BLOG

Issac Lin show!

 
P1140278.JPGのサムネール画像

P1140275.JPGのサムネール画像  

P1140280.JPGのサムネール画像

P1140277.JPGのサムネール画像

明日からLamp harajukuで始まるIsaac Linの"Express the Whole Feeling" という展示の設営のため、東京に来ています。Issacは今ドローイングを額に入れたり、カラフルでクレイジーな壁紙が貼りつけているところです。なんとこの作品たちは3Dで楽しむことが出来るのです!会場で3D用のメガネを配りますが、オープニングパーティーでは来場者全員のメガネにIssacがちょっとずつ絵を手描きしますので、もしもこのたった一つしかない特別なメガネを手に入れたいなら、ぜひオープニングパーティーに来て下さい!すごく面白いことになりますよ!

 "Express the Whole Feeling" オープニングパーティー
4月20日(金) 18:00~20:00 
@ Lamp harajuku

150-0001 東京都渋谷区神宮前4-28-15
TEL: 03-5411-1230 / OPEN: 12:00−19:30 (年中無休、年末年始を除く)


 

I`m in Tokyo helping to install Isaac Lin`s show "Express the Whole Feeling" that opens tomorrow at Lamp Harajuku. He has framed drawings and prints and is putting up his crazy colorful wallpaper that visitors will be able to experience in 3-D! We are giving out 3-D glasses but at the opening Isaac will be hand drawing little bits on to everyone`s glasses so if you want one of these one of a kind novelties you have to make it to the opening! It`s going to be really trippy!
 

Me & Coleman

私の犬Colemanはもう13才になりました。まだまだ元気だけど時々何時死ぬのか心配になります。ずうっと誰かに私といっしょの記念写真を撮ってもらいたかったです。先週、友達のLisaがとっても美しい写真をとってくれました。Lisaは特別なペット専門のフォトグラファーです。彼女のウエブサイトも見て下さい。

printz2.jpg

printz4.jpg printz1.jpg

printz3.jpg

銀座のHaNNaでアートショーをやってくれたDearraindropがノルウェーで展示をやってます。行きたいなー。。。。。

dear.jpgのサムネール画像

"My Life is Full of Life" - exhibition

"My Life is Full of Life" snap photo exhibition open now - to April 30.

 

One photo 525 yen!

東日本大地震により 家を失った被災動物たちへ支援
そのうち200円を、被災地へ動物レスキューを行っている動物保護団体アークへ寄付をします。

この世界は予測のつかない事ばかりで、生命のエネルギーと幸福をお見せしたかったのです。
日本の人たち、個々の生活を極限まで元気に、また大胆になる日が来ることを願い、
このチャリティーショーをやることを決めました。日本のニュースはアメリカでもたくさん放送されています。アメリカでは、2001/9/11に同時多発テロ事件でたくさんの人が亡くなり、国民みんなが喪失しました。ですが、いまではそこからはい上がって活気を取り戻しています。日本も必ず活気を取り戻します。そう信じています。

「その壁を壊して 花を飾りましょう」

100603.JPG

コラクリト・アルナノンドチャイがWALLで「その壁を壊して 花を飾りましょう」という展示を行うため東京に飛びました。展示は6月1日にスタートしました。彼のデザインしたTシャツを着た小さなレプリカの人形をたくさん吊るしています。このTシャツはラフォーレ原宿のWALLで購入できます。彼のサイケデリック・ワールドをチェックしにぜひ来てください。 
 
Korakrit Arunanondchai is flying to Tokyo to install his show called "Rebuild These Walls, Hang The Flowers" at WALL. The show starts June 1st and he has made lots of little dolls that are wearing replicas of the T-Shirts he made that you can buy there at Laforet. Please come check out his psychedelic world.

 

X.O.Triangle.Square

100222.JPG
NYのhpgrp Galleryで私がキュレーションした展示が始まりました。アーティストのKorakrit Arunanodchaiによる「X.O.Triangle.Square」という展示です。Korakritと彼の友人たちがオープニングでパフォーマンスをしてくれて、とても盛り上がりました。

We opened a new show at the New York hpgrp Gallery that I curated. It's called "X.O.Triangle.Square" by artist Korakrit Arunanodchai. Korakrit and his friends did a performance for us at the opening and it was really fun.
100222-1.JPG 
100222-2.JPG

Love-Lies-Green

100207.JPG
100207-3.JPG
100207-2.JPG
100207-4.JPG
100207-5.JPG 
1週間前、私がキュレーションを担当した、アーティストのCristina ToroとRebeca Raneyによる展示がMountain Fold Galleryでスタートしました。作品はすべてきわめてフェミニンであると同時に非常にパワフルです。まるで爆発でした。 

A few weeks ago we opened a show that I curated at Mountain Fold Gallery by artists Cristina Toro and Rebeca Raney. The works were all very strongly feminine and powerful at the same time. It was a blast.

今一番お気に入りのアーティスト

100115-2.jpg
hobo.jpg

Allison Schulnikというアーティストを今日見つけてしまいました。きっと彼女は私の最新のお気に入りアーティストになるような気がします。彼女の絵を見ていると、小さい頃通っていた小児科のお医者さんの待合室へ掛けられていた絵を思い出します。その絵にはピエロが描かれていて、本当は子供たちをハッピーにさせるつもりの作品だったはずですが、意図に反して、ひどくゾッとしたものです。
このアーティストはすごいアニメーションも作っています。これはGrizzly Bearというバンドのために作られた作品です。あくまでもアナログなところが私は気に入っています。

I found out about this artist Allison Schulnik today and I think she might be my new favorite artist. Her paintings remind me of this one strange painting that used hang in the waiting room at my pediatrician's office. It had clowns in it and it was supposed to be a happy piece of artwork for children but instead it was very creepy.
She also does amazing animation. This is a piece she made for the band Grizzly Bear. I love that it's totally analog.
http://www.youtube.com/watch?v=Puph1hejMQE

Korakrit

アーティスト兼デザイナーのKorakritが作ってくれた手作りのスウェットシャツとTシャツを、たったいま、お店(ラフォーレ原宿のWALL)へ送りました。彼は最近DELLコンピューターのヴィデオにもフィーチャーされたんですよ。彼が渦巻きプリントをどうやって作っているか、見てみてください。

I've just sent a handful of sweatshirts and t-shirts to the store by artist and designer Korakrit. He was recently featured in a video for Dell Computers. Take a look at how her makes his swirling prints.

ヒラリー

090818-1.JPG
090818-2.JPG 
今日はヒラリー・スプロットの作品をご紹介します。彼女は10月にHaNNa window galleryで『Upon the Back of Another』という展示を行う予定です。以前、お店で刺繍の作品を見たことがある人もいるかもしれません。今回は、彼女の内なる平和で静かな世界をお見せすることができるでしょう。私もすごく楽しみにしています。

I wanted to introduce you to Hillery Sproatt's work. She is going to have a show in October at the HaNNa window gallery called "Upon the Back of Another". You may have already seen some of her embroidered pieces at the store before but this time she will be able to show you a little window into her calm and quiet world. I am really looking forward to it.

Gertrude House & Garden

 
090619-1.JPG 090619-2.jpg 090619-3.jpg
日本から戻ってきたばかりです。Lamp harajukuと大阪のLamp harajuku y MEXICO CHIDOでのレベッカ・ランニーの展示『ガートルードの住まいと生活』を一週間かけて設置してきました。レベッカのことはもう10年近く前から知っているのですが、一緒に展示をするを行うのはこれが初めてだったので、こうやってついに一緒に仕事をする機会がもててとても嬉しかったです。私は彼女の作品に見られるユーモアがものすごく好きです。彼女のクリエイションでいっぱいのお部屋で過ごした後にはきっと悪いことなんて起こりっこないと思います。7月末までやっているので皆さんにも見てもらうチャンスがあればと思います。
  
Just got back from Japan. We installed Rebeca Raney's show Gertrude House and Garden at Lamp Harajuku and Lamp Mexico Chido in Osaka over the course of a week. I've known Rebeca now for almost ten years and this is our first exhibition together so I am very happy to have had the chance to finally work with her in this way. I absolutely love the humour in her work. I don't think you could have a bad day after being in a room filled with her creations. Hope you have a chance to see it. It is up till the end of July.

New Growth

私の小さな苗たちはみんなすくすくと育っています。デイブが私のために作ってくれた苗用の温室から外へ出せるくらい大きくなった苗もあります。

0424.JPG

まだ温室の中にいる私のお気に入りは、パープルペトラ・バジルとマリーゴールドの苗全種類です。パープルペトラ・バジルはとても珍しい色で綺麗で、マリーゴールドはすごくスパイシーな香りがします。

0424-2.JPG
0424-3.JPG
私たちは頑丈なプラスティック・クリップが届くのを待っています。それが届いたら、今週後半、小さな温室を作って、もっとたくさんの苗を外に出せます。トマトなど大きくなりすぎてしまって、小さいのが沢山生えてきているので、本当にもっと場所が必要なのです!
 
それから、私がカメラを壊したときに撮ろうとしていた写真をお見せします。これは、通称「Macy」と呼ばれている猫です。母猫です。彼女は本当はうちのご近所さんの猫なのですが、冬の間にうちの玄関に居ついてしまったのです。とても愛らしい猫で、うちの中に入ってくれないかなと願っているんですが・・・。彼女は極上の爪先をもっていて、それはそれはキュートなんです。
0424-4.JPG 

My little seedlings are all growing. Some are big and cold hardy enough to be outside in the cold frame that Dave built me.
My favorites that are still inside are  the Purple Petra basil and all of my marigold seedlings. The Purple Petra basil is so unusually colored and pretty and the marigolds smell really spicy.
We are waiting for an order of strong plastic clips that we are going to use to make a small greenhouse later this week and I should be able to move more seedlings outside then. My tomatoes are getting too big and I have so many babies that I really need more space!

I also wanted to show you what I was trying to take a picture of when I broke my camera. This is Macy aka. Mama Cat. She is really our neighbor's cat but she has been living on our porch since the winter. She is really sweet and I wish I could bring her inside...... She has extra toes which are really cute.

not in fashion

090401.JPG

友人の写真家、マーク・ボスウィックが『not in fashion』という名前の新しい本を出しました。彼の作品のレトロスペクティヴで、とても美しくデザインされています。この本は私が彼の家にいるときに感じる感覚をよく捕らえています。軽くて、エアリーで、カラフルで、リラックスできる。私の一番好きな写真は、彼の娘ビビを撮った写真です。とても物静かで大人っぽい子で、私が初めて彼女に会ったときはまだ12歳か13歳だったはずですが、その時からすでにそういう子で、いつも面白い子だなと感心しています。
090401-2.JPG

この写真はその本の中の1枚で私の夫のデイヴィッドを撮ったもの。私の写真も何枚かあるんですよ、みんな見つけられるでしょうか???


My friend Mark Borthwick has a new book out called "not in fashion". It's a retrospective of his work and it is beautifully designed. It captures what it feels like to be in his home. Light and airy, colorful, and relaxing. My favorite pictures are of his daughter Bibi - she is so calm and mature and has been since I first met her when she was still only 12 or 13. I have always thought that she is amazing.
This is a picture in the book of my husband David. There are a few pictures of me too - can you find them???

I broke my camera

 

長い間ブログをアップデートしてなくてごめんなさい。というのも、デジタルカメラをなくしてしまったからなんです。昨日とうとう新しいのを買ったのですが、でもほんの1時間前にカメラを落っことしたら壊れてしまいました。Canonに電話してどこに修理を頼めばよいか聞いたのですが、たった1日で壊してしまったと電話に出た男性に笑われてしまいました・・・、とても悲しい。
カメラを落っことしたとき、私はうちの近所にいた猫を撮ろうとしていました。この子は私たちと一緒にいたほうがいいと決めたようで、今ではうちの玄関に住んでいます。猫の写真の代わりに、ここには私の夫が来週彼の展示のオープニングに出すために描いた絵を載せておきます。
  
I am really sorry I haven't updated my blog for so long but I lost my digital camera. Yesterday I finally bought a new one but only an hour ago, I dropped it, and now it's broken. I called Canon to ask where to bring it to be fixed and the man on the phone laughed at me because I had only had it for a day..... so sad.
I was trying to take a picture of our neighbor's cat who has decided that she likes to be with us better and now lives on our porch, when I dropped the camera. Instead I will post a detail of a painting my husband did that will be in his show opening next week.

0304.JPG

Opera

 
2010-1.JPG
2010-2.JPG
 
私は生涯でたった3回だけしかオペラを観たことがありません。16歳の時、イタリアで『トスカ』を観たのと、NYのメトロポリタン・オペラで『仮面舞踏会』と『魔笛』を観たのがすべてです。この3回の中で、上演時間中ずっと私の注意をひきつけていられたのは『魔笛』だけです。私の観たパフォーマンスはJulie Taymorという、カラフルで想像力豊かなコスチュームとパペットを用いることで有名な監督の作品でした。それはそれは楽しかったです! オペラを知っている人なら、席で笑い転げてしまうほど面白いはずです。私が観たのと同じパフォーマンスのDVDが新しくリリースされました。ただ、歌だけは英語版です(私が観たのはオリジナルのドイツ語版でした)。お子さんにもお薦めできるくらい、私の大推薦できる作品です。
 
それと、もしNYへ来る機会があれば覚えておいてほしいのですが、メトロポリタン・オペラのチケットは前売りでも当日でも$15から買うことができます。上階のバルコニー席だってパーフェクトに観えるし、聴こえます。素敵な洋服に身を包み、ちょっぴりドレスアップして出かけるなんて、とても楽しいことです。オペラ座の内部も非常に美しいです。
ここにDVDのプレビューのリンクを貼っておきます。
 

I have only seen three different operas in my life. I saw Tosca when I was 16 in Italy and I've seen Die Zauberflote (The Magic Flute) and Un Ballo in Maschera (A Masked Ball) at the Metropolitan Opera in New York. The only one of those three that kept my attention the whole time was Die Zauberflote. The performance I saw was a production by director Julie Taymor who is known for using puppets and colorful, imaginitive costumes. It is so much fun! Who knew opera could be so fun that you would laugh in your seat. There is a new dvd out of the same performance I saw except sung in English (I saw the original German version) if you see it around I would highly recommend it even for children.
Also if you are ever coming to New York, you should know that you can buy $15 tickets to the Metropolitan Opera in advance and also on the day of the show. Even sitting high up in the balcony, you can see and hear perfectly well and it's really fun to go to something dressed up in fancy clothes. The inside of the opera is really beautiful.
Here is a link to a preview for the dvd
http://www.metoperafamily.org/metupload/video/2008-09/MagicFlute/index.html

dogs and cats

0115.JPG

0115-2.JPG

私たちはこの数年、HaNNaでのアートショウの収益と、動物保護団体「ARK(アニマルレフュージ関西)」で里親募集中の犬と猫の写真を掲載したARK里親ボードを通じて、ペットの養子縁組を促進してきました。2月1日にHaNNaは青参道のスペースを出て、これからはWALLでの販売に集中してゆくのですが、私はそうなってからもこの活動は続けたいと思っています。ただ、まだどうやって続けたら良いのか決めかねています。
少なくとも今のところ、WALLのHaNNaギャラリーで2月末までTraer Scottの写真展を行うことが決まっています。彼女の写真は昨秋HaNNaでも展示しましたが、この機会により多くの人たちにメキシコからプエルトリコへの旅の途中で彼女が撮ったストリートドッグの美しい写真を見てもらいたいと思ったのです。

0115-3.JPG

彼女は捨てられて、人間社会の周辺で生きている犬たちに威厳を与えました。彼女の写真からは、犬たちはそれぞれ個性をもった個人であるということが伝わってくるでしょう。私は、彼女の写真を通じて、「野良犬」はゴミなんかではなく、美しい生き物なのだという新しい視点を人々に見つけてもらいたいのです。

 
We've been promoting pet adoption for a few years now with our benefit art shows as well as our ARK adoption board featuring available dogs and cats from the wonderful animal shelter ARK. It's something that I want to continue even when we move out of our Aosando space to concentrate on our sales at Wall but I haven't figured out how to make that happen yet.
At least for now we have a showing of Traer Scott's photographs scheduled for the end of February at our gallery at Wall. We previously showed her work in the fall at HaNNa but we wanted to give more people a chance to see her beautiful pictures of street dogs from her travels to Mexico and Puerto Rico.
She gives dignity to dogs that were thrown away and live on the edges of human society. You can see in her photographs that they are individuals with personalities and I hope that people take away a new view of "Norainu", that they are not garbage, but beautiful beings.

Frenemy Glen

0113.JPG

1月19日からWallでスタートするTara Jensenの展示をご紹介します。『Frenemy Glen』という名前の展示。Frenemyとは友人でもありライバルでもある誰かのことです。たぶんみんな、人生の中で1人か2人はそんな人物がいるんじゃないでしょうか! 私は彼女のインスタレーションが本当に楽しみです。 


I wanted to introduce you to Tara Jensen's work that will be in a new show at Wall starting 1/19. Her show is called "Frenemy Glen". A frenemy is someone that is both a friend and a rival. I think we probably all have one or two of those in our lives! I'm really looking forward to her installation.

Color Demo

 
1127-1.JPG
1127-2.JPG
1127-3.JPG
私たちの友人で、画家のクリスティーナ・トロとユリシーズ・ジャクソンが週末、うちに遊びに来てくれました。ユリシーズはアクリル絵の具を扱う大企業の1つであるGolden社で働いており、新しい種類の絵の具を開発するためのリサーチを担当しています。そこで、デイヴィッドは彼に、カラー・デモをお願いしました。ユリシーズは、どうやって絵の具をミックスしたら希望の色を作れるかとか、どうやれば色と色がマッチするかとか、色々な絵の具を使ってできることを教えてくれました。 
 
Our friends, painters Cristina Toro and Ulysses (yu-li seez) Jackson, came to visit us this weekend. Ulysses works at Golden which is one of the biggest acrylic paint companies and does research and development for them making new kinds of paints so Dave asked him to give us a color demo. Ulysses taught us how to mix paints to make them the colors you want, how to match colors, and what the different paints can do.

Art as Investment

kara-topsy.jpg

14年前、私は通っていた美大のアートセールで1枚のエッチングを$15で買いました。当時のボーイフレンドが取っていた絵画クラスのティーチング・アシスタントをしていた、ある学生のアーティストのサポートを手助けしているぐらいの気持ちでした。私が版画を購入したKara Walkerというアーティストは、当時の卒業生でした。その1年後に私が美大を卒業した頃、彼女の初の個展を見にソーホーへ行ったのを覚えています。10年後に、現存するアーティストの中でもっとも著名なアーティストの一人として彼女が知られるようになるなんて、私はほとんど考えもしませんでした。

 

数ヶ月前、私はこの版画を売ったらどうなるか調べてみることにしました。オークションハウスのクリスティーズに勤めている知人女性に連絡をし、その版画を専門化に見てもらうようにしました。彼らの見積もりは、なんと$4000~$6000とのことでした! そして、その版画を次の版画オークションにかけてくれた結果、見積もりには届きませんでしたが、この作品は$2000で売れたのです。クリスティーズに手数料を払った後、私の手元に$1500が残りました。つまり・・・・、私の初期投資に対して100倍の回収率になったといえるでしょう。悪くありません。私はこのお金を中古車の買い替えに充てることにしました。私が$15で買った、あの小さなエッチング作品は、1台の車の半分を買えるほどになったのです!

 

この話の教訓は、もしあなたが気に入ったアートがあり、そのアーティストが素敵な人だということを知っているなら、そのアートを購入したっていいんじゃないか、ということです。もしかしたら、いつの日か、とても大きくて、重要で、輝かしい何かをあなたにもたらしてくれるかもしれませんよ。

 

ホイットニー美術館で行われたKara Walkerの個展の模様は下記リンクで見ることができます。

http://www.whitney.org/www/exhibition/kara_walker/index.html

 

Fourteen years ago I bought an etching at my college's student art sale for $15. At the time I was just thinking that I was helping to support a fellow art student, a teaching assistant for one of my then boyfriend's painting classes. Kara Walker, the artist whose print I bought, was a grad student at the time. After I graduated a year later, I remember going to her first solo show opening in Soho. Little did I know she would become known as one of the most celebrated living artists a decade later.

A few months ago I decided that I would look into selling this print I had. I got in touch with a woman I knew who worked at Christie's auction house and brought it in to show their experts. They estimated it's worth between $4000-$6000! They put it up for their next print auction and although it did not reach it's estimate, it sold for $2000. After Christie's took their share, I got a check for $1500. So.... that would be 100 times my initial investment. Not too bad. I used that money to pay for the down payment on my new used car. That little etching I bought for $15 is buying half a car!

The moral of this story is if you see art you like, if you know an artist you think is a nice person, it might not hurt to make a purchase. It may come back one day to buy you something very big, heavy, and shiny.

 

Here is a link to Kara Walker's solo show at the Whitney Museum of American Art

http://www.whitney.org/www/exhibition/kara_walker/index.html

 

 

New Little Cakes show!

0609pollination.jpg 

0609field-study-1.jpg

0609soil-release.jpg

0609the Pompost Kyle scene.jpg

0609tomato.jpg

今週から、Little Cakes(ギャラリー)で、Brendan MonroeとEvah Fanによる新しい展示がスタートしました。作品はすべてガーデニングにインスパイアされたものばかりです。

 

展示の設営をしている間中、私たちはガーデニングに関するおしゃべりで作業を中断させてばかりいました。トマトがどうやって大きくなっていったかや、一生懸命に世話をしたのにうまく育たなかったもののことや、ありとあらゆるガーデニングおたくの会話で。毎月Little Cakesを訪れる人の多くが、自分の食べる野菜やハーブを育てることに興味を持っているので、みんな今回の展示を気に入ってくれるだろうと思います。

 


This week we started the newest Little Cakes show by artists Brendan Monroe and Evah Fan. It's all inspired by gardening.
While we were installing the show we kept stopping to trade stories about how our tomatoes were growing, what won't grow well in our gardens no matter how hard we try, and various gardening nerd topics. Many of the people who come to Little Cakes every month also are interested in growing their own food and various herbs so I hope they will be excited by this show.



Lo Vid

 

Hanna.jpg

 

先週、友達がMOMA(Museum of Modern Art)でパフォーマンスを行うお手伝いをしてきました。彼らのは「Lo Vid」というグループで、手作りのシンセサイザーを使ってアナログ・ビデオを作っています。長い時間をかけて彼らが有名になってきたことや、昔は倉庫で演奏しているノイズ・バンドとしか思われていなかった彼らが、今ではMOMAのような権威ある団体からアーティストとして認知されていることを、私は誇らしく思いました。

Last week I was asked to help my friends with their performance at MOMA (Museum of Modern Art). They are called LoVid and make analog video with home made synthesizers. I was proud to have known them for a long time and to have seen their progression from being what most people thought was just a noise band playing warehouse shows to being considered recognized artists by the establishment.

 

 

Sumi Ink Club

 

0326-sumi1.JPG

 

先週の日曜日、"Sumi Ink Club"というイベントをうちのギャラリーで行いました。これは、現在ロサンジェルスに住んでいるサラとリュークという2人が始めたイベントです。彼らは一緒に描いてくれる人なら誰でも、どんな人でも招待し、大きな紙の上にみんなで協力して描いて、大きな1枚のドローイングを作るのです。今週、"Sumi Ink Club"のイベントが、ここNYとロサンジェルス、サンフランシスコ、パリ、そしてインドのどこか!で行われました。すべてのドローイングを集めて、1冊の大きな本を作る計画だそうです。

目的は、きれいな絵を作ることではなく、一度も会ったことのない人と共同体意識を持ち、共通の目的に向かって共に作業することにあります。まさに、人類に平和を作り出す行為そのものです。サラとリュークの"Sumi Ink Club"についてもっと写真を見たい方は、彼らのウェブサイトhttp://sumiinkclub.comをチェックしてみてください。

 

 

On Sunday we had an event called "Sumi Ink Club" at our gallery. It is an event that was started by two people now living in Los Angeles, Sarah and Luke. They invite everyone and anyone to come draw with them on one large sheet of paper to collaborate and make one big drawing. This week, there were "Sumi Ink Club" events here in New York, Los Angeles, San Francisco, Paris, and somewhere in India! All the drawings from these events are going to be put together to make one

big book.

 

The goal is not just to make a pretty picture but to gain a sense of community with people you have never met and to work together towards a common goal. It's really all about creating peace amongst people. If you would like to see more pictures from Sarah and Luke's "Sumi Ink Club" you can go to their website; http://sumiinkclub.com

0326-sumi2.JPG

 

BeeBop Gallery - Deya Ramsden

03030801.jpg Little CakesはNYで唯一のアパートメント・ギャラリーというわけではありません。アーティストのFrankie Martinも、アパートの玄関で"Beebop Gallery"というギャラリーをやっています。昨晩は、アーティストのDeya Ramsdenのオープニングがありました。Deyaは最近、UsalsAMonsterというバンドをやっているボーイフレンドのColin Langenusと一緒に暮らすために、オレゴン州からNYに引っ越してきたばかりです。二人はFrankieと同じ建物の上階に住んでいます。

Deyaは布や糸で作品を作るのが好きです。また、刺繍や織物の作品や、ぬいぐるみの立体作品も作っています。私の目は壁にかかっていた、ナマケモノみたいな動物のぬいぐるみに一瞬で釘付けになってしまいました。救出されたナマケモノの赤ちゃんが段ボール箱の中で休んでいる映像を以前、youtubeで見たときから、私はナマケモノに興味津々だったのです。Frankieにこの作品がいくらか尋ねたところ、たったの$25でした! ですから、もちろんこれは買わないと。今、この展示が終わったら、あの作品をうちの壁のどこにかけようかと思案中です。どこか犬が届かないところにしないと。あれは、間違いなく、犬のオモチャじゃありませんから。

Little Cakes is not the only apartment gallery in New York City. Artist Frankie Martin has a gallery in her hallway called Beebop Gallery. Last night was artist Deya Ramsden's opening. Deya recently moved the New York from Orgeon to be with her boyfriend Colin Langenus of the band UsaIsAMonster. They live upstairs from Frankie in the same building.

Deya likes to make things with fabric and thread. She makes some stuffed sculptures as well as embroideries and woven pieces. My eye immediately went to the stuffed animal hanging on the wall that looked like a sloth. I've been very interested in sloths ever since I saw a video on youtube of a rescued baby sloth resting in a cardbord box. I asked Frankie how much the piece was and it was only $25! So of course I had to buy it. I am thinking of where it will go on my wall when she show is finished. Somewhere where the dog wont be able to reach it. It's definitely not a dog toy.

PROFILE

【写真:Hanna】
ハンナ・フシハラ・アーロン

ショップ“HaNNa”のクリエイティヴ・ディレクター兼バイヤー。夫と1匹の犬、3匹の猫とともにNYに暮らし、自宅の一部を“Little Cakes”という小さなギャラリーとして開放している。アート、色、工芸、動物、自然、環境保護に興味がある。万物は見えない力で繋がっているのだから、自分たち以外のものに対しても責任を感じるべきだと信じている。