BLOG

揺さぶられる感情

本屋と薬局が好き。
何も買わずには帰れない。
本や雑誌は立ち読みも含めてけっこうよく読む。
映画もそれなりに、でも別に詳しい訳じゃない。
あくまで自分が好きな物を好きな時に読んだり、観たりしてる。


最近読んだ本は伊坂幸太郎の「アヒルと鴨のコインロッカー」
全然前に発売になったし、映画化もされ既にビデオまででてるその原作本。

今読んでる本は松尾スズキの「サビシーマン」これはけっこうタイムリー。
なぜなら私は松尾ちゃんファンだから。


最近観たビデオは「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」。
題名にまず惹かれる。


そして昨日観た映画は「ぐるりのこと」。
まるで夫婦のドキュメンタリーを観ているかのように引き込まれた。
ものすごくが最上級ならものすごく良かった。
                         

すべてが私の感情を活性化させてくれる。

読んで、観ては泣くし、笑うし、怒りをおぼえるし、幸せを感じるし、とにかく喜怒哀楽が激しいし、お酒もたくさん飲むし、これはあんまり関係ないか。

そうか、
わたしは感情が揺さぶられたいんだ。
すごい人見知りだからなかなか感情を表に出せないけど。

でも揺さぶられる人や物との出会いがずっとあるからこのお仕事を続けていってるんだと思う。

悩む事も多いけど、心配性だし。
でもお金は貯められない、というかそもそもあまり貯める気がない。 


最近、喜ばしい出会いだった2人。

mel.jpg
「mel」 という名でぬいぐるみを作ってる石井さん。
作品はずいぶん前から知っていましたが、本人とお話しするのは初でした。
アーティストって作品と本人が似てるなと思っていたけど彼女もその一人。とてもかわいらしい方でした。
クリスマス時期にお店に入荷します!

そしてもう一人。
お店の販売スタッフとして6月から一緒に働いているOさん。
くみっぺ.jpg
いつも元気でキラキラしてる。
他のスタッフの子達は勿論、彼女も既に欠かせない存在。 
彼女特有のやわらかい風がお店の中に流れています。この出会いに感謝したいです。




PROFILE

【写真:Etsuko】
Lamp harajuku

<Lamp harajuku>女性の持つ複雑さを表現し、驚きや共感を服に宿らせる 日本(東京)にある色とりどりのファンタジーを集め 日常に非日常の物語を紡ぐショップ <Lamp harajuku y MEXICO CHIDO >Lamp harajukuとmexico(未知数な可能性)とが合わさり 素敵な「もの」「こと」を提案していくショップ

Archives