

 

Earth Day

この写真はニューヨークのビルの屋上にあるファームです。面積は1200つぼ以上あります。どこのビルの上でもこんなのあればいいのにね。自分の家、自分の仕事場の真上にあったら野菜は配達いらず、ガソリンをつかわず、地球にとってはとてもいい。。。。夢ですね。今週、うちでは玉ねぎ、レタス、こまつな、みずな、など植えました。

farm.jpgのサムネール画像

Skater Husband

私のだんなさんのDavidはもう40過ぎてるのにスケボーをまたはじめました。昔はボードと彼の足はいつもくっついてるような、一体化しているような感じでした。どこに行っても乗っているか、持ち歩いていました。2、3 年前に彼のいとこがスケボーの事故で亡くなってしまい、いたん止めてました。でもやっぱり自分にとってとても楽しい事なのでまたすべりはじめました。いつもヘルメットをちゃんとかぶってまたteenagerみたいにskate parkにかよっています。

032011-DaveSkate-006.jpgのサムネール画像

032011-DaveSkate-006.jpgのサムネール画像

虹が大好き

100427.JPG

私は虹が大好き。


photo by Josefin Carrlson
clothes by Ruffeo Hearts Lil' Snotty

みなさんも虹が好きですか?

もうじき届きますよ・・・・・

 

I like rainbows.

photo by Josefin Carrlson
clothes by Ruffeo Hearts Lil' Snotty

Do you like rainbows too?
Coming soon..........

お気に入りのTV番組

私のお気に入りのTVの新番組は『Jamie Oliver's Food Revolution(ジェイミー・オリヴァーの食物革命)』です。有名なイギリス人シェフのジェイミー・オリヴァーはイギリスの学校給食の改善を手助けしてきました。そして今、彼は同じことをアメリカでやろうとしています。彼はウェストバージニア州のハンティングトンというアメリカで最も肥満度の高い街について聞き、この街の人たちをまず最初に変えようと決心したのです。この街とアメリカ全土の多くの人たちはファーストフードや加工食品を食べ過ぎており、フレッシュな果物や野菜を全くとっていません。彼は、学校ですら、ココアやイチゴミルクを添えたピザが朝食として出されているのを目のあたりにしました。このビデオでジェイミーは小学校の生徒に彼が見せた野菜の名前を質問していますが、誰も正しい答えを言えません。子供たちはトマトをジャガイモだといい、ナスを洋ナシだと思ったのです。ジェイミーが、これはケチャップの原料になるトマトだよ、と教えるとやっと皆「あぁ、ケチャップなら知ってるよ」と答えたのです。自分の食べるものを自分で料理するのは楽しいことだし、新鮮な食べものはもっと美味しいんだよと人々を説得するために、彼の前にはやるべき仕事が山積みです。

My favorite new TV show is "Jamie Oliver's Food Revolution". The famous British chef Jamie Oliver has helped to change what was being offered in England for school lunches and now he is trying to do the same in America. He heard that the town Huntington, West Virginia was rated the most obese (fat) town in America so he decided to try to change the people in that town first. Many people there, and all across America, eat too much fast food / processed food and no fresh fruits and vegetables. Even in the schools, he found that pizza was being served for breakfast along with either chocolate or strawberry milk. In this clip Jamie asks elementary school children to name the vegetables he shows them and none of them get any right. The children think tomatoes are potatoes and that an eggplant is a pear. Once Jamie explains that tomatoes make ketchup they all finally say, "Oh yes I know what ketchup is." He has a lot of work to do convincing people that it is better and more fun to cook your own meals and that fresh food tastes better.

春です!

100405-1.JPG

100405-2.JPG

100405-3.JPG

やっと太陽が戻ってきました!

おめでとう!『The Cove』

この前の夜、デイヴと私はTVでやっていたアカデミー賞授賞式の後半を見ることができました。最優秀ドキュメンタリー映画のカテゴリーになったとき、私たちは『The Cove』が勝つといいなと思いつつ、『Food Inc.』もいいなと思っていたのですが、『The Cove』が選ばれたと発表されたときには思わず拍手喝さいしてしまいました。この映画は捕鯨、それも特に和歌山県太地町で行われている捕鯨とそれを止めさせようとする人たち、そして捕鯨の残酷さだけでなく、鯨肉を食すことの健康上のリスクについて訴える映画です。私は捕鯨を擁護する立場の太地町長の記事を読みました。彼は、捕鯨の長い文化的伝統と、文化によって異なる地域食の伝統は尊重されるべきだという意見でした。

第一に、私も、長期間かけて作られた文化的伝統というのは一般的に重要なものだと思います。が、時として伝統そのものが間違っているということもあります。例えば、肉体労働をさせるために奴隷を使うということ。何百年にもわたってこの悪しき伝統は存在してきました。古代エジプト人もですし、19世紀のアメリカ人ですら奴隷を使っていました。ただ存在するからといって、それが正しいということにはならないはずです。

第二に、確かに世界のあちこちで人々は動物を食用として飼育や狩猟しています。でも、知的存在として、人にはそれが生き延びるために本当に必要な行為なのか、それは理にかなった行為なのか否かということを問う力と義務があります。でなければ、私たちは、知性とノウハウによってではなく、多かれ少なかれ、本能と原始的衝動により動かされている、地球上の他の哺乳類となんら変わりはないではありませんか。

日本人の多くは、こんな風に他の日本人が悪く描かれているものなど見たくはないでしょう。でも、この映画が数ヶ月後に日本で公開されるとき、捕鯨のように、私たちの身の回りで起きている物事の真実を見出し、そして自分自身でそれについて判断するという希望をもって、皆さんがこの映画を見ることを一考してくれるようにと思います。私自身は、この映画を見ることをまだ迷っています。私には血なまぐさすぎるかもと思ったのですが、でもそういう部分は最小限でしょうし、ほとんどの部分はスパイ映画かアクション・アドベンチャー映画を見ているような気分にさせてくれるでしょう。それに、実際にその場で起きていることを撮影クルーが記録している、そのリアルな時間の長さに魅了されるでしょう。ジョージ・クルーニーとブラッド・ピットの『オーシャンズ11』や12や13とは似て非なる、リアルライフに。

英語版のトレーラーを載せておきます。日本語版はどちらかといえば水銀に汚染された鯨肉のリスクばかりに焦点を合わせているのに比べ、英語版は映画の中身により忠実です。恐らく、これがアンチ・ジャパニーズ・ムーヴィーではなく、日本人を助けるために作られた映画なのだと思ってもらえるようにそうしたのだと思います。実際、これはアンチ・ジャパニーズ・ムーヴィーなどではありません。私も日本人ですから、信用してください。

Last night Dave and I were able to catch the last half of the Academy Awards on TV. When the best documentary category came up we were mainly routing for The Cove but also liked Food Inc. When they announced that The Cove won we clapped and cheered. The movie is about the dolphin round up and killings specifically in Taiji-cho, Wakayama-ken and the people trying to stop it and expose not just the brutality of the killings but also the health risks posed but eating such meats. I just read an article about the mayor of Taiji defending the dolphin hunt because of the long cultural tradition of it and he believes that cultures have different regional food traditions that should be respected. First, I would like to say that although I think long held cultural traditions are generally important, sometimes there are traditions that are just wrong. An example being the holding of human slaves to carry out manual labor. For hundreds of years this was carried out; the ancient Egyptians had slaves and as recently as in the 19th century, Americans had slaves. Just because it exists doesn't make it right. Second, sure, people all across the globe hunt or raise and eat animals. But as intelligent beings, humans have the capacity and the obligation to question if and when this is necessary for survival and to even debate if the way we are doing so is ethical or not. Otherwise we are just the same as any other mammal on the planet who may or may not be operating more or less on instinct and primal urges rather than with their intelligence and know how.
I'm sure many Japanese people don't like seeing anything done by other Japanese in a bad light but I hope that when this movie comes out in the next few months in Japan, that you would consider watching it in hopes of finding out the truth about things that occur around us such as this and then make their own judgments about the matter afterward. I put off watching it myself because I thought that it would be too bloody for me to watch but that part is kept to a minimum and mostly it feels like you are watching a spy movie or an action/adventure movie and you will be mesmerized by the lengths to which the movie crew went in order to film what actually is going on there. If you have ever watched Ocean's Eleven, Twelve, or Thirteen with George Clooney and Brad Pitt it's like that except in real life.
I'm embedding the trailer in English here. The English version is more true to the content of the movie as a whole whereas the Japanese version really only focuses on the dangers of mercury tainted dolphin meat to the Japanese people. I think they only did that so that people would not think that it is an anti-Japanese movie and that it is to help the Japanese people only. And it really isn't an anti-Japanese movie. I'm Japanese so I hope you'll trust me on that.

私の家

つの日か、こんな家に住むことを夢見ています。 

One day I dream of living in a house like this.

100119-1.JPG

100119-2.JPG

100119-3.JPG

音楽

お休みの間、私は自分のレコードコレクションを見直して、Ebayで売るシングルを少々より分けておきました。もう二度と聞かないだろうと思うものを処分したり、現金が不足したときのお小遣い稼ぎのために、たまにこの作業をするのです。私のレコードのほとんどは90年代のもので、私が「レコード」というとき、それはCDではなく、正真正銘ヴィニールレコードという意味です。
いくつかのバンドは私の成長にとってとても大事な存在で、もしその音楽に出会っていなかったら今の自分があったかどうか分からないほどです。10代から20代初めの私にとって一番重要だった2つのバンドは、Bikini KillとFugaziです。Bikini Killは私に一人の女の子だってパワフルでいられるし、魅力的になるにはパーフェクトなスタイルのブロンドの女の子でなくたっていいんだってことを教えてくれました。自分がなりたいと思えば、騒々しくもなれるし、賢くもなれるし、頑固にもなれる。自分がやりたければ叫ぶことだってわめくことだってできる。そして、もし助けが必要なら、私みたいな女の子がほかにもいるんだってことを。

Fugaziが教えてくれたのは誠実さについてと、人の行動は、その人の道徳と価値観に従うべきだということです。私には一人の消費者としてある企業の製品を買う、または買わないという力があるということと、人々や世界から搾取していない企業をサポートすべきだということを私に教えてくれました。Fugaziは私に、自分がなれるベストな人間になるための強さを与えてくれました(そして今でも与え続けてくれています)。

音楽って本当にすごいって思いませんか?


Over the holidays I went through my record collection and put aside a small stack of singles to sell on Ebay. I do this every once in a while to slowly get rid of things I probably won't ever listen to again or to raise some money when I'm short on cash. Most of my records are from the 90's and when I say records I really mean vinyl records, not cds.
Some bands were so important to my development that I don't know if I would have ever turned out the same had I not encountered their music. The two most important in my teens/early twenties were Bikini Kill and Fugazi. Bikini Kill taught me that being a girl could be powerful and that I didn't have to be some perfect skinny blond girl to be attractive. I could be loud if I wanted to be and I could be smart and opinionated and scream and yell if I wanted to and that there were other girls just like me if I ever needed support.
http://www.youtube.com/watch?v=gtgpx7WsBdk
Fugazi taught me about integrity and that your actions should follow your morals and values. They taught me that as a consumer I have the power to buy or not buy a company's product and that I should support companies that don't exploit people or the world. They gave me (and still give me) the strength to be the best person I can be.
http://www.youtube.com/watch?v=SGJFWirQ3ks
Music is pretty amazing isn't it?

パキスタンとのつながり

091230-1.JPG

私自身はパキスタンへ行ったことがありませんが、祖父がパキスタンで色々なビジネスをしており、祖母がしょっちゅう「おじいちゃんは出張でイスラマバードへ行っているんだよ」と言っていたのを覚えています。祖父は一時期、パキスタン協会の日本委員長を務めていたこともありました。パキスタンとアフガニスタンの戦争に関するニュースを読んだとき、私はひどく悲しくなりました。とりわけ、これから成長し、学び、安心感を得ることをただ望んでいる子供たちのことを思うと。

091230-2.JPG
私のヒーローの一人にグレッグ・モーテンソン(Greg Mortenson)という人がいます。彼は中央アジア協会(Central Asa Institute)の設立者です。この協会は少女たちの教育に重点を置き、パキスタンとアフガニスタンの最僻地に学校を作っています。また、彼は2冊の本を書いており、『Stones into Schools』という最新刊は今年の初めに出たばかりです。モーテンソンはこれらの地域の、西洋とは非常に異なる習慣について説明するのがとても上手です。そして、たとえ何年かかろうとも、約束した学校を村に作るためにさまざまな障害を克服してきました。一例は、彼が初めてパキスタンに建てた学校です。そこは、学校を作り始める前に、まず村へ材木や設備を運べるように川を渡る橋を架けるところから始めなければならないほど田舎でした。村人たちはそれまでスチールケーブルに吊り下げた木の箱を使って川を渡っていたのでした。箱の中に座り、手で引っ張って移動していたのです。
 
不思議なことに、私は最近、グレッグ・モーテンソンと私の祖父とは"Sitara-e-Pakistan"という賞を2人とも受賞していたことを知りました。それはパキスタンでもっとも高位な市民栄誉の1つです。私の祖父が受賞したのは1984年で、グレッグ・モーテンソンは今年でした。この前、日本に行ったとき、私は祖父が授与されたメダルの写真を撮ってきました。
091230-3.JPG
私を苦しめるのは、私が幼稚園から大学までの生涯にわたり私学教育を授けられた安全な国で、今こうしてPCの前に座ってタイピングしているということ、かたや、世界の反対側では十分な食事を得るにも不自由し、初等教育さえ満足に受けられずに苦労している少女たちがいるということです。私の祖父がその一部をパキスタンで稼いだお金は、私が本当に良い学校へ行くための教育資金として私を助けてくれました。私が育ったときと同じ機会をパキスタンの少女たちももてるよう、私は願い続けています。だって、これでは不公平です。
残念ながらモーテンソンの本はどちらも日本語には翻訳されていませんが、もし英語が読めるなら、『Three Cups of Tea』か『Stones into Schools』を見つけるように強くお勧めします。どちらの本も、あなたに希望と、そして世界をより良い場所にするために行動する勇気を与えてくれるでしょう。

雪です!

091211.jpg

もうこんなにたくさん雪が降っています!


We are getting lots of snow already!

ファーム・フェスティバル

デイヴィッドは近所のオーガニック・ファームの店で働いています。このファームショップは実際の農場やベーカリー、小さな子から高校生までの学生向けのスクール、先生になるための勉強を教える社会人向けのスクール、オルタナティヴな出版社などを含む、大きなコミュニティの一部です。「教育と農業と芸術を通じて社会的・文化的な刷新」を目指すコミュニティセンターなのです。すごくカッコイイです。 
091104-1.JPG 
最近、彼らは秋のファーム・フェスティバルを行い、私もデイヴィッドの両親と一緒にチェックしにいきました。鍛冶屋さんのデモンストレーションや地元で作られた美しい手作りオブジェのブース、農場ツアー、そしてたくさんの食料品。私たちが一番気に入ったのは、野生動物のリハビリ施設と鷹匠によるトークとデモンストレーションでした。野生動物のリハビリ施設は、彼らのところへ持ち込まれ、完全には傷が癒えずにまだケアが必要な鳥たちを見せてくれました。通常ならばリハビリが完了した動物たちは再び野へ放たれるのですが、時には自力で生きられなくなってしまった動物たちをケアし続ける必要もあります。
091104-2.JPG
鷹匠は、狩の訓練がされた、様々な大きさのフクロウ、タカ、ハヤブサを連れてきており、本物ではなく、作り物のウサギを使って狩をする様子を見せてくれました。ほっ! 作り物で良かったです。 

091104-3.JPG

最近、 私は自分が生物学者になれば良かったと思っています。保全生物学者になれば良かったのに。私は、動物や植物、すべての野生動物が大好きです。この気持ちをもっと多くの人たちと共有したくて、最近、ある本当の生物学者が作ったペンダントを店のために買付けました。Tanja Sovaは、色んな種類の動物の模様を、複雑で美しい焼付けとして木に施し、ペンダントを作っています。裏にはそれぞれの動物の学名が書かれていて、それがまた本当にステキな感じなのです。写真ではうまく表現できていないので、ぜひ、ご自身で店頭に見にいらしてください。

 

Dave works at an organic farm store near us. The farm store is part of a bigger community that includes the actual farm, a bakery, a school for students from early childhood to high school, a school for adults learning to be teachers, as well as an alternative book publishing house. The community centers around "social and cultural renewal through education, agriculture, and the arts". It's pretty neat.
Recently they had a Fall Farm Festival so I went along with Dave's parents to check it out. There were blacksmithing demonstrations, booths with beautiful locally hand made objects, farm tours, and lots of food. Our favorite parts were the talk and demonstration by the wildlife rehabilitator and the falconry demo. The wildlife rehabilitator showed us birds that were brought to him that were injured but were not able to be fully fixed and that now had to be taken care of. Normally he releases all of the wildlife that are able to be rehabilitated fully but sometimes he has to keep taking care of ones that will not be able to live on their own anymore. The falconer had all sizes of owls, hawks, and falcons that were trained to hunt. He showed us how he hunts with them but used a fake rabbit instead of a real one. Phew! I'm glad it was a fake one.
I have been thinking lately that it's too bad I didn't become a biologist. I would have liked to have become a conservation Biologist. I love animals and plants and all wildlife. I wanted to share that with more people so I recently bought some pendants made by a real biologist for the store. Tanja Sova makes beautifully intricate wood burned pendants that depict different animal species. She also writes the scientific names of each animal on the back which I think is a really nice touch. The photograph doesn't do it justice so please come take a look in person.

ARK里親募集掲示板

0929.jpg

私たちの店が銀座に、そしてその後、青参道にあったとき、アニマルレフュージ関西(ARK)を通じて、里親募集中の動物たちを紹介する掲示板を店内に置いていました。ラフォーレ原宿のWALLに移ったときには、この掲示板を置くスペースがありませんでした。でも、最近、テーブルトップに置ける小さなバージョンの掲示板を作って、毎週そこで違う動物を紹介するようにしています。私がもうだいぶ前にこれを始めた理由は、ただただ、もっと大勢の人たちに、ペットを買うのではなく里親になるという方法があることを知ってもらいたかったからです。みんなにこの子たちのキュートな顔を見てもらい、この子たちは、単に、前の飼い主から求められなくなっただけであって、ペットショップであなたが買うかもしれないほかの子たちと同じくらい可愛いくて良い子なんだということに気づいてほしかったからなのです。
 
お客様にはよく、ペットフードやペットのアクセサリーを売っているわけでもないのに、ただ単にそんな理由でこういう活動を店頭で行っていることにびっくりされます。でも、だからこそ私はそうしたいのです。ここで目にしなければいつまでも知ることのなかった情報を、人々へ向けて発信すること、それこそが、より広いオーディエンスに到達するための唯一の方法なのです。次回、皆さんがラフォーレへいらしたときには、ぜひ見てみてください。
 

When our store was in Ginza, then Aosando, we had a bulletin board up that showed animals that were up for adoption through Animal Refuge Kansai. When we moved to WaLL/Laforet full time, we couldn't find enough wall space to hang it. Recently we figured out a way to make a smaller version that sits on top of our tabletop and we change the animals presented every week or so. The reason I started doing this a long time ago, was just that I wanted more people to know that you could adopt a pet rather than buy one. I wanted people to see these cute little faces and realize that just because they were unwanted by their previous owners, that they were still just as good as any other pet you might buy in a store. People are often surprised that we would promote such a cause in a store that has nothing to do with selling pet food or pet accessories but I want to do it BECAUSE of that. This is the only way to reach a wider audience, by giving information to people who otherwise wouldn't ever know. Next time you're in Laforet come take a look.

収穫

090911.jpg

この写真は最近うちの庭から収穫した野菜の写真です。途中で雑草を抜くのは諦めてしまったので、みんな雑草の中で育てたのですが、ほとんどの野菜はうまく育ったようです。残念なことに、今夏、アメリカ全土に真菌病の被害が広がり、私が植えた24種類のトマトの苗もほとんどがやられてしまったり、熟する前に実がひどいダメージを受けてしまいました。なので、たぶん採れるはずだった量の10%ほどしか収穫できていません。ひどすぎます。でも、少なくとも、玉ねぎに関してはとても素晴らしい収穫でした。これから数ヶ月は玉ねぎを買う必要がありません。この玉ねぎは、2月に小さな小さな種を蒔いたところから、とても長い時間をかけて育っていったのですが、害虫にも病気にも負けなかったようです。玉ねぎ以外には、いくつかトマトとキャベツ、ケールとコラードグリーン、コショウ、ビーツが少々、そしてバジルがたくさん。今週か来週中に、庭の苗床をいくつかきれいにして、ガーリックを植えるつもりです。玉ねぎと同じく、ガーリックも育つのに長い時間がかかりますが(収穫できるのは来年の7月か8月頃でしょう)、とにかくとても簡単に育つのです。昨年、12個球根を植えつけたのですが、まったくの間違いでした。いつも私は料理に大量のガーリックを使うので、あっという間になくなってしまったので。
  

This is a picture of a recent harvest from the garden. I gave up on weeding it so everything is growing amongst lots of weeds but most of the vegetables seem to be doing fine. Unfortunately there was a fungal disease that spread across large parts of the US this summer and most of my twenty four tomato plants died or the fruit was badly damaged before it ripened. I maybe only got 10% of what I should have. Too bad. At least I had a really good onion harvest. I shouldn't have to buy any for months. I started them from tiny tiny seeds back in February so it took a long time but the bugs don't bother them and they seem to be immune from diseases. Other than that, you can see a few tomatoes, cabbage, kale and collard greens, peppers, a few beets, and lots of basil. In a week or so I'll try to clean up some beds in the garden and plant garlic. Like the onions, they take a long time to grow (they will be ready next July or August) but they are really easy. I only planted 12 bulbs last year and it was a total mistake. I use a lot of garlic when I cook so it's almost all gone.

夏の終わり

小さな頃、私は毎年泊りがけのサマーキャンプへ参加していました。母はよく、キャンプに置き去りにされても泣かない子はいつもあなただけだったね、とふざけて言いたがります。私はバイバイと笑って手を振り母から離れていったからです。いつも大体1ヶ月から1ヵ月半位行っていたと思います。「キャンプ・レッドウッド」という名前のサマーキャンプで、NY市街から約1時間半ほど離れた場所にあります。幼稚園くらいの小さな子たちもいれば、ティーネイジャーも。日中は水泳やアーチェリー、テニス、バスケットボール、アートや工芸などありとあらゆる種類のアクティヴィティが用意されています。私の一番のお気に入りは水上スキーと乗馬でした。そのほかにも、週末には近くのショッピングモールまで散策しながら歩いたり、ボーリングにも行きました。両親から離れて過ごすというのは、いつでもちょっとした冒険で、もちろん誰かしら監督する人はついていますが、みんな少しばかりやんちゃになってしまうものなのです。
090828.jpgこの夏、私たちのところに2匹の犬のお客さんが数週間泊まりにきていて、私はどうしてもサマーキャンプのことを思い出してしまったというわけです。この写真はピノとプリンセスが帰る前日に撮った写真ですが、この子たちはもうじき家に帰るんだと分かったときどんな風に感じるんだろう、私がサマーキャンプの終わりにいつも感じたような気持ちになるんだろうか、と想像しました。もうじき自分のベッドで眠れるとワクワクして安心して。いつもの慣れ親しんだ日常に戻れることが楽しみで。そして、同時に、友達と別れ、両親のもとでは得ることができない不思議な自由さから離れることが少しだけ悲しくて・・・。
コールマンは今は自分の家を取り戻し、私の関心がまた全部自分だけに向けられるようになって満足そうです。でも家の中でのドラマが足りなくなって、少し退屈そうです。
 
 
When I was little I went to the same summer sleep away camp every year. My mother likes to joke that I was always the only one getting dropped of that wasn't crying. I would just walk off and wave and smile. I think I usually went for a month to six weeks. It was called Camp Redwood and it was about an hour and a half away from New York City. There were little kids there that were maybe in kindergarten up to young teenagers. There were all kinds of activities during the day like swimming, archery, tennis, basketball, arts and crafts. One of my favorites was water skiing and the other was horse back riding. Other than that we took field trips to the shopping mall on weekends and also to go bowling. It was always an adventure to be away from my parents and even though there was always some kind of supervision, we always got into a bit of mischief.

This summer we had two guest dogs staying with us for a few weeks and I couldn't help think that it was sort of like summer camp. I took these photos on the last day that Pinot and Princess were here and I wondered if, when they started to know they were going home, if they would feel like I used to at the end of summer camp. Excited and relieved to soon be sleeping in their own beds. Looking forward to the routine of their every day lives again. And at the same time a little sad about leaving their friends and the strange freedom that comes with not being with your own parents when you are young......
Coleman who now has his house back to himself seems happy to have all my attention once again but also slightly bored by the lack of drama in the house.

ピクルス作り

私がボランティア活動をしているアニマルシェルターで、先週終えたばかりのインターンシップについて長いブログを書こうとしているのですが、まだ描き終わらないので、その前に、ピクルス作りについての短いブログを投稿しておきます。アメリカンスタイルのピクルスです。

 
材料:
漬け込み用のキュウリ 4本(約1ポンド=約450g) 
水 1カップ
白ワインビネガー 7/8カップ
漬け込み液用の塩 大さじ1+小さじ1
ニンニク 2かけ
コショウの実 8粒
フレーク状の赤唐辛子 ひとつまみ
フレッシュなディル 適量
 
水にビネガーと塩を加えて火にかけ、沸騰させる。その間にキュウリを洗い、適当なサイズにカットしておく。広口瓶(どんな種類のガラス瓶でも多分大丈夫です)に赤唐辛子とコショウ、ディルを入れ、キュウリを詰める。その上から、沸騰したお湯とビネガーのピクルス液を瓶に加える。きっちりと蓋をし、最低1ヶ月は冷蔵庫に入れておく。
 
これは私が最近作ったピクルスの写真です。
090806.jpg
8月末に試食するのが待ちきれません! 早く食べたい~
 


I've been trying to put together a long post about my internship that I just finished last week at the shelter I volunteer at but I'm not done yet so here is a short post about making pickles, American style.

Refrigerator Dill Pickles
4 pickling cucumbers (around 1 pound)
1 cup water
7/8 cup of white wine vinegar
1 Tablespoon plus 1 teaspoon of pickling salt
2 garlic cloves
8 peppercorns
pinch of flaked red pepper
fresh dill sprigs

Bring water, vinegar and salt to a boil. Meanwhile scrub and cut pickles into desired sizes. Add red pepper flakes, peppercorns, fresh dill to quart canning jar (you can probably use any kind of glass jar). Add pickles to jar and pour water/vinegar mixture over the pickles. Seal with lid and put in refrigerator for at least one month.

Here is a picture of some that I made recently.
I have to wait till the end of August to try them! I can't wait......

お洒落な田舎カフェ

090722.jpg

デイヴィッドと私はWild Hiveというカフェに行きたいね、と数ヶ月前から言ってました。ここはうちから40分位かかるのですが、でも、私が毎週ボランティアに行っている場所から近いので、今週シェルターで犬たちを散歩させた後で、遅めのランチをしに車で行ってきました。このカフェはDon Lewisというスローフードのムーブメントで有名な人がやっています。彼は地元産の穀物を有機栽培して小麦粉を作っています。このカフェいはベーカリーが併設されていて、そこではこの小麦粉で作ったパンを売っています。デイヴィッドと私は二人ともサモサを頼んだのですが、とっても美味しかったです。手作りのプラム・チャツネとザワークラウトが添えられていました。どういうわけか、この辺りの美味しいレストランの多くはとても高くて、チープで美味しい食べ物を探すのがとても難しいのです。でも、Wild Hiveはとてもリーズナブルなので、またすぐに再訪したいと思ってます。
 

David and I have been meaning to go to a cafe called Wild Hive for months. It's about 40 minutes from our house but close to where I volunteer every week so this week after a day of walking dogs at the shelter we drove there for a late lunch. The cafe is owned by a man named Don Lewis who is famous in the Slow Food movement here. He grows and processes organic, local grains into flours. The cafe also has a bakery that sells breads made from this flour. David and I both had the samosas and they were delicious. They came with handmade plum chutney and sauerkraut. For some reason most of the tasty restaurants in our area are expensive. It's hard to find cheap good food. Wild Hive is really affordable so we hope to go back again soon.

Pea Harvest

090709.jpg

最近収穫したスナップエンドウの写真を見てください。あんまりたくさん採れたので、すぐに使えない分はすべて冷凍庫に保存しました。ジップロック10個が満杯になるほどの大収穫でした!  

 
Here is a picture of our recent sugar snap pea harvest. We had so much that we put everything we couldn't immediately use in the freezer. We had ten zip lock bags full!

My memories of Michael

私は70年代と80年代に幼少期を過ごしました。マイケル・ジャクソンに関する一番最初の記憶は、毎週見ていたジャクソン・ファイブの子供番組です。私はこのオープニングが大好きでした。

私はジャクソン・ファイブのビニール盤のファーストアルバムを持っていて、何度も何度も爆音でかけては歌い、踊りまくっています。うちの旦那様に聞いてごらんなさい・・・。

小さい頃は「Rockin' Robin」を一緒に歌ってくれる友達もいました。私はジャクソン・ファイブのバージョンが好きです。

マイケルのミュージックビデオで覚えている最初のものは「Can You Feel It」です。フューチャリスティックなフィーリングがその当時の流行でした。『Tron(トロン)』とか『Xanadu(ザナドゥ)』のような映画、「Buck Rogers」や「21st Century」「Battlestar Gallactica」のようなTVショウのような。

ダイアナ・ロスとマイケル・ジャクソンが共演した『The Whiz』という映画が公開されたとき、お母さんが映画館へ連れていってくれました。それは『オズの魔法使い』を全員黒人のキャスティングと都会(NYC)のセッティングでリメイクした映画でした。残念ながら、私は意地悪な魔女が怖くて、映画の途中で文字通り映画館から走って逃げ出しました・・・後ろからお母さんがくすくす笑いながらついてくる中で。そして、サウンドトラックのLPはアパートの廊下のクローゼット奥深くに隠さなければなりませんでした。魔女が、レコードをつたってどうにかして私をつかまえにやってくると思い込んでいたので。

私は、皆さんがおそらく今まで見たことも聞いたこともないようなものを共有してみたかったんです。だって、ほとんどの人たちは、特に私より若い人たちはこういうものを見る機会がなかっただろうと思ったので。マイケルの他のキャリアについては、皆さんよくご存知だと思うので。

マイケルの冥福をお祈りします。


I grew up in the 70's and 80's. My first memory of Michael Jackson is from the Jackson 5 cartoon show I watched every week. I loved this opening sequence.

I have the first Jackson 5 album on vinyl and have been known to blast it and sing and dance around to it on many occasions. You can ask my husband.....

I had a friend when I was little who I used to sing "Rockin' Robin" with also. I loved the Jackson 5 version of that.

"Can You Feel It" is the first music video I remember with Michael. The futuristic feeling was something that was in the air back then. Movies like Tron and Xanadu, TV shows like Buck Rogers and the 21st Century and Battlestar Gallactica.

My mother took me to see the movie "The Whiz" with Diana Ross and Michael Jackson when it came out in theaters. It was a remake of the Wizard of Oz with an all black cast set in an urban setting (NYC). Unfortunately I was terrified of the wicked witch and literally ran out of the theater in the middle of the movie with my mother following behind me giggling. I had to hide the soundtrack LP in the closet in the hallway of our apartment because I thought the witch could somehow come out through the record and get to me.

I just wanted to share some things with you that maybe you never had seen or heard. I figure most people, especially if they are younger than me, wouldn't have had the chance to see any of this. The rest of Michael's career you probably know about.
Rest in peace Micheal.

charity

どうして日本の企業や個人はもっと時間やお金をチャリティーに寄付しないのだろう、と私は常々不思議に思っていました。そして、気づいたのですが、ほとんどのアメリカ人はチャリティーをもっとも重要な美徳の一つと考えるクリスチャンのバックグラウンドを持っているのに対し、日本の人たちは、一般的に、世界中でもっとも寛大な国民になりうる反面、貧しい人や援助を必要とする人たちに対して常に与えるようにとは教育されていないのではないかと。アメリカ合衆国政府は、企業や個人に対して、チャリティーに対してお金や品物を寄付するのを奨励しているくらいです。チャリティーに寄付した物や現金などは、1年間の税務申告をする際に減税対象になります。
 
ですから、例えば、Meow Mixという会社が捨て猫の世話をする非営利団体にキャットフードを寄付した場合を見てみると、Merow Mix社は期限切れ間近のキャットフードを寄付することで減税という恩恵を受けることができ、非営利団体はキャットフードを得ることができるというわけなのです。これは「Win-Win(どちらにとってもメリットのある)」の状況です。

090609.jpg

少し前、オバマ大統領が就任したとき、世界をより良くするために、彼が国民へ向けてどのように社会への関与やボランティアを呼びかけたかについて書きました。政府だけが仕事をするのではなく、みんな次第なんだ、と。常にこういうことをブログに書き続けることで、少なくとも誰か一人はこれを読んでくれて、もしかしたらその人はボランティアや寄付のようなチャリティーを見つけようと思ってくれるんじゃないかと、私は願っています。私のブログの投稿はこういう内容のものばかりかもしれません。なぜなら、それは私が毎日考えていることだからなのです。世界はきっともっと幸せな場所になりうるはずです。私たちみんながそうしようと思って行動すれば。
  

I used to wonder why more companies and individuals in Japan weren't donating their time and money to charities. Then I realized that most Americans come from some kind of Christian background where charity is one of the most important virtues, and although I think that Japanese people in general can be the most generous people in the world, they were not brought up to always try to give to the poor or those who need help. The American government even has incentives for companies as well as individuals to give money or products to charity. Those items or cash are tax deductible at the end of the year when you file your yearly income taxes.
So for example, you will see a company like Meow Mix donate trucks filled with cat food to a non-profit group who cares for street cats. Meow Mix can get rid of merchandise that is about to expire and also gets a tax break, and the non-profit gets free food for the animals. It's a win/win situation.
(insert image here)
I wrote a while back when President Obama was inaugurated how he was calling on citizens to get involved, volunteer, and help make the world better; that it was up to everyone, not just governments to do the work. I always hope by writing this kind of blog entry that at least one person reading it might get inspired to find a charity to volunteer with or donate to. You'll probably keep seeing entries like this because it's something I think about everyday. The world can be a happier place if we all try to make it happen.

 

First Picks

radish.JPG

約1ヶ月前にもも世と一緒に植えたラディッシュがほぼできてきました。まだ見たことがない初めて植える品種だったので、何本か抜いて見てみました。左のはまだ熟しきっていない「Sparkler」というラディッシュで、右のは「French Breakfast」というラディッシュです。French BreakfastはマイルドなのでSparklerより味は好きなのですが、Sparklerはものすごくキュートでかわいいので。
 
私はなんでもコレクションしたがるタイプの人間で、しかもラディッシュはすごく早く簡単に育てられるので、ラディッシュの種を集めることが自分にとっての収穫になるような気がするんです。単にその違いを見るためだけにもっともっと色んな品種を育ててみたいのです。私はもうすでに完全な「トマトヘッド」になっていて、ものすごくたくさんのトマトの種を蒔こうとしています。合計60種類もの種が地面に蒔かれるのを今か今かと待っているんですが、たぶん12種類分の場所しかありません。少なくとも1種につき2つで20植えられるように、解決方法を見つけないとなりません。もっともっと場所が必要!!!
  


The radishes we planted with Momoyo about a month ago are almost ready. I pulled a few up to take a look at them since they were new varieties that I hadn't seen before. One the left are immature "Sparkler" radishes and on the right is a "French Breakfast" radish. The French Breakfast one was milder so I liked the taste better but the Sparklers were so cute and pretty.

I am the kind of person who can get obsessed with collecting and because radishes are so easy and fast to grow, I feel a little pull coming my way in the way of radish seed collecting. I would love to grow more and more varieties just to see the differences. I am already a "Tomato Head" and totally over did it, starting way too many tomato seeds. I have a total of 60 seedlings almost ready to go into the ground. I maybe have room for 12. I have to come up with a solution to at least be able to plant two of each variety I started which would be 20. More room more room!!!!

Tampopo

dandelion.JPG

やっとここにも春が訪れ、小さな花々があちらこちらで咲き始めました。うちから森へと続く小道のまわりも、いたるところ小さな花火のようなたんぽが咲き誇っています。
 

Now that Spring is here little flowers are blooming all over the place. On the trail that leads to the woods from the house, there are tons of dandelions everywhere that look like little bursts of fireworks.

New Growth

私の小さな苗たちはみんなすくすくと育っています。デイブが私のために作ってくれた苗用の温室から外へ出せるくらい大きくなった苗もあります。

0424.JPG

まだ温室の中にいる私のお気に入りは、パープルペトラ・バジルとマリーゴールドの苗全種類です。パープルペトラ・バジルはとても珍しい色で綺麗で、マリーゴールドはすごくスパイシーな香りがします。

0424-2.JPG
0424-3.JPG
私たちは頑丈なプラスティック・クリップが届くのを待っています。それが届いたら、今週後半、小さな温室を作って、もっとたくさんの苗を外に出せます。トマトなど大きくなりすぎてしまって、小さいのが沢山生えてきているので、本当にもっと場所が必要なのです!
 
それから、私がカメラを壊したときに撮ろうとしていた写真をお見せします。これは、通称「Macy」と呼ばれている猫です。母猫です。彼女は本当はうちのご近所さんの猫なのですが、冬の間にうちの玄関に居ついてしまったのです。とても愛らしい猫で、うちの中に入ってくれないかなと願っているんですが・・・。彼女は極上の爪先をもっていて、それはそれはキュートなんです。
0424-4.JPG 

My little seedlings are all growing. Some are big and cold hardy enough to be outside in the cold frame that Dave built me.
My favorites that are still inside are  the Purple Petra basil and all of my marigold seedlings. The Purple Petra basil is so unusually colored and pretty and the marigolds smell really spicy.
We are waiting for an order of strong plastic clips that we are going to use to make a small greenhouse later this week and I should be able to move more seedlings outside then. My tomatoes are getting too big and I have so many babies that I really need more space!

I also wanted to show you what I was trying to take a picture of when I broke my camera. This is Macy aka. Mama Cat. She is really our neighbor's cat but she has been living on our porch since the winter. She is really sweet and I wish I could bring her inside...... She has extra toes which are really cute.

My camera is fixed!!

0408-1.JPG

0408-2.JPG

私のカメラがようやく修理から戻ってきました! 
ここに載せた写真は、今私が専用の苗床用照明の下で育てている苗です。外はまだ寒すぎて、多くの野菜は土に直接植えても育たないので、私は家の中に3つの棚を作って、そこに寒さに弱い小さな苗をぎっしり集め育てています。同時に、家の外に小さな温室のような「冷床」を作って、そこでは寒い気候にわりと適応しやすい種類の苗を育てています。また、先週、外の地面に直接えんどう豆とラディッシュを植えつけました。今週は本当は蕪とえんどう豆をもっとたくさん植えるつもりだったのですが、時間がなくてできませんでした。早くやらないと!
  

My camera is finally fixed! These are pictures of some of the seedlings that I am growing under florescent lights right now. It is still too cold outside to plant most vegetables directly into the soil so I have three shelves inside with lots of little seedlings that are sensitive to cold and two outdoor "cold frames" which are like mini green houses that are holding seedlings that are more adaptable to cold weather. We planted peas and radish directly into the ground last week and I have been meaning to plant turnips and more peas this week but haven't had enough time. I have to do it soon.

Hiking

0318-1.JPG

0318-2.JPG

0318-3.JPG

0318-4.JPG

私たちが週末デイビッドの展示オープニングのためNYへ行っている間、うちの犬のコールマンは友達のCalとRichardのところに預かってもらいました。私たちが迎えに行ったとき、全員で彼らのとても広大な土地(150エーカー)の周りをハイキングしに行きました。まだ雪解けし始めたばかりだというのに、コールマンは泳ぎたがり、気温など無視して水に飛び込んでしまいました。コールマンは自然の中でのびのび動き回るのが大好きです。私をもっとも幸せな気分にしてくれるのは、コールマンが顔中笑顔にしてフルスピードで走り回っているのを見ることかもしれません。
 

Our dog Coleman was staying with our friends Cal & Richard for the weekend while we were in the city for David's opening. When we went to pick him up, we all went for a hike around the property which is really huge. (150 acres) The snow had only just melted recently but Coleman loves swimming so he jumped in regardless of the temperature. He really loves being free in nature. I think the thing that makes me happiest is to see him running at full speed with a big smile on his face.

I broke my camera

 

長い間ブログをアップデートしてなくてごめんなさい。というのも、デジタルカメラをなくしてしまったからなんです。昨日とうとう新しいのを買ったのですが、でもほんの1時間前にカメラを落っことしたら壊れてしまいました。Canonに電話してどこに修理を頼めばよいか聞いたのですが、たった1日で壊してしまったと電話に出た男性に笑われてしまいました・・・、とても悲しい。
カメラを落っことしたとき、私はうちの近所にいた猫を撮ろうとしていました。この子は私たちと一緒にいたほうがいいと決めたようで、今ではうちの玄関に住んでいます。猫の写真の代わりに、ここには私の夫が来週彼の展示のオープニングに出すために描いた絵を載せておきます。
  
I am really sorry I haven't updated my blog for so long but I lost my digital camera. Yesterday I finally bought a new one but only an hour ago, I dropped it, and now it's broken. I called Canon to ask where to bring it to be fixed and the man on the phone laughed at me because I had only had it for a day..... so sad.
I was trying to take a picture of our neighbor's cat who has decided that she likes to be with us better and now lives on our porch, when I dropped the camera. Instead I will post a detail of a painting my husband did that will be in his show opening next week.

0304.JPG

Root Vegetables

 
0217.JPG
0217-2.JPG
私たちは毎月、隣町のウィンター・ファーム・マーケットに通っています。私のお気に入りの店はHearty Roots Community Farmという名前で、私たちと同じくらいの年齢の、数人の若い家族が経営しています。私は今までジャガイモとニンジン以外の根菜はあまり食べたことがなかったのですが、このウィンター・マーケットに行くようになってから、それほど知られていない根菜の大ファンになってしまいました。例えば、パースニップ(アメリカボウフウの根)や蕪甘藍(カブカンラン)、そしてとりわけ根用セロリ。パースニップの味はすごくスパイシーなニンジンという感じで、蕪甘蘭は私に大根の味を思い出させます。でも、多分もっと水っぽくてすごくすごくマイルドな味わい。根用セロリは繊維質のないセロリという感じの味です。私はいつもセロリの繊維質の部分が大嫌いだったので、これは私にとってパーフェクト。私はこの根菜を全部使ったミックス・ベジタブル・スープを作るのが大好きです。根菜を切ってオリーブオイルと一緒に鍋に入れ、固形の野菜スープストック、水、ガーリック、そしてバジルやローズマリー、オレガノ、セージ、ベイリーフなどキッチンにあるありったけのドライハーブ類を入れます。塩コショウをして味をみて、ストーブで30分も煮ればできあがりです。
今年もうすでに自分用に野菜と根菜の種をオーダーしました。自分の野菜が育つのが待ちきれません。

We have been going to the Winter Farm Market in the next town over from us every month. Our favorite vendor there is called Hearty Roots Community Farm which is run by a few young folks around our own age. I was never much of a root vegetable eater besides potatoes and carrots but since going to the winter market, I've become a really big fan of the more obscure root vegetables; parsnips, rutabagas, and especially celeriac. Parsnips taste like very spicy carrots, rutabagas remind me of the texture of daikon but maybe more watery and they are very very mild tasting, celeriac tastes like celery without the stringy stuff. I've always hated the stringy stuff inside celery so it's perfect for me. I love making a mixed vegetable soup with all of these cut up and put in a pot with olive oil, dried vegetable soup stock, water, garlic, and every dried herb I have in the kitchen which right now includes basil, rosemary, oregano, sage, and bay leaves. Add salt and pepper to taste and it's done in less than half an hour on the stove.
I've been ordering my vegetable seeds for this year already and ordered seeds for these. I can't wait to grow my own.

Opera

 
2010-1.JPG
2010-2.JPG
 
私は生涯でたった3回だけしかオペラを観たことがありません。16歳の時、イタリアで『トスカ』を観たのと、NYのメトロポリタン・オペラで『仮面舞踏会』と『魔笛』を観たのがすべてです。この3回の中で、上演時間中ずっと私の注意をひきつけていられたのは『魔笛』だけです。私の観たパフォーマンスはJulie Taymorという、カラフルで想像力豊かなコスチュームとパペットを用いることで有名な監督の作品でした。それはそれは楽しかったです! オペラを知っている人なら、席で笑い転げてしまうほど面白いはずです。私が観たのと同じパフォーマンスのDVDが新しくリリースされました。ただ、歌だけは英語版です(私が観たのはオリジナルのドイツ語版でした)。お子さんにもお薦めできるくらい、私の大推薦できる作品です。
 
それと、もしNYへ来る機会があれば覚えておいてほしいのですが、メトロポリタン・オペラのチケットは前売りでも当日でも$15から買うことができます。上階のバルコニー席だってパーフェクトに観えるし、聴こえます。素敵な洋服に身を包み、ちょっぴりドレスアップして出かけるなんて、とても楽しいことです。オペラ座の内部も非常に美しいです。
ここにDVDのプレビューのリンクを貼っておきます。
 

I have only seen three different operas in my life. I saw Tosca when I was 16 in Italy and I've seen Die Zauberflote (The Magic Flute) and Un Ballo in Maschera (A Masked Ball) at the Metropolitan Opera in New York. The only one of those three that kept my attention the whole time was Die Zauberflote. The performance I saw was a production by director Julie Taymor who is known for using puppets and colorful, imaginitive costumes. It is so much fun! Who knew opera could be so fun that you would laugh in your seat. There is a new dvd out of the same performance I saw except sung in English (I saw the original German version) if you see it around I would highly recommend it even for children.
Also if you are ever coming to New York, you should know that you can buy $15 tickets to the Metropolitan Opera in advance and also on the day of the show. Even sitting high up in the balcony, you can see and hear perfectly well and it's really fun to go to something dressed up in fancy clothes. The inside of the opera is really beautiful.
Here is a link to a preview for the dvd
http://www.metoperafamily.org/metupload/video/2008-09/MagicFlute/index.html

i wanted to become a dancer

私は子供の頃、踊るのがすごく好きでした。今でもダンスはまだ好きですが、でも、ほとんど家の中で・・・・パジャマを着たまま踊っています。昔はよくダンスのTVショウを見ていたのですが、その頃毎週見ていたショウのビデオクリップをいくつか見つけたので、皆さんにも見てほしくなりました。

SOLID GOLD

DANCE FEVER

SOUL TRAIN


When I was little, I really liked dancing. Actually I still like dancing but mostly in my own house..... in my pajamas. I used to watch lots of dance TV shows so I found a few clips from shows I used to watch every week to show you.

The Future

 
0122.JPG

0122-2.JPG

黒人のバラク・オバマ氏が大統領になる瞬間を見ることが、多くのアメリカ人にとってどれほど意味のあることか、日本に住む皆さんのうち果たしてどのくらいの方々がその意味深さを理解できるでしょうか。黒人アメリカ人の多くは、数百年前、合衆国に連れてこられたアフリカ人奴隷の子孫です。当時、彼らは通常、モノとして、あるいは個人の所有物として扱われ、売ったり買ったりでき、彼らの所有者の好きなように使えるものでした。奴隷制度が終わってからも、黒人たちは準国民の地位に甘んじなければなりませんでした。1960年代まで、黒人と他の有色人種たちは、白人アメリカ人と同等の社会的、法的権利を持てなかったのです。アメリカ南部には、「白人用」「有色人種用」と指定されたトイレや水飲み場がありました。レストランやホテルの多くは白人以外の客を断わったので、ツアー中の有名ミュージシャンですら、いくつかの街では彼らを受け入れてくれる場所を探さねばならないくらいでした。白人女性の顔を見つめたり、軽率に話しかけたからというだけの理由で、怒り狂った群集に殺されたり、リンチされることもままあったのです。

 
オバマ氏の大統領就任の宣誓を見てうれし泣きする年配のアフリカ系アメリカ人を見れるということは、見果てぬ夢が叶った人たちを見るということなのです。親たちは子供たちに向かって希望をもって話しました。今や、彼らはラップスターやプロのアスリートばかりではなく、アメリカ合衆国の大統領だって目指せるんだ、と。この国の人々は、人種や宗教、姓や性的嗜好を超えて、多くの痛みやフラストレーションを感じ続けてきました。私は、今日という日によって、あらゆる階層の人々が感じた傷を、私たちがより身近に感じられるようにと願ってやみません。
 
オバマ大統領は、その就任演説の中で、私たちが自分自身や家族の利益だけを思うのではなく、この社会全体に変革をもたらすためには、各人の犠牲と勤勉が必要となるだろうと語りました。願わくば、大勢の人々が、政府が彼らのためにすべてお膳立てしてくれるのをただ待っている代わりに、この呼びかけに答えるために自分たち自身の中にそれを見つけられますように。

 
I wonder how many of you in Japan understand how meaningful it was to many Americans to watch Barack Obama become President. Many black Americans are decendents of African slaves brought to the states hundreds of years ago where they were generally treated as objects or as personal property, to be bought and sold and used as their owners pleased. Even after the end of slavery, blacks were reduced to second class citizens. Up until the 1960's, blacks and other non-whites did not have the same social and legal rights as white Americans. In the South, there were bathrooms and water fountains designated for "Whites" and "Colored". Many restaurants and hotels refused to serve non-white customers, even famous muscians on tour had to search for places that would serve them in some towns. People could even be killed, lynched by an angry mob of people, just for looking up at the face of a white woman or to speak out of turn.
To be able to watch older African-Americans rejoice and cry when Obama was being sworn in was watching people see their wildest dreams come true. Parents spoke about their children with hope, that now they could aspire to be more than just a rap star or a pro athelete, they could hope to be the President of the United States. There has been a lot of pain and frustration felt by the people of this country over race, religion, gender, and sexual preference. I hope that this day brings us closer to healing the wounds felt by people of all walks of life.
In his inauguration speech, President Obama spoke about sacrifice and hardwork that will be needed from each individual, not just for the sake of our selves or our own families but to bring a change to the whole of society. I hope many people will find it in themselves to act upon this call to service instead of just waiting for the government to fix everything for them.

New beginnings

crystal.JPG

新しい1年に希望を託して・・・。

 

I am hopeful about the new year.......

merry christmas

1225.JPG

Storms

1222.JPG

しばらくブログを更新していなくて、ごめんなさい。1週間ほど日本に行っていて、その後家に戻ると大雪で、電気も暖房も、水すらも5日間に渡って止まってしまうほどのすごさだったのです。一番大変だったのは、うちの亀たちで、この子たちは温水の中にいないとならないため、色々な方法で水を温めようと苦心しました。2日の間、デイビッドと私は、一晩中行ったり来たりしながら、水を沸かしては亀の水槽に入れた湯たんぽにお湯を入れ替えてやりました。45分おきにこの作業をしなければならなかったので、私たちは疲れきってしまいました。とうとうプロパンガスを使い果たしてしまったので、お隣さんから石油ストーブを借りてきました。これは亀の部屋を暖めるのにはとても役立ったのですが、ひどい臭いがするので、1日後に使うのを止めてしまいました。水が冷たいことで亀が病気になってしまうのではとひどく心配したのですが、亀たちは無事生き延びたので、私はとてもハッピーです。暖房がなかったので、それはそれは寒かったです! 5日間のうちのある晩などは、マイナス10度まで冷え込んだのですから!
とにかく、家の中に暖かさが戻ってきたので、私はやっと生きた心地を取り戻し、そして新たな雪嵐が来ても、その美しさを楽しむことができるようになりました。これは今日の午後のうちの中庭の風景です。
 
I am sorry I haven't written in a long time. I was in Japan for a week, then came home to an ice storm which left us with no electricity, heat, or running water for five days. The most difficult part was that our turtles need to be in heated water and we tried different methods to keep the water warm. For two days Dave and I stayed up all night, taking turns, boiling bottled water and putting it in hot water bottles (yudanpo) which we put in the turtle's tanks. We had to do this every 45 minutes or so and was very exhausting. We finally ran out of propane so our neighbor lent us a kerosene stove. It warmed up the turtle room well but also smelled awful so we had to stop using it after a day. I was very worried that the cold water would make the turtles sick but they survived and I am very happy about that. It was SO cold with out heat! It went down to -10 degrees celsius one of the five nights!
Anyway, I am finally feeling human again and can enjoy or current snow storm for it's beauty since inside the house is warm. Here is a look out on to the patio this afternoon.

radish

radish.JPG

 
地面が凍ってしまう前に、庭から、私のちっちゃくてキュートなラディッシュを引き抜いておきました。


My cute little radish pulled from the garden before the ground froze.

bread

bread-004.JPG

これはデイヴィッドが生まれて初めて焼いたパンの写真です。見た目は少しスポンジっぽいけれど、お味はなかなかのものでしたよ。
 

This is a picture of the first loaf of bread Dave ever made. It was a little spongy but tasted pretty good.

Color Demo

 
1127-1.JPG
1127-2.JPG
1127-3.JPG
私たちの友人で、画家のクリスティーナ・トロとユリシーズ・ジャクソンが週末、うちに遊びに来てくれました。ユリシーズはアクリル絵の具を扱う大企業の1つであるGolden社で働いており、新しい種類の絵の具を開発するためのリサーチを担当しています。そこで、デイヴィッドは彼に、カラー・デモをお願いしました。ユリシーズは、どうやって絵の具をミックスしたら希望の色を作れるかとか、どうやれば色と色がマッチするかとか、色々な絵の具を使ってできることを教えてくれました。 
 
Our friends, painters Cristina Toro and Ulysses (yu-li seez) Jackson, came to visit us this weekend. Ulysses works at Golden which is one of the biggest acrylic paint companies and does research and development for them making new kinds of paints so Dave asked him to give us a color demo. Ulysses taught us how to mix paints to make them the colors you want, how to match colors, and what the different paints can do.

Heat!

私たちが引っ越してきた場所は、1月になると平均気温がマイナス5度にもなります。ですから、家の暖房は重大事です。この家は各部屋にあるラジエーターで暖房されていて、そのラジエーターの中には地下のボイラーから熱湯が流れてくるのです。この家の持ち主である私の友人は、石油バーナーを木材チップを燃料にしたボイラーに入れ替えました。私たちは1日に2回、このボイラーに木材チップを満たさねばなりません。
 

1111-1.JPG

1111-2.JPG

1111-3.JPG

1111-4.JPG

先週、1トン分の木材チップがデリバリーされ、デイビッドが地下室に積み重ねました。

引越し以来、自分が消費するもののことについて、より深く考えるようになったのは興味深いことです。都会にいるとき、暖房のコストは家賃に含まれていました。なので、そのことについてあまり考えたことはありませんでした。今年、暖房の請求書に私はビクビクしていますが、暖房の素材コストがなんなのかという知識が深まっていくのには感謝しています。
 
Where we moved, the average temperature in January is minus 5 degrees Celsius. So heating the house is of great importance.
The house is heated through radiators in each room that are filled with hot water that comes from a boiler in the basement. My friend who owns our house replaced the oil burning burner with a wood chip boiler. We have to fill the boiler twice a day with bags of wood pellets. 
 
Last week we had one ton of pellets delivered which Dave stacked in the basement.
It's interesting how much more I think about what I consume now that I've moved. In the city, the cost of our heat was included in our rent so I never thought much about it. As much as I dread the heating bill this year, I am appreciative in gaining back the knowledge of what the material cost of heat is.

A beautiful autumn sky

1110.JPG

Voices to be heard

今日(※11月4日)は投票日です。今朝早くオフィスまで歩いているとき、地下鉄の駅の近くで手作りのフライヤーを配っている2人の子供がいました。多分8歳くらいでしょうか、年少の子の方に私が近づいていくと、彼は私に「投票を忘れないでください!」と書かれた1枚のフライヤーをくれました。 1108-1.JPG
その子と彼のお姉さんは特定の候補者を宣伝するためではなく、投票という行為自体を宣伝するためにフライヤーを配っていたのです。これには涙を誘われました。選挙に対してこれほどの熱狂ぶりを目の当たりにすることになるなんて、思ったこともありませんでした。
今、このブログを書いているうちにも、各州の開票状況がゆっくりと告知されています。あともう3時間で西海岸の最後の州の投票結果が分かります。多くの人が今日投票を行いました。NY市では投票所の多くに長い列ができました。
1108-2.JPG 1108-3.JPGデイビッドと私は、もしオバマ氏が今晩勝利したら、明日はお祝いとして家中を大掃除しようと決めました。おかしなお祝いの仕方ですが、過去8年の間、ブッシュ政権下でこの国に起きていたあらゆる悪を一掃することにも似通ってると思ったので。

 
Today is election day. When I was walking to the office earlier this morning there were two children near the subway station giving out flyers. As I got closer the smaller of the two, maybe he was around 8 years old, handed me a hand drawn flyer and said "Please don't forget to vote!" (Insert flyer drawing) He and his sister had drawn stacks of flyers not promoting any candidate in particular but promoting the act of voting. It brought tears to my eyes. I don't think I've ever witnessed so much enthusiasm about an election, ever.
As I type this, they are slowly announcing the tally of each state with 3 more hours before the last states on the west coast close their polls. A lot of people have voted today. In New York City, there were long lines at most polling places. (Insert two pictures of long lines) David and I have decided that if Obama wins tonight we will clean and scrub the whole house as a celebration tomorrow. Funny way to celebrate but we figure it's like a cleansing of all the badness that has happened to this country over the past 8 years under Bush.

Hope?

国会で国のリーダーが選ばれる日本と異なり、アメリカでは国民が大統領選に直接投票します。今年は選挙の年であり、11月4日の火曜日は重大な日です。私たちの仲間の多くは、クリントンが大統領だった時代を振り返って懐かしく思い、そして願わくばジョージ・W・ブッシュが二度と選ばれませんようにと神に祈っています。私は、ブッシュがかつて大統領に選ばれただけでなく(といっても投票数ではアル・ゴア実際には勝っていたと論議する人が大勢いるでしょうが)、こともあろうに2度までも選出されているという事実に恐怖しています。
 
つまるところ、今年は私たちの多くにとって、民主党が勝利し、白人以外の初の大統領が誕生するための非常に良いチャンスというわけで、特別に重要な年なのです。そして、私たちはオバマがこの戦争狂いの国家を貧者や中流クラスの人たちを助けるよう方向転換させることを願っているのです。
 
デイビッドと私はちょっとお使いをしに運転しているときに、ヤード・サインを数えるのが好きです。ヤード・サインは、支持者の人たちが自分たちがどの候補者を支持しているかを所有地の中で宣伝をするための看板です。私たちは(彼らの家や庭を見ているうちに)オバマ支持者にはデザインセンスの良い人はいないという結論に達しました。
1107-1.JPG 
 
私たちの友人であるShepard Faireyはオバマのもっとも有名なポスターの一つをデザインしました。
1107-2.JPG 
 
私は心底からオバマ氏の勝利を願っているとはいえ(マケインもパリンと同様怖くはありません・・・)、本当は一番のチョイスはデニス・クシニッチ氏だったのです。春に行われた民主党の最初の選挙で、私たちは彼に投票しました。彼はヴィーガンなだけでなく、アメリカ合衆国議会でもっとも進歩的な議員であり、大企業と汚職政治に対して戦っている人です。私にとって不運なことに、彼は大多数の人たちにとっては、かっこよすぎるのです。多分、いつの日か・・・・。
1107-3.JPG 

1107-4.JPG


In America, people vote directly for their President, unlike in Japan, where the Diet chooses the country's leader. This is election year, and Tuesday, November 4th is the big day. There are many of us who can only look back on the years that Clinton was President and think fondly, and wish to God that George W. Bush had never been elected. I'm still in horror of the fact that not only was he made President once (and many people will argue that Al Gore actually won in the number of votes) but he was elected TWICE.

So this year is especially important for many of us because there is a very good chance that the Democrats will win, the first non-white man will become President, and we are hoping that he will turn this war crazed country around and help the poor and middle class.

David and I like to count yard signs while we drive around doing our errands. Yard signs are used by people who support political candidates to show who they support and advertise for them on their own property. We have made the conclusion that anyone with good design taste (seen by looking at their homes and gardens) will be for Obama.

A friend of ours Shepard Fairey designed one of the most famous Obama posters.

While I honestly hope with all my heart that Obama wins (McCain isn't nearly as scary as Palin....) my first choice would have been Dennis Kucinich. We voted for him in the Democratic primary election in the spring. Not only is he vegan, he is the most progressive member of the United States Congress and fights large corporations and dirty politics. Unfortunately for me, he is just way too cool for most people. Maybe one day........

Apple Picking

 
1028-1.JPG
1028-2.JPG
1028-3.JPG
いつもだと、私は週のうち2、3日はNY市内のオフィスにミーティングや仕事をしに行くのですが、先週は、アーティストでデザイナーのShabd Simon-Alexanderが、私がNY市に行く代わりに彼女が私に会いにうちへ来たいと言ってくれました。彼女は秋冬の洋服を持ってきてくれたので、私は彼女が店のために作ってくれた暖かで美しい洋服を見せてもらい、一緒にここから出荷させました。その後で、私たちは農場へりんご摘みに歩いていきました。とても楽しかったです。家に帰ると、Shabdはとてもシンプルなアップルパイの作り方を教えてくれました。 
 
Normally, I go down to the city to have meetings and work at the office a few days a week but this past week Shabd Simon-Alexander, the artist and designer, said she wanted to come up to our house to meet me instead of me coming down to the city. She came up with her Fall clothes and I took a look at all the warm and beautiful things she made for the store and we shipped them from here. Then we went to a farm down the road and went apple picking. It was so much fun. We came home and Shabd taught me how to bake a very simple apple pie.

Pink

1017-1.JPG

1017-2.JPG

1017-3.JPG

小さい頃、ピンクは私の一番好きな色でした。私の部屋の壁はバブルガム・ピンクで、ベッドはフリフリのピンクのカバーで覆われていました。年月が経つうちに、私はいまでもそんなにピンク好きだとことを否定し始めたように思います。だって、あんまり少女っぽすぎますから。でも、今、花々を見ていると、私はやっぱりこの色が好きなんだという気持ちが、再び湧き上がってくるのを感じてしまいます。新しい植物を買うとき、いつもどんな色の組み合わせにするべきかですごく迷ってしまうのですが、これからは色々な深さのピンク色の花をつける植物を中心に集めてゆけばいいんじゃないかと思い始めました。写真はこちらに引っ越してきてから私が買った2種類の植物と、もう1つは既にここで咲いていた花です。

 
When I was little, pink was my favorite color. My room was painted a bubblegum pink and my bed was covered with frilly pink covers. Over the years I think I started to deny the fact that I still liked pink so much because it was just too girlie. But looking at flowers now, I am sensing a renewal in my favoring this color again. Since I have a really hard time staying with any kind of rigid color palate when buying new plants, I am thinking it might be a good idea from now on to collect mostly pink flowering plants in all different shades. Here are two plants that I brought upstate with me and another that I found already growing here.

mushroom

 
1001.JPG
うちの前庭であっという間に大きくなったキノコがあったので、可愛い写真を投稿します。
 
 
Just a pretty picture of a mushroom that has been growing quickly in our front yard.

Cinderella's Pumpkin Patch

私たちの新居には、すでに作付けのされた野菜畑がついてきました。この家を私たちに貸してくれた友人のアマンダは、ありとあらゆる種類の野菜のあるずいぶん大きな畑を作っていました。その多くは、「伝播作物」と呼ばれるような古来からの品種でした。私たちがここに越してきたとき、まだ蔓についたままのカボチャが一つありました。1週間後、カボチャは蔓から落ちたので家へ持ち帰り、たまに眺めては感心し、そして、いつになったらこのカボチャを切って、何かの料理にするべきだろうかと考えています。これは、うちの畑で取れた唯一の大きなカボチャなので、私たちはまるで貴重な宝石のように扱っているのです。アマンダは以前、このカボチャは「Rouge Vif D'Etampes」という品種のカボチャだと教えてくれました。調べてみたところ、あのおとぎ話の中でシンデレラの魔法使いのおばあさんが馬車に変身させたのと同じカボチャで、1880年代のパリの市場で人気があったカボチャのようです。
0930-1.JPG  
夜になると、ここは街中よりもずっと冷え込みます。日中、熱を吸収し、夜まで溜めこんでおくようなコンクリートがまったくないからです。まだ、ボイラーを使い始めていないので、暖を取るための方法として毎晩1本丸太を燃やしていますが、それで手足が十分暖まります。

0930-2.JPG 

私が炎を眺めたり、火がはぜる音を聞いたりするのが大好きです。うちの動物たちも火のそばに座るのが好きです。犬のコールマンは、私がPCをタイプしている間、暖炉の隣のソファーで眠っています。

0930-3.JPG

Our new house came with a vegetable garden already planted. My friend Amanda who we are renting our house from planted a rather large garden of all different kinds of vegetables, many of which are old "heirloom" varieties. There was one pumpkin still on its vine when we got here and about a week later, it fell off, so we brought it in and have been admiring it for some time now, trying to figure out when exactly we should cut it open and make something from it. It's our only large pumpkin from the garden so we are treating it like it's a precious gemstone. Amanda told me the other day that it is called a "Rouge Vif D'Etampes" pumpkin. I looked it up and it is the kind that Cinderella's fairy godmother turned into a coach in the fairy tale and was a popular pumpkin in the markets in Paris in the 1880's.

The nights are much colder up here than in the city. No concrete to suck up all the heat during the day and keep it at night. We haven't started the boiler yet so we have been burning one log every night to warm up the house just enough so that my hands and feet aren't cold. I love watching the flames and hearing the fire crackle. The animals like to sit by the fire as well. Coleman is sleeping on the couch next to the fireplace as I type.

drive-in

Drive-In.jpg

私はすごくワクワクしています! 私たちの新居から半時間のところにドライブ・イン・シアターがあったのです。私がまだ子供のころ、そう、6歳とか7歳の頃だったと思いますが、1950年~60年代のカルチャーにちょっとハマッていました。大部分は『ハッピー・デイズ』『ラバーン&シャーリー』という2つのTVドラマを通じてで、その当時の私の一番お気に入りの映画は『グリース』でした。自分の車の中から野外の大きなスクリーンで映画を見る・・・、そんなことが本当に可能だなんてまったく考えていませんでした。ドライブ・イン・シアターというものがいまだに存在しているかどうかすらよく分からなかったのです。この、近所のシアターでは2本立ての特集をやっています(1本分の値段で2本の映画が観れるのです)。1人たったの$7で、なんと火曜日には$5で観れるのです! しかも、新作をやっているのです! 私は自分でポップコーンを作って持っていくつもりです・・・、溶かしフェイク・バターをたっぷりかけたポップコーンを。んー、美味しそう!
 

I am so excited! There is a drive-in movie theater half an hour from our new house.  When I was a little kid, like 6 or 7 years old, I was pretty absorbed in 1950's and 60's culture, mostly through two television shows "Happy-Days" and "Laverne & Shirley" and my favorite movie at the time "Grease". The fact that I will be able to watch a movie in my own car on a big screen outside is something I never really thought would be possible. I didn't really know they still existed. Here, they show a double feature (two movies in a row for one price) for $7 per person and only $5 per person on Tuesdays! And they are showing new films! I am going to pop my own popcorn and bring it.... with lots of melted fake butter. Yum.
blkwht-drive-in.jpg

 

Surrounded by green

0909-1.JPG

0909-2.JPG

0909-3.JPG

0909-4.JPG

0909-5.JPG

NY州の北部に引っ越してきました! 引越しはとてもとても荒っぽいやり方でした。なにもかも失敗でした。車は壊れるし、私は足首を捻挫するし、デイヴィッドは財布をなくすし、猫のうち1匹は病気になり、亀のうち1匹も病気になり、まだ良くなっていないし、私はインターネット接続用に間違えた機材を買ってしまうし・・・・。
 
完全な運転免許を取ってから2週間しかたっていないので、私はまだ運転に慣れている最中です。でも、この辺りはほとんど車が走っていないので、良い練習になっています。とはいえ、NY市内から高速道路に乗ってここまで運転してくるのは、もう最悪でした。怖くてたまりませんでした。
 
まだ荷物の半分はダンボールに入ったままです。私たちは大半の時間を亀のタンクを設置するのに使ってしまって、おかげでそっちはパーフェクトですが、まだ改善しなければならないことが山積みです。デイヴィッドは地下室にドラムセットをセットアップして、練習を始めました。好きなだけ騒音を出すことができて、彼は大喜びです。猫たちもスペースが増えて嬉しそうです。それぞれ別の部屋にいて、お互いに顔をつき合わせていなくても済むため、ケンカが減りました。犬のコールマンもリードなしで散歩するのが大のお気に入りですが、たまには忘れないようにリードをつけて散歩させたほうがいいだろうと昨日私は決めました。家の裏手には小さな泥だらけの池があり、コールマンはそこへ飛び込むのが大好きになりました。私は毎日コールマンを止めなければなりません。でないと、泥を綺麗に洗ってやって、家に上がる前に身体を乾かしてやるまでに長い時間かかるからです。
 
このブログを打っている間、私の右手の窓から通りを挟んで大きなトウモロコシ畑が見えます。とても静かで、私はこの景色が大好きです。今日は公式には私が仕事に戻る初日だったので、あちこち電話したりメールを書いたりしていますが、陽が落ちないうちに犬の散歩に間に合うように、時計と睨めっこしながら仕事しています。
 
友達からこの家を借りることができて、非常にラッキーだったと私たちは感じています。本当に幸運でした。
 


We made it upstate! Moving was really really rough. Everything went wrong. Car broke down, I sprained my ankle, David lost his wallet, one of our cats got sick, one of our turtles got sick and is still not well, I bought the wrong equipment to connect to the internet.....

I am still getting used to driving as I have only had my full license for two weeks but around here, it's not very crowded so it's been a nice transition. Trying to drive OUT of New York City on the high way was horrible though. Very scary.

Half of our belongings are still in boxes. We've spent a lot of time getting the turtle tanks set up and perfect although there is still a lot of things to be improved. Dave set up his drum kit in the basement and has started practicing. He is overjoyed to be able to make as much noise as he wants. The cats are glad to have more room and have generally been fighting less since everyone can be in different rooms and not have to see each other. Coleman my dog has been loving walking around with out a leash, although I decided yesterday that he should still get walked on a leash sometimes so he doesn't forget. We have a small muddy pond in the back that he loves diving into. I have to stop him from doing it every day though because it takes a long time when we get back to clean him off and dry him before he goes in to the house.

As I type this I can look out the window to my right and see a big field of corn across the street. It's very quiet and I love it. Although today is officially my first day back at work, calling people on the phone and writing emails back to people, I am making sure to keep an eye on the clock so that I can squeeze in a walk with the dog before the sun gets too low.

We feel very lucky to be able to rent this house from our friend. Very lucky.

I'm moving to the country

0902.JPG

長い間ブログの更新をしていなくて本当にごめんなさい。実は、田舎に引越しをする準備に忙殺されていたのです! 私たちはNY市から北に2時間のところにある、Germantownという小さな場所へ引っ越します。友人がそこに17エーカー(約2万坪)の土地と3ベッドルームの家を持っていて、それを借りることにしたのです。
 
私は今までずーっと都会っ子でした。小学校と中学校の間の5年間を東京で過ごした以外は、ずっとNY市で育ち、自分自身を生粋のニューヨーカーだと思ってきました。実のところ、草っぱらに座ることを怖がっていた時代もあったくらいです。こんなに変わってしまうなんて、可笑しいですね。
 
きれいな空気、静かで広々した空間が、私は楽しみです。早寝早起きの生活が楽しみです。リードをはずして、私の犬に思い切り草原を走らせ、沼でジャンプさせてあげられるのが楽しみです。
 
次にブログを更新するときには、新しい家と新しい車をお見せしたいと思います! 私はいつも運転免許を取らなきゃ、と思いながら延ばし延ばしにしてきました。でも、今やっと免許を取りました。
 
デイヴィッドは友達と別れるのが寂しいと言っていますが、私は友達がうちに遊びに来てくれることを思うとワクワクしますし、それに私が毎週街に行くときに皆に会えるでしょう。仕事があるので毎週マンハッタンのオフィスに通勤しようと思っています。
 
※この写真は正確には私たちが住むはずの場所ではなく、その近くで撮られたものです。でも、これから起こることの「匂い」が伝わるだろうと思ったので載せました。この写真の使用を許可してくれたJesse Gardnerに感謝します。彼の写真は、このウエブサイトでもっとたくさん見ることができます。
 
 

I am very sorry I haven't written a new blog entry in a long time. I have been busy getting ready to move to the country! We are moving two hours north of New York City to a small place called Germantown. We are going to be renting a friend's three bedroom house on 17acres of land. (That is about 20,000 tsubo)

I have always been a city girl. I grew up in New York City and although I spent five years in Tokyo during part of elementary and junior high school, I always have considered myself a native New Yorker. There were times in my life where I was actually afraid of sitting on grass. Funny how things change.

I'm looking forward to clean air, quiet, and more space. I am looking forward to waking up and going to sleep early. I am looking forward to being able to let my dog off leash to run in the grass and jump in the pond.

In the next post, I will show you my new house and my new car!!! I always meant to get my driver's license and always put it off. Now I have one.

David says he will miss our friends but I am excited that they will come visit and that I will see them when I am back in the city every week. I plan on commuting in to the office every week to do work.

*This picture was not taken on the property that we will be living on but was taken near it. I just thought that it represented the "smell" of what is to come. Thanks to Jesse Gardner for letting me use his photo. You can see more on his flickr page. http://flickr.com/photos/plasticmind/2659720713/in/photostream/

I am vegan

以前のブログの中で私は自分がヴィーガンであることに言及したと思いますが、その事実についてもう少し詳しくお話ししたいと思います。今日、私は食料品の買い物をしたので、行きつけのオール・ヴィーガンのスーパーマーケットでどんなものが手に入るのかお見せするために写真を撮りました。

 

vegan.JPG 

これがそのリストです:チャイ風味の豆乳、冷凍のマサラ・バーガー(カレー味のポテト・パテ)、シナモン風味のソイ・ヨーグルト、Gimme Leanのフェイク粗びきソーセージ肉、Lalabarという美味しいエネルギーバー、ドライフルーツ・バー2本、グリーンペッパーと玉ねぎ。

 

ある晩、『おしりかじり虫』を作ったデュオ"うるまでるび"がNYに来ていたので、一緒にディナーに行きました。二人のマネージャーはなぜ私がヴィーガンなのか尋ねたので、私はシンプルにこう答えました。「だって、私は動物が好きだから」。でも、本当を言うと、これは適切な回答のショート・バージョンなのです。

 

私は約20年ほど前、高校生の頃、肉を食べることを徐々に止めていきました。私は動物を殺したくなかったので、動物の肉を食べることを楽しめなかったからです。最初、私は牛肉と豚肉を食べることを止め、その後、鶏肉も止め、魚介類も食べなくなりました。それから、とても長い時間をかけて、大好きだった本物のバターとチーズを食べたいという自分自身を克服してゆきました。2年前、私は小さなアートフェアに出席しました。どういうわけか、そのフェア全体の商業主義的雰囲気が私にとてもこたえ、そしてNYへ戻る飛行機の中で、私は決意したのです。徹底的にやろう、ヴィーガンになろう、と。そのアートフェアが引き金になったのは、実のところ、人間の本性の中に存在する悪のベールが暴露されたのを見て、うんざりさせられたという以外には、特にはっきりした理由はないのですが。

 

他の生命を直接的に傷つけたくないと私が願っている事実に加え、植物性食品だけを食べることは、実際には色んな方法で地球を助けていることになるのです。2006年の国連白書によると、世界中の家畜によって生産されている温室ガスとメタンは、私たちが運転している車全部をあわせたものより多いのだそうです。また、植物の育成は、食用の動物を飼育するよりも自然資源を消費しません。土も水も石油も、少なくてすむのです。ブラジルの熱帯雨林が牛の放牧や、主として豚や牛の餌として使われる大量の大豆栽培のために切り倒されている映像を見るたびに、私の目に涙が浮かんでしまいます。あまりにも不必要なことだからです。食用として育てられる動物は、地球温暖化と世界全体の幸福に多大な衝撃を与えているのです。

 

今まで東京に行ったときに食べられるものを探すのにとても苦労していましたが、最近はずっと楽になってきました。HaNNaが銀座から表参道に移転してからは、ラッキーなことに近所のNatural Houseでヴィーガン/マクロビオティックのお弁当を買えますし、Avedaの中にあるPure Caféにも行けます。それに、HaNNaのすぐそばのBrown Rice Caféでは私はほとんどなんでも食べられます。原宿のMominoki Houseも私のお気に入りです。次回、東京に行ったら、私は渋谷のなぎ食堂(http://nagishokudo.com/)に絶対に行ってみたいと思います。

この写真は、先日私がショッピング旅行で買ってきた食品から作ったディナーの、ヴィーガン・ソーセジとペッパーのサンドイッチです。

vegan-001.jpg

 

Although I think I have mentioned that I am vegan in previous posts, I've been meaning to elaborate more on that fact. Today I did some grocery shopping and took a picture to show what is available at my supermarket that is all vegan.
Here is my list - Chai flavored soymilk, frozen Masala Burgers (curried potato patties), Cinnamon flavored soy yogurt, Gimme Lean fake ground sausage meat, Larabar - yummy energy bar, two dried fruit strips, a green pepper and onion.

The other night I went to dinner with Urumadelvi, the duo who created "Oshiri Kajiri Mushi", as they were in town. Their manager asked me why I was vegan and I simply answered, "Because I like animals." But truthfully, that is the short version of a proper answer.

I slowly stopped eating meat in high school, almost 20 years ago. I didn't want to have an animal killed so that I could enjoy eating them. First, I stopped eating beef and pork, then chicken, then fish. Then for a very long time I convinced myself that I was addicted to real butter and real cheese. Two years ago I attended a small art fair. Somehow, the commercial atmosphere of the whole thing really got to me and on the plane ride back to New York, I decided that I should go all the way and be vegan. There really isn't a clear reason why that art fair was the trigger except that maybe I saw some veil of evil revealed in human nature and it disgusted me.

In addition to the fact that I do not wish to harm other living beings directly, only eating plant based foods, actually helps the planet in many ways. In a 2006 United Nations report, it showed that the world's livestock produces more greenhouse gases, methane in this case,  than all of the cars that we drive. Growing plants also consumes less natural resources than it does to rear animals for food. Less land mass is needed, less water, less fuel. When I see images of Brazil's rain forest being cut down to be used for cattle grazing and to grow tons of soybeans used mainly for to feed pigs and cows it brings tears to my eyes because it is so unnecessary. Animals raised for food has a huge impact on global warming and the well being of the whole world.

It used to be very hard for me to find something to eat when I was in Tokyo but now it has become a lot easier. Since HaNNa moved from Ginza to Omotesando, I've been lucky to be near Natural House where I can buy vegan/macrobiotic obento, and to Pure Cafe inside Aveda, and to Brown Rice Cafe just down the block from the store where I can eat just about everything. Mominoki House in Harajuku is also a favorite. Next time I am in Tokyo, I really want to try Nagishokudo (http://nagishokudo.com/) in Shibuya.

Here is a picture of the vegan Sausage and Pepper sandwich that I made for dinner with some of the ingredients from my shopping trip.

I am currently a turtle magnet

数週間前のことです。犬の散歩をしているとき、小さな亀が歩道を歩いているのに遭遇しました。フェンスのそばの雑草が動いているのを見たとき、私は最初、鳥の雛だろうと思いました。でも、その後で亀の頭がひょいと現れ、ブロックの角に向かって歩き始めたのです。私の頭には「まさか!亀だなんて!」という思いしか浮かびませんでした。亀を拾いあげると、フェンスで囲まれた入り口に近寄り、内側にいた男性にこの亀がその中から来たのではないかと尋ねましたが、彼は「まさか!ここには亀なんかいない!うちは亀なんて飼ってないよ」と言いました。私はこの亀を歩道に放っておくことができなかったので、家へ連れて帰り、今、この子は私たちと一緒に暮らしています。彼のことはチンパンジーに因んでPan-kunと名づけました。

0729-Pan.JPG

 

この亀はきっと誰かがペットとして飼っていたのを、なんらかの理由で捨てたのだと思います。Pan-kunは私の手から餌を食べ、人を怖がりません。彼の甲羅は餌のカルシウム不足と日光の不足によって変形しています。

うちには治療費が足りなくなってきていたので、私は資金集めをしようと決めました。今週末、ニュー・アートディーラーズ組合によってチェルシーで開かれるスウィートフェア用に、丸1週間かけてクッキーとカップケーキを焼き、テーブルにお菓子を並べて、IchigoとPan-kunという私の助けた2匹の亀の情報を掲げたのです。

0729-sweet.JPG

 

0729-sweet2.JPG

この日、スタートは順調でした。色んな人が訪れ、私に質問をし、その大勢は私が道で亀を拾ったことに驚き、お菓子を買って寄付をしてくれました。その日の半ば頃、組合で働いている一人の女性がある家族と一緒に近づいてきて、その一家に「見て。ハンナが亀のクッキーを売っているわ。そして、あなたたちには赤ちゃん亀がいる!」と言いました。10代の息子と娘を連れた父親が近づいてきて、私に今彼らが買ったばかりだという2匹の小さな亀の赤ちゃんを見せてくれました。奇妙なことには、彼らは誰も亀なんて欲しがっていなかったのです。まるで、気まぐれで観葉植物を買ってしまったけれど、間違った選択だったと思い当たったかのような様子です。彼らは友人の誰かに「ねえ!ほらあなたにプレゼントよ」と冗談めかして2匹の亀をあげて、厄介払いしたかったのです。娘は私にどうしたらよいか尋ねました、公園にただ放してやったらよいのかしら? 2匹は本当に小さな小さな赤ちゃん亀です。NYではこんなに若い亀を売るのは違法行為です。法的に販売できる亀はこの4倍は大きくなければなりません。この亀たちは本当にか弱いのです。私は恐ろしくなりました。私がもらってあげるべきだろうか? でも、うちにはもう場所がありません。十分なお金もありません。今すぐ亀をもらってくれるような誰かを見つけられるだろうか?

私は夫に電話しました。彼は言いました、「うちにはもうこれ以上スペースがないよ。辛いだろうけど、もらってくるべきではないよ」。友達のAmandaに亀をもらってくれるかどうか聞くために電話しましたが、誰も出ませんでした。その家族が1時間かそこらフェア会場を見て回っている間、私は今までの人生を細かく振り返り、どうにかしてこの2匹の可愛い赤ちゃん亀を救う方法がないか必死に考えました。でも、私が彼らに提案できた唯一の方法は、市の動物保護施設に持ち込むことだけでした。そこは私たちのいる場所からとても遠く離れていました。その家族はNYから来たわけではなく、サンフランシスコから来ていました。電車で施設に行くには1時間はかかります。私は自分で連れて行ってあげるべきかと迷いました。でも、フェア終了までにはまだ数時間あり、私は今自分がケアしている2匹の亀のために資金集めをしようとしていました。

 

いつしかこの家族は立ち去っており、彼らが結局どうしたのか、私は知りません。女の子が小さなプラスチックのカゴを父親へつき返しながら、こんなもの全然欲しくなかったと言うのを見たとき、私の胃はキリキリと痛みました。その中にいる2つの命に対する彼らの思いやりのなさを見て。

 

子供の頃、私は正しい飼育方法に対する注意不足からペットを死なせてしまったことが何度かあります。適切に動物をケアする方法に対してまったく無知だったことがたくさんありました。多くの場合、私は正しくない飼い方を教える人たちからペットを買っていたり、時には動物のケア方法についてまったく何も教えてくれない人すらいました。当時、インターネットなどなく、私は動物の飼い方に関する本があるということすら知りませんでした。ですが、私はいつもペットたちの幸せを気にかけていました。そして、正しいと言われたことは何でもベストを尽くして行おうとしていました。

 

土曜日、私の心は張り裂けそうでした。まさに言葉通りの心境でした。私のハートは傷つき、壊れていました。他の人たちが気にかけないことに対して。自分と共に暮らしている動物と自分の夫のクオリティー・オブ・ライフを危険にさらすことなく、何だってできるというような気持ちになれなかったという事実に対して。私は、自分が普通ではないということは分かっています。殆どの人たちは、他の動物のことをここまでは気にかけないものです。(私は、自分たちだって動物だと信じています。)でも、私は心の底から願ってやみません。皆に他の動物のことをもっと気にかけてほしいと。



A few weeks ago, while I was walking my dog, I came upon a small turtle walking on the sidewalk. At first when I saw the weeds near the fence moving I thought it must be a baby bird, but then his head popped out and he started walking towards the corner of the block. All I could think was, "Oh no, not another one!" I picked him up and walked over to the entrance of the fenced gate and asked the man on the other side if it had come from inside but he said "No, no turtles here! We have no turtles." I couldn't just leave him walking on the sidewalk so I brought him home and now, he lives with us. We named him Pan-kun after the chimpanzee.

We are quite sure that he was someone's pet that was thrown away/dumped for whatever reason. He will eat from my hand and isn't scared of people. His shell is deformed though from lack of calcium in his diet and not enough UV light.

We have been racking up the vet bills so I decided to do a fund raiser. I spent the whole week baking cookies and cupcakes for a street fair in Chelsea this weekend run by the New Art Dealers Alliance and set up a table with all my baked goods and information on both rescued turtles, Ichigo and Pan-kun.

The day started going well, people came and asked me questions, many were surprised that I found a turtle walking by himself on the street, they bought sweets and gave me donations, then mid-day, a woman that works for the Alliance came over with a family saying to them "Look, Hanna has turtle cookies and you have baby turtles!" A father with teen-aged son and daughter came over and they showed me two tiny baby turtles that they had just bought. The weird thing was that they didn't even want them. It was as if they had bought house plants on a whim and then decided it was a bad idea. They wanted to get rid of them and were trying to jokingly tell one of their friends "Hey! I got you a present." The daughter asked me what they could do, should they just release them in the park? These were very very young babies. In New York, it is illegal to sell such young turtles. They have to be four times bigger to be sold legally. They are very fragile. I felt awful. Should I take them? I don't have enough room. I don't have enough money. Could I find someone to adopt them right away?

I called my husband and he confirmed, "We have no more room. As much as it pains you, you shouldn't take them." I called my friend Amanda to see if she might want them but no one answered the phone.

They walked around the fair for another hour or so while I ran though the details of my life over and over again to see if I could figure out a way to save these too cute baby turtles. The only thing I could do was to suggest to them to take them to the city animal shelter. It is very far away from where we were. The family wasn't even from New York, they were visiting from San Francisco. It would take an hour to get to the shelter on the train. I wondered if I should take them to the shelter myself. But I still had hours of the fair left to attend to and I was trying to raise money for the two turtles in my care already.

At some point the family left and I didn't find out what they were going to do. My stomach hurt from watching the girl hold the little plastic cage out, with her arm extended, telling her father how much she didn't want them, from the lack of compassion they had for the two living beings inside.

When I was a kid, I had pets die in my care from lack of proper husbandry. I was totally ignorant of how to care for animals properly many times. Most of the time, I bought them from people who told me incorrect information, sometimes I bought them from people who didn't tell me anything at all about how to care for them. There was no internet at the time and I don't think I even knew that there were books about how to care for them. But I always cared in my heart about their welfare. I always tried my best to do whatever I was told was the right thing.

My heart broke Saturday. That's what it felt like/feels like. My heart broke. It broke from seeing other people not care and it broke from the fact that I didn't feel like I could do anything about it without jeopardizing the quality of life for me and the rest of the animals I live with and my husband's. I know that I am not normal. That most people don't care this much about other animals. (I believe we are animals too) But I really wish with all me heart that they would.

 

Coney Island

0723-1.JPG

0723-2.JPG

0723-3.JPG

友達で、Mountain Fold GalleryのディレクターをしているYuが、来月フォトグラファーのPorts Bishopと結婚します。典型的なバチェラーパーティーをやる代わりに(アメリカでは男性ストリッパーを呼んだりします)、私たちはコニーアイランドのビーチに小旅行をすることにしました。地下鉄でダウンタウンから45分ほどですが、とても簡単に行けます。コニーアイランドはホットドッグの大食い選手権や、遊園地、夏季のミュージックフェスティバル、年に1度のマーメイド・パレード、フリーク・ショウなどで有名です。
私たちは食べ物や、スナック、ドリンクを持って行き、座って噂話に花を咲かせたり、有名俳優や女優のゴシップが書かれているくだらない雑誌を呼んだりして、とても楽しく過ごしました。 

 

My friend Yu, who is the director of Mountain Fold Gallery, is getting married next month to photographer Ports Bishop. Instead of having a typical Bachlorette Party (which in America involves male strippers) we decided to take a trip to the beach at Coney Island.
On the subway, it is about 45 minutes away from downtown, but very easy to get to. Coney Island is famous for it's hot dog eating contest, amusement park rides, summer music festival, annual mermaid parade, and freak shows.
We brought food, snacks, and drinks and sat around and gossiped and read trashy magazines about famous actors and actresses. It was a lot of fun.

4th of July

 

mark-001.JPG

7月4日はアメリカの大きな祭日、イギリスの植民地法からのアメリカの独立を祝う、独立記念日です。でもそれは、アメリカがネイティブ・アメリカンから国土を奪ったことをお祝いするという意味でもあるので、普通なら私が楽しめない祭日なのです。が、私はたくさん食べるのが大好きですし、みんなもバーベキューやピクニックをしたり、ポテトサラダをたくさん食べたりして過ごすのです。

 

そこで、昨日、私たちは友達とちょっとしたパーティーをし、フォトグラファーのマーク・ボスウィックの家に集まりました。マークはとても料理上手なのですが、時々、私が動物性の食品は一切食べないことを忘れてしまいます。ですから、昨日は念のため、デイビッドと私はヴィーガン用のチキンバーガーを持参して行きました。マークは手作りのサルサソースを作ってくれ、それはチキンバーガーにぴったりの味でした。その他、スカッシュにガーリック・クスクスやサラダを作ってくれました。私はいつもマークが大量の材料をどうやって料理するやり方が大好きです。彼はガーリックを入れようと思ったら、2、3切れを刻むのではなく、丸々1個を炒めてしまうのです。美味しそう!

 

ディナーの後、私たちは庭に座って、ドラムやギターを弾いたり、また別の人たちは音楽に合わせて手を叩いたりしました。世界中のみんなが独立を祝うだけではなく、平和を享受できるようになればいいと願っています。

 

mark-002.JPG

mark-003.JPG 

The 4th of July is a big American Holiday, celebrating the independence of American from the colonial rule of England. Not normally a holiday I enjoy celebrating since it also implies celebrating America taking land away from the Native Americans, BUT I do like eating a lot and everyone tends to have barbecues, picnics, and lots of potato salad.
So, yesterday we had a small gathering at our friend, photographer Mark Borthwick's house. Mark is a very good cook but sometimes he forgets that I do not eat any animal products so David and I brought along vegan chicken burgers just in case. Mark made home made salsa, which was very good on our fake chicken burgers, squash and garlic couscous, and salad. I always love how Mark uses such abundant ingredients for his dishes. When he wants to add garlic, he doesn't just chop up a few cloves, he fries up whole heads of garlic. Yum.
After dinner, we sat in his garden and people played drums and guitar and some people clapped their hands along to the music as I listened, I wished not just for independence for all the people in the world but for everyone to enjoy peace.

My Birthday/National Pigeon Day

pigeon-001.JPG

6月13日(金)は、私の35歳の誕生日であると同時に、史上初のナショナル・ピジョン(鳩)・デイでした。私のブログを最初から読んで下さっていたら、私がどれほど鳩好きかご存知でしょう。ですから、私は両者をお祝いするために、丸1日ギャラリーをお休みして、鳩の形のヴィーガン・クッキーを焼き、セントラル・パークで行われたナショナル・ピジョン・デイのイベントに持ってゆきました。
 
クッキーはプレーンのまま、アイシングやデコレーションをせずに持ってゆき、その場でデコレーションをしました。友達の娘たち、RamaとDlisa(LoVidのカイルとタリのお嬢さんたちです)もヴィーガンで、一つめのトレイのアイシングを手伝ってくれました。公共のイベントではヴィーガンの参加者が稀なため、めったに食べる機会がないからと言って、二人はたいそう興奮していました。二人ともそれぞれ3枚のクッキーを食べました!
 
クッキーを無料で配るのはとても楽しかったです。みんな、何か無料でもらうとビックリしていました。特に、明らかに時間と愛情をかけて作られたと分かるような手作りのものをもらったときには。
 
通常、誕生日にはプレゼントを受け取るものですが、自分の誕生日に何かを与えるなんて、なんとも素敵な経験でした。もしかしたら、毎年続けるかもしれません。
 
pigeon-002.jpg
pigeon-003.jpg 
Friday, June 13th was my 35th birthday as well as the first ever National Pigeon Day. If you've been reading my blog from the beginning, you know how much I like pigeons. So to celebrate both days, I took the day off from my gallery and made vegan cookies in the shape of pigeons to give away at the National Pigeon Day event at Central Park.  
 
I brought them plain, without the icing/decoration, and did that there. My friends daughters Rama and Dlisa (who are daughters of Kyle and Tali from LoVid) who are also vegan helped me ice the first tray. They were so excited because they rarely get to eat at public events because they aren't usually vegan. Both girls had three cookies each! 
 
It was a lot of fun giving them away for free. People are surprised receiving anything for free, especially anything handmade that obviously took lots of time and care. 
 
Normally we receive presents for our birthdays but it was such a nice experience giving things away for my birthday that maybe I'll keep doing that every year.

Ichigo update

0612.JPG

私たちがリハビリを施していたあの亀は、肺炎からは回復したのですが、餌を食べなくなってしまいました。口から泡を吹き始めたので、またもや獣医へ連れて行き、X線を撮り、胃腸が正常に機能するための新しい薬をもらってきました・・・・。これが、1週間半前のことで、今、彼女は首の上から胃の中に通されたチューブで栄養を取っている状態です。こうしないと、もらってきた薬をあげても、そのほとんどを吐き出してしまうからです。

このチューブのおかげで、彼女は『スタートレック』のボーグみたいな格好です。ええ、そうなのです。私はSFオタクなんです。

もし英語が読めるようでしたら、イチゴ自身のブログもスタートしたので良かったらこちらもどうぞ。

http://ichigotheturtle.blogspot.com



The turtle we are trying to rehabilitate recovered from her pneumonia but then stopped eating. She started foaming at the mouth so we took her to the vet again, got x-rays, new medications for her stomach and intestines to work properly..... that was a week and a half ago and now she also has a feeding tube placed in the top of her neck that goes to her stomach because the medicine we were feeding through her mouth mostly kept being spit up.
The feeding tube makes her look like a Borg from Star Trek. Yes, I am a total Science Fiction nerd. If you can read English, Ichigo now has her own blog at http://ichigotheturtle.blogspot.com

 

Leif and his leaf

leif.JPG

Leif Ritcheyは「Flowers」というブランドのデザイナーの一人です。彼はとっても素敵なユーモアのセンスの持ち主で、今日はなんとジャケットに大きな葉っぱをくっつけて着ていました。
Leaf(葉っぱ)とLeif。とてもファニーでした。
 
Leif Ritchey is one of the designers of the label Flowers. He has a really good sense of humor and today was wearing a large leaf on his jacket.
Leif with is Leaf - very funny.

Roar!

roar.jpg

 
うちの若い方の猫、Hopi(ニックネームはMuncho)は陽気な子です。今日撮ったこの写真は、デイビッドが彼の古い絵からはがしたビニールを使って遊んでいるMunchoです。Munchoはいつも注目を集めたがっていて、誰も見てくれないと、注意を引くためになにかとてもドラマティックなことをやりたがります。また、欲しいものがもらえないときは、まるで人間の子供のような泣き声を立てます。本当に甘えん坊のチビちゃんです。でも、可愛い子なんですけれどね。

Our youngest cat Hopi (nicknamed Muncho) is hilarious. This is a picture of him tonight playing in some plastic that David took off one of his old paintings. Muncho always wants attention and when he doesn't get it he will do something very dramatic to make you notice. He also makes sounds like he is a human child that is about to cry if he doesn't get what he wants. He is a spoiled brat. A cute one though.

Ichigo-chan

亀.jpg

 

うちのバスルームは、私たちが2年前にここに引っ越してきたときから、色んな動物たちの「一時里親」となってきました。2羽の鳩、約10匹の猫たちがここに預けられてきましたが、今、うちには初めて亀の里子が預けられています。

私は彼女のことをイチゴと名づけました。約25cmの英名「Red Ear Slider Turtle」ですが、和名はよく知りません(訳注:和名はミシシッピアカミミガメ)。彼女は肺炎と内部感染症を併発し、とても重病です。10日の間、抗生物質を毎朝注射しないとなりません。彼女がうちに来た時は、鼻血が出ていて、甲羅はまるで誰かにハンマーで叩かれでもしたような痕がついており、まったく酷い有様でした。デイビッドと私はバスタブを彼女に譲り渡し、温水器とヒートランプとサーモメーターを買って、彼女を常に暖めておけるように、けれど暑くなりすぎないようにしました。数時間おきに始終、温水器がきちんと作動しているかチェックしなければなりません。

 

アニマル・レスキューをするためにはとてもお金がかかるので、友人の多くはイチゴの治療費の助けに、といってカンパをしてくれました。こんな素晴らしい友人たちがいて、私たちはとてもラッキーです。

 

日本ではスッポンを食べる人たちがいることも知っていますし、日本のTV番組でスッポンの頭を切っているところを見たこともありますが、どうしてこんなに興味深い生き物を傷つけられるのか、私には理解できませんでした。イチゴのゆったりした動きや、彼女がまわりの世界を見ている様子は、私たち人間の行動とはまったく異なっていて、それをただ見つめているだけでとても面白いものです。いつか、もっと大勢の人たちが、亀や、地球上の他の全生物のことを大事にしてくれるようになるよう願ってやみません。

 

イチゴが早く良くなるよう、皆さんも祈ってあげてください。

写真が赤いのはヒートランプを夜通し点けているからです。赤いライトは眠りのサイクルを妨げないのです。

 
Our bathroom has fostered (i think the right translation is like ichiji sato oya or smoething) many animals since we moved in two years ago. Two pigeons, about 10 cats, and now we have our first turtle foster animal.


I've named her Ichigo. She is about 25cm long and is a Red Ear Slider turtle in English but I'm not sure what that is in Japanese. She is very sick and has pneumonia and an internal infection. We have to give her antibiotic injections every morning for the next ten days. When she came to us she even had a bloody nose and she had marks on her shell like someone hammered at it trying to open it up. It's really awful. David and I have given up our bathtub for her habitat and have bought a water heater, heat lamps and thermometers to keep her warm enough but not too hot. We obsessively check to make sure it is working properly every few hours.


It's very expensive to be doing animal rescue so many of our friends have donated money to help pay for her vet bill and care. We are so lucky to have such great friends.


I know that some people eat suppon in Japan and I have even seen them cutting off their heads on cooking shows in Japan but I don't understand how anyone would want to harm such interesting beings. Just watching how slow Ichigo's movements are and how she looks out at the world is really fun and so different from our own. I hope one day more people appreciate turtles and every other living being on earth.


Please pray for her speedy recovery.
*note - the picture is red because it is a heat lamp used at night. the red light does not disrupt the sleeping cycle.

 

Bowribbons

bowribbons1.jpg

 

昨晩、デイビッドと私は、友達のWillowPeteがプレイするライブを見に行きました。彼らのバンドはBowribbonsという名前で、レコードやCDなどは出していませんが、最近とても頻繁にライブをしています。 今のところ彼らが出している唯一の商品はHaNNaでも売っているTシャツなのですが、彼らの音楽はMyspaceで聴くこともできます。Willowの声はとてもソウルフルで情熱的ですよ。

http://www.myspace.com/bowribbons 

 

hanna bowribbons2.jpg 

 

Last night David and I went to see our friends Willow and Pete play a show. Their band is called Bowribbons and although they do not have any records or cds out yet they have been playing out quite frequently lately. We are selling Bowribbons T-Shirts at HaNNa right now which is the only merchandise available from them but you can listen to their music at Myspace. Willow's voice is very soulful and sultry.
http://www.myspace.com/bowribbons

Home Grown Tomato Sauce

  0422.JPG


友達が田舎に家を持っていて、昨年8月、丸一ヶ月をそこで過ごして、庭で採れたトマトや桃、ベリー類を缶詰にして秋冬のために保存できるようにしたそうです。何週間か前のこと、私とデイビッドが彼女の家に遊びに行ったときに、桃の瓶詰めとジャム、それからイエロートマトの大きな瓶詰めを1瓶いただきました。今日やっと、その自家製イエロートマトの瓶詰めでトマトソースを作ることができたのですが、それはもう素晴らしく美味でした! お店で売っている最高級のソースだって、こんなにスウィートでクリーンな味は出せないでしょう。自分でも作ってみたいという方がいるかもしれないので、私が使っている材料を記しておきますね。正確な分量を載せていないのは、みんなそれぞれ違う好みがあるからです。私は、甘くて、ガーリックたっぷりなのがお気に入りです。

 

材料:

フレッシュなトマトのみじん切り、バジル、タイム、オレガノ、ガーリック。粗みじん切りした玉ねぎ、パプリカ、リンゴ酢、塩、こしょう、ブラウンシュガーとメープルシロップ(どちらかでも良い)、オリーブオイル

とにかく材料が新鮮であればあるほど、ソースの味も良くなります!


My friend has a house in the country and last fall she spent the whole month of August canning tomatoes, peaches, and berries from her garden so that she could preserve them for the autumn and winter. When David and I went to see her house a few weeks ago, she gave us a jar of peaches, some jam, and a large jar of yellow tomatoes. Today I finally got around to making tomato sauce from these home grown yellow tomatoes and it was SOOOOO good! A sweet and clean taste that you can't get from even the most expensive sauce bought at the store. If you want to try making some yourself here are the ingredients that I used. I'm not going to tell you exact amounts of everything as everyone has different tastes. I like mine sweet and with lots of garlic.


Ingredients
Fresh Crushed Tomatoes, Basil, Thyme, Oregano, Garlic, Chopped Onions, Paprika, Apple Cider Vinegar, Salt, Pepper, Brown Sugar and/or Maple Syrup, Olive Oil.
The more fresh your ingredients are, the better your sauce will taste!


 

Very Funny

 
0417.JPG
 
今日、うちの猫のHopiがオーブンの下に"特別な宝物"を溜め込んでいるのを発見しました。オーブンの下から出てきたのは、ストロー8本、ネズミのオモチャ10個、その他のオモチャ4個、プラスチック・スプーン14本、プラスチック・フォーク20本、プラスチック・ナイフ1本、お箸2本、スズ箔のボール1個、ペンの頭1個。こんなに可笑しいものを見たのは、本当に久しぶりでした。

Today we found out that our cat Hopi has been hoarding special items under the oven. We found 8 straws, 4 pens, 10 fake mice, 4 miscellaneous toys, 14 plastic spoons, 20 plastic forks, one plastic knife, two chop sticks,  one ball of tin foil, and one pen top. It was the funniest thing I've seen in a long time.

My community garden

 

0321-1.JPG

 

先週末とてもキュートでファッショナブルなバースデーパーティーに行ってきたので、ブログに書こうと思っていたのに、途中でカメラを忘れてきたことに気づいたのです! 次回こそ、必ず、ファッションか洋服のことを書きますね‥‥。そういうわけで、今回は代わりに私が毎朝通っている場所についてお話しします。それは、私の家からほんの1ブロックの場所にあるコミュニティーガーデンです。庭の周りにはグルリと高い柵がめぐらされていて、中に入るにはメンバーになって鍵をもらう必要があります。暖かくなると、交代で庭を開けてみんなに開放するのですが、今はまだ寒すぎるので、私が行ってもめったに他の人はおらず、静かで素敵です。こんなに広い庭を一人占めできるなんて、ものすごく贅沢なこと。

 

メンバーになると、小さな長方形の区画がもらえ、そこには木以外なら何でも好きなものを植えていいのことになっています。比較的新しいメンバーなので、私の区画は日陰側です。ちょうど今の時期、私の花壇で咲いているのはスノードロップだけです。とてもきれいなマルチカラーのクロッカスも咲く「はず」だったのですが、毎年、花が咲きそうになると、誰かが花の頭を食べてしまうのです。犯人がリスなのか鳥なのかはまだ分かりません。花がもぎ取られてしまう前になんとかして咲いているところ見たいと思って、毎朝ベストを尽くして早く行こうとしているのですが、まだ1回か2回しか見れていないのです。悲しすぎます。

 

0321-2.JPG

 

そのほか、私の毎朝の儀式には、この庭に住む猫への餌やりもあります。この猫を私はオレオと呼んでいます。彼はあまり人間が好きではなく、人が近づくと大抵逃げてしまうのですが、餌を食べているときだけは私が近寄っても嫌がりません。毎朝、庭の門のところでニャアニャアと大きな声で私に挨拶して、餌をねだります。

 

0321-3.JPG

 

ここ数日で、たくさんの緑の新芽が芽吹いてきました。庭がふたたび明るい色で彩られるまで、もうあと1~2週間のことでしょう。

 

 

I was planning on posting about a very cute and fashionable birthday party I was going to this weekend but half way there, I realized I had forgotten my camera! Next time, I promise I will FINALLY post something about fashion or clothing..... So instead I will tell you where I go every morning. I go to my community garden which is only a block away from my house. There is a large gate all the way around it and you have to be a member to get a key. During the warmer months we take turns opening it up to the public but right now, it's still too cold so it's nice and quiet when I am there and rarely are there any other people. It's quite a luxury to have personal access to such a large garden.

 

Each member gets their own little rectangular space to plant whatever they want, as long as it's not a tree or a large bush. I am a relatively new member so my area is on the shady side. Right now the only things blooming in my plot are my "Snowdrops". I SHOULD have beautiful and multi-colored "Crocuses" but every year, just as they are about to bloom, someone eats the heads off the flowers. I still haven't figured out if the culprit is a squirrel or a bird. I have tried my best to go quickly enough in the morning to catch one blooming before it is beheaded but I've only been successful one or two times. So sad. The other part of my daily ritual includes feeding the cat that lives in the garden. I call him Oreo. He doesn't like human company much and runs away from most people but will let me be very close when he eats. Every morning he greets me at the gate meowing loudly, demanding his food. Many new green shoots have been sprouting lately, it's only a matter or weeks before the garden becomes brightly colored again.

Pigeons are special New Yorkers too!

 

 

0311-pigeon.JPG

 

鳩なんて有害な動物だと思っている人が大勢いますが、私は、鳩は美しいと思います。ロンドンやベネツィアのように多くの都市が鳩で有名ですが、NYもその例にもれないと思います。大抵の人が見ても鳩だとは分からないくらいに、きれいな品種もたくさんいます。明るい色のもいれば、大げさな風貌のものもいます。

 

時々、ランチの一部を投げてあげる以外で、鳩たちと私との個人的な関わりがスタートしたのは、今から2~3年前のこと。ミートパッキング・ディストリクトにあるH.P.FRANCEのオフィス付近で、歩けなくなった1羽の鳩を見つけた時から始まりました。この鳩は歩道に横たわり、脚を引きずりながらヨロヨロと、自分の周りの狭い範囲だけをなんとか歩いていました。誰かが彼の側に水の容器を置いてあげていました。あまりも悲しすぎて、私はその場を通りすぎることができませんでした。市の動物保護施設と動物愛護協会に電話したのですが、どちらにも、野生動物なら対処できるけど、1羽の鳩を助けに行くことはできない、と言われてしまいました。ひどいことだと思いました。私は近くのアパートのドアマンに、この鳥について何か知らないか尋ねました。ドアマンは、この鳩は丸1日ここに居て、彼もなんとかしてあげたいと思ったのだけど、誰も助けられる人を見つけられなかったと言いました。

 

私は、この鳩を家に連れて帰り、治療してくれそうな獣医を見つけようと決めました。そして、鳩を腕に抱き、歩き始めました。でも、鳩はどうにかして私の腕から逃れようと必死でした。きっと怖くてたまらなかったのでしょう。鳩は私の腕から飛び降り続けました。タクシーを拾いたかったのですが、両手で鳩を抱えながらタクシーを止めることができなかったので、家まで歩いて帰ろうと決めました。

 

不運にも、鳩は私の腕からジャンプして逃れ続け、数ブロックごとに地面へ落ちました。その度に鳩がさらに傷つくのが分かっていたので、怖くてたまりませんでした。雨が降り始め、私はワシントン・スクエア・パークの側まで来ていました。とうとう、この可哀想な鳥のために私がしてあげられることはもう何もないと意を決し、大きな茂みを見つけて、その下に彼を置いてやり、さよなら、と言いました。

 

この最初の関わりのために、もしこの先傷ついた鳥を見つけた場合にできる適切なことは何なのか、私はリサーチをしました。そして、怪我を負った野生の鳥を無料で診てくれる獣医協会と、鳩の救助者が集まる掲示板を見つけました。また、鳩に関する本を読み、次こそちゃんと備えていようと誓ったのです。

  

0311-manuel.JPG

昨夏、背中に怪我をした若い鳩を見つけたので、Manuelと名づけて、獣医協会の無料クリニックへ連れて行きました。彼が助かる可能性は10%しかなかったのですが、私たちは可能性に賭けてみようと決めました。ですが、リハビリテーションの10日後、これ以上良くなる見込みはないので、安楽死させるしかないという決定が下ったのです。私の人生の中で最も悲しい思い出の一つです。Manuelは最後の晩を、うちのバスタブに敷いた毛布の上で、私の手の中で眠って過ごしました。彼はすっかり私を信じきって、ただ静かに私に抱かれていました。本当に可愛い鳥でした。

 

 

0311-falafel.JPG 

そして、今、私たちの元に新たな里子の鳩がいます。この子の名前はFalafelです。彼女は「Flight」という品種のとてもきれいな鳩です。脚にプラスチックのバンドが巻いてあったのですが、バンドの数字から飼い主を見つけることはできませんでした。この鳩は尾の羽に少し怪我をしていましたが、もう大丈夫です。1~2ヶ月休んで、羽が元に戻るのを待てばよいだけです。ところが、今朝、怖ろしい事故が起きてしまいました。バスルームのドアの底辺と、キッチンの床の間に溝があるので、うちの猫たちがその空間に前脚を突っ込むだろうと思い、大きな段ボールの切れ端をドアに貼って猫が触れないようにしておいたのです。でも、どうやったのか、Spideyという猫は段ボールの下から前脚を突っ込んで、少しの間、鳩の脚を捕まえてしまったのです。そのせいで、Falafelは今、脚を引きずっています。私は、安全な環境を十分に作ってやれなかった自分を責め、ドアの問題については今では完璧にしています。デイビッドと私とで、明日この鳩を獣医に連れて行きます。あまりひどいダメージを受けていないといいのですが。どうぞ、Falafelがすぐに良くなるよう、祈ってあげてください。

 

読者の方々の中には、なんでファッションのウェブサイトのブログで、鳩について語られているんだろうと訝る方もいるかもしれません。でも、ファッションであれアートであれ、みんな自然の美しさや独自性を超えようとしているものです。時には、よく気をつけて見てみてください。自然は、どんな高価な絵画やデザイナーのドレスにだって負けないくらいに美しく、威厳に満ちていることがあります、たとえそれが鳩であっても。どうぞ、あなたのハートをオープンにしておいてください。

 

 

Many people view pigeons as pests but I think they are beautiful. Many cities are famous for their pigeons like London and Venice but I think New York is too. There are even lots of fancy breeds that most people wouldn't even recognize as pigeons. Some with bright colors and others with exaggerated features.

 

My personal interaction with pigeons besides throwing them parts of my lunch every now and then began a few years ago when I found a pigeon that was unable to walk near the HP France office in the Meat Packing district. He was laying on the sidewalk, hobbling around but not moving too much. Someone had left him a container of water. It was too sad and I could not just walk by. I called both the city animal shelter as well as the humane society and was told that although they DO deal with wildlife, they will not come rescue a pigeon. I thought that was horrible. I went into the apartment building nearby and asked the doorman if he knew anymore about this bird. He said it had been here for a day and that they too had tried to call for help but couldn't find anyone to take him.

 

I decided I would take him home and try to find a vet that would see him so I picked him up in my arms and started walking. He really did not want to be in my arms. I assume he was very scared so he kept trying to jump out. I thought about trying to hail a taxi cab but I didn't know how I could do that since I had to use both hands to carry the bird so I decided to walk all the way home.

 

Unfortunately, the pigeon kept jumping out of my arms and falling to the ground every few blocks and it was so awful because I knew he must be getting more hurt every time. It started raining and as I neared Washington Square Park, I decided that there wasn't anything more I could do to help this poor bird so I found a large bush to place him under and said good bye.

 

Because of this first interaction, I researched what the proper thing to do was if I found another injured bird in the future. I found that there was a veterinary office that will see injured wild birds for free and a message board for pigeon rescuers. I read a few books on pigeons and vowed to be ready next time.

 

Last summer I found a young pigeon that I named Manuel near my house with a back injury and took him to the free bird clinic at the vet's office. He only had a 10% chance of recovery but we decided that we had to give it a try. After ten days of doing physical rehabilitation with him, it was decided that it wasn't going to get any better and we had to put him to sleep. It was one of the saddest days of my life. Manuel's last night was spent sleeping in my hands as I lay on some blankets I put in my bathtub. He had come to trust me and would only calm down if I held him. He was a good bird.

 

Right now we have a new foster pigeon. We call her Falafel. She is a fancy pigeon breed called a "Flight". She has plastic bands on her legs but I could not locate the owner from the numbers on the bands. She had some broken tail feathers but was going to be okay. She just needed a month or two to rest and grow them back. But we had a horrible incident this morning. There is a gap in between the bottom of the bathroom door and the kitchen floor. I figured my cats would try to stick their paws in to the space so I had taped a large piece of cardboard to the door to prevent them from being able to do so. Somehow, my cat Spidey got her paw under and caught the bird's leg for a moment and now Falafel is limping. I blame myself for not providing a safe enough environment and have already fixed the door problem. David and I are taking her to the vet tomorrow and we are hoping that there wasn't too much damage. Please pray for her and hope she gets better soon.

 

Some of you may wonder why I am writing about pigeons on the blog of a fashion website but whether it be fashion or art, all of it tries to outdo the beauty and uniqueness found in nature. But sometimes, if you look carefully and pay attention, nature, even pigeons, can be just as beautiful and majestic as any expensive painting or designer dress. Please keep your heart open to it.

 

「Sometimes old is better」

私がディレクションするショップ"HaNNa"に来てくれた方の中には、もう私のことをご存知の方もいると思いますが、新しいブログを始めるにあたって、まず私の家族と私自身のここNYでの生活についてご紹介したいと思います。

私はイースト・ヴィレッジのアパートの1Fに夫のデイビッド・アーロン、犬のColeman、Jojo、Spidey、Hopiという3匹の猫たちと住んでいます。

03010801.jpg03010802.jpg03010803.jpg4匹の犬猫たちは全員、私が道で拾ったか、あるいは誰かに道で拾われた後で養子としてうちに来ました。

私は今までほとんどの時間をNYで育ってきましたが、アメリカのほかの地域や日本に住んだこともあります。イースト・ヴィレッジに引っ越してきたのは、13年前の大学卒業後のことです。当時、このエリアは少し危険な場所だと思われていました。私のアパートのすぐ前の角ではティーネイジャーがクリスタル・メスを売っていましたし、一見アイスクリーム屋さんやbodegas(NY版コンビニ)に見せかけてコカインやヘロインを売っている店がそこらじゅうにありました。私がなんでそんなことを知っているかと言えば、数週間ごとに店がクローズしては、そのドアに警察が蛍光オレンジのステッカーで、この中でどんな暴力行為が行われ、なぜ警察が営業停止させたかということを書いていたからなのです。

でも一方で、危険なエリアにいることには、良い一面もあったのです。便利な場所にしては家賃がそんなに高くないということでした。低〜中所得層の家族に混ざって、大勢のアーティストやクリエイティブ・ピープル、奇人変人たちが住んでいました。例えば、今でもまだ住んでいますが、真っ白な服しか着ないガリガリの老人がいました。彼は、ニットキャップからジョギングウェア、手袋、スニーカーにいたるまで何もかもたった今漂白したばかりか下ろしたてのように真っ白でした。また、私が昔住んでいたアパートの階下には、通行人に無料で食べ物を配るハレ・クリシュナ信者がいました。彼らは時々、自分たちのものを何でもかんでも頑固に与えたがります。特に忘れられない一件は、彼が私の手にミルクの箱を絶対に受け取らせようと頑張った日のことです。「ミルクをお取りなさい、ハンナ」「でも、私ミルクは飲まないの」「お取りなさい。無料ですよ」「ノー。欲しくないの」「お取りなさい」「でも、要らないんです」・・・・。こんなやり取りが延々と5分以上も続き、やっとのことで私が本当にミルクを欲しがっていないということがわかってもらえたこともあります。でも、とにかくクリシュナは気持ちの良い人たちでした。一度、彼らから電話をもらったことがあります。お経を唱える時間を1時間早くずらして朝5時からにしてしまったのだが迷惑ではなかっただろうか、という電話でした。でも、私にとって彼らの鐘の音を聴いているのが迷惑だったことは一度もありませんでした。それどころか、彼らのお経とカレーの匂いは、心地良いくらいでした。

続きを読む »

PROFILE

【写真:Hanna】
ハンナ・フシハラ・アーロン

ショップ“HaNNa”のクリエイティヴ・ディレクター兼バイヤー。夫と1匹の犬、3匹の猫とともにNYに暮らし、自宅の一部を“Little Cakes”という小さなギャラリーとして開放している。アート、色、工芸、動物、自然、環境保護に興味がある。万物は見えない力で繋がっているのだから、自分たち以外のものに対しても責任を感じるべきだと信じている。